48件中 21 - 30件表示
  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たカオコー・ギャラクシー

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、男性、1977年8月11日 - )は、タイのプロボクサー。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。第34代・第37代WBC世界フライ級王者。カオサイ・ギャラクシー・カオコー・ギャラクシーのギャラクシープロモーション傘下ペッインディー所属。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たムエタイ

    ムエタイ:42戦28勝13敗1分ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たプロボクサー

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、男性、1977年8月11日 - )は、タイのプロボクサー。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。第34代・第37代WBC世界フライ級王者。カオサイ・ギャラクシー・カオコー・ギャラクシーのギャラクシープロモーション傘下ペッインディー所属。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た2009年

    2009年4月24日、地元タイで行われたWBC世界フライ級暫定王座決定戦に出場。同級2位で後のWBO世界フライ級王者フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)と対戦し、3-0(119-110、118-109、117-111)の大差判定勝ちを収めて王座の獲得に成功するとともに、約1年9ヶ月ぶりに暫定王者としてではあるものの世界王座返り咲きを果たした。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た世界ボクシング評議会

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、男性、1977年8月11日 - )は、タイのプロボクサー。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。第34代・第37代WBC世界フライ級王者。カオサイ・ギャラクシー・カオコー・ギャラクシーのギャラクシープロモーション傘下ペッインディー所属。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たフライ級

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、男性、1977年8月11日 - )は、タイのプロボクサー。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。第34代・第37代WBC世界フライ級王者。カオサイ・ギャラクシー・カオコー・ギャラクシーのギャラクシープロモーション傘下ペッインディー所属。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たタイ王国

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、男性、1977年8月11日 - )は、タイのプロボクサー。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。第34代・第37代WBC世界フライ級王者。カオサイ・ギャラクシー・カオコー・ギャラクシーのギャラクシープロモーション傘下ペッインディー所属。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た暫定王座

    2009年4月24日、地元タイで行われたWBC世界フライ級暫定王座決定戦に出場。同級2位で後のWBO世界フライ級王者フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)と対戦し、3-0(119-110、118-109、117-111)の大差判定勝ちを収めて王座の獲得に成功するとともに、約1年9ヶ月ぶりに暫定王者としてではあるものの世界王座返り咲きを果たした。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たスーパーフライ級

    2006年5月1日、地元タイにて後の日本スーパーフライ級王者中広大悟(日本)を迎えて14度目の防衛戦を行い、3-0(120-107が2者、119-110)の大差判定勝ちを収めて14度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た両国国技館

    2008年3月8日、日本の両国国技館にて王座奪還を目指し前年7月に王座を奪われた内藤大助(日本)に指名挑戦者として挑戦。4度目の対決となった両者の試合は序盤からハイレベルの技術戦となり、序盤から中盤にかけお互いのパンチが当たらない展開だったが中盤以降にお互いの距離が縮まったこともあり、パンチが当たりだしてヒートアップ。そして一進一退のまま12回を戦い抜き結果は、1-1(115-114、113-115、114-114)のドロー。規定により王者である内藤の防衛となり、王座奪還はならなかった。その後、ノンタイトル戦を4戦行い4勝(3KO)。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード