61件中 11 - 20件表示
  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たコンパヤック・ポープラムック

    2013年4月26日、コーンケン県の中央公会堂にて、コンパヤック・ポープラムックの前座で復帰戦をスーパーフライ級でこの試合でプロデビューを果たしたニムロード・ダニエル(アメリカ)と対戦し、初回1分18秒TKO勝ちで再起を果たした。試合後会見で引退した理由は家庭の事情だったと話した。詳しい内容は話さなかったが100戦で引退することを示唆した。会見後、ポンサクレックはスーパーフライ級に転向した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たソニー・ボーイ・ハロ

    2012年3月2日、地元タイにて同級8位ソニー・ボーイ・ハロ(フィリピン)を迎えて7度目の防衛戦。積極的に強打を振るってくる挑戦者に手を焼き、初回に約8年ぶりのダウンを喫すると4回にもダウンを奪われた後は防戦一方となり、6回に更に2度ダウンを奪われたところでレフェリーストップとなり、自身16年ぶりのKO負けを喫するとともに7度目の防衛に失敗し王座から陥落した。王座陥落後、厄落としの意味を込めて短期出家をした。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た小松則幸

    2005年1月29日、日本の大阪府立体育会館にて元OPBF東洋太平洋フライ級王者小松則幸(日本)を迎えて11度目の防衛戦を行い、5回TKO勝ちを収めて11度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たフリオ・セサール・ミランダ

    2009年4月24日、地元タイで行われたWBC世界フライ級暫定王座決定戦に出場。同級2位で後のWBO世界フライ級王者フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)と対戦し、3-0(119-110、118-109、117-111)の大差判定勝ちを収めて王座の獲得に成功するとともに、約1年9ヶ月ぶりに暫定王者としてではあるものの世界王座返り咲きを果たした。この試合は正規王者の内藤がいるにもかかわらず暫定王者が誕生してしまう事態となった。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たスリヤン・ソー・ルンヴィサイ

    2010年10月8日、地元タイにて同国人で後のWBC世界スーパーフライ級王者スリヤン・ソー・ルンヴィサイ(タイ)を迎えて3度目の防衛戦を行い、3-0(115-114、115-112、114-113)の僅差判定勝ちを収めて3度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たデンカオセーン・カオウィチット

    1998年2月27日、地元タイのサムイ島でパハヤハイと三度目の対戦、10回判定勝ちを収めかつての雪辱を果たすとともに3度目の正直を果たした。パハヤハイはその後もリングに上がり続け日本のリングにも9度登場し1勝8敗。デンカオセーン・カオウィチット戦を最後にリングに上がっておらす生涯戦績を38勝(14KO)55敗2分とした。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たヒルベルト・ケブ・バース

    2006年2月16日、地元タイにて後のWBC世界ライトフライ級王者ヒルベルト・ケブ・バース(メキシコ)を迎えて13度目の防衛戦を行い、3-0(120-109が2者、119-110)の大差判定勝ちを収めて13度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た中広大悟

    2006年5月1日、地元タイにて後の日本スーパーフライ級王者中広大悟(日本)を迎えて14度目の防衛戦を行い、3-0(120-107が2者、119-110)の大差判定勝ちを収めて14度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た粉川拓也

    2011年7月1日、ソンクラー県ハートヤイ郡にて内藤大助の後輩でもある元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者粉川拓也(日本)を迎えて4度目の防衛戦を行い、3-0(118-110、117-111、116-112)の判定勝ちを収めて4度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た浅井勇登

    2001年7月15日、日本の愛知県武道館にて浅井勇登(日本)を迎えて初防衛戦を行い、5回TKO勝ちを収めて初防衛に成功した。尚、この試合がポンサクレックにとって日本のリング初登場となった。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード