61件中 21 - 30件表示
  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た升田貴久

    2009年8月28日、地元タイにて元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者升田貴久(日本)を迎えて暫定王座の初防衛戦を行い、6回TKO勝ちを収めて初防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たトラッシュ中沼

    2004年1月3日、日本のパシフィコ横浜にて元日本フライ級王者トラッシュ中沼(日本)を迎えて9度目の防衛戦を行い、3-0(116-112、116-113、115-113)の判定勝ちを収めて9度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たマルコム・ツニャカオ

    2001年3月2日、地元タイにてWBC世界フライ級王者マルコム・ツニャカオ(フィリピン)に挑戦。3度のダウンを奪った末の初回TKO勝ちを収めて、王座の獲得に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たエドガル・ソーサ

    2011年10月21日、ポンサクレックは地元タイにて同級1位の指名挑戦者で元WBC世界ライトフライ級王者エドガル・ソーサ(メキシコ)を迎えて5度目の防衛戦を行い、1階級下のライトフライ級で10度の防衛を果たし2階級制覇を狙う元王者を老獪なテクニックで寄せ付けず、3-0(117-110が2者、116-111)の判定勝ちを収めて5度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たサムイ島

    1998年2月27日、地元タイのサムイ島でパハヤハイと三度目の対戦、10回判定勝ちを収めかつての雪辱を果たすとともに3度目の正直を果たした。パハヤハイはその後もリングに上がり続け日本のリングにも9度登場し1勝8敗。デンカオセーン・カオウィチット戦を最後にリングに上がっておらす生涯戦績を38勝(14KO)55敗2分とした。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たプロボクサー

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、1977年8月11日 - )は、タイの元プロボクサー、元ムエタイ選手。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。通算2回のWBC世界フライ級王者。多くの世界王者を輩出したウィラット・ワチララタナウォン()がプロモーター兼会長を務め、ピヤラット・ワチララタナウォン()がプロモーターを務めるペッインディー所属。本名はポンサコン・ウォンジョンカム(????? ???????)。ニックネームは本名の最後の1音節のコンまたはゴン。ポンサクレック・クラティンデーンジムまたはポンサクレック・シンワンチャーとも。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た2009年

    2009年4月24日、地元タイで行われたWBC世界フライ級暫定王座決定戦に出場。同級2位で後のWBO世界フライ級王者フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)と対戦し、3-0(119-110、118-109、117-111)の大差判定勝ちを収めて王座の獲得に成功するとともに、約1年9ヶ月ぶりに暫定王者としてではあるものの世界王座返り咲きを果たした。この試合は正規王者の内藤がいるにもかかわらず暫定王者が誕生してしまう事態となった。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た世界ボクシング評議会

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、1977年8月11日 - )は、タイの元プロボクサー、元ムエタイ選手。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。通算2回のWBC世界フライ級王者。多くの世界王者を輩出したウィラット・ワチララタナウォン()がプロモーター兼会長を務め、ピヤラット・ワチララタナウォン()がプロモーターを務めるペッインディー所属。本名はポンサコン・ウォンジョンカム(????? ???????)。ニックネームは本名の最後の1音節のコンまたはゴン。ポンサクレック・クラティンデーンジムまたはポンサクレック・シンワンチャーとも。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たタイ王国

    ポンサクレック・ウォンジョンカム(、、1977年8月11日 - )は、タイの元プロボクサー、元ムエタイ選手。タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身。通算2回のWBC世界フライ級王者。多くの世界王者を輩出したウィラット・ワチララタナウォン()がプロモーター兼会長を務め、ピヤラット・ワチララタナウォン()がプロモーターを務めるペッインディー所属。本名はポンサコン・ウォンジョンカム(????? ???????)。ニックネームは本名の最後の1音節のコンまたはゴン。ポンサクレック・クラティンデーンジムまたはポンサクレック・シンワンチャーとも。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見たスーパーフライ級

    2006年5月1日、地元タイにて後の日本スーパーフライ級王者中広大悟(日本)を迎えて14度目の防衛戦を行い、3-0(120-107が2者、119-110)の大差判定勝ちを収めて14度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「ポンサクレック・ウォンジョンカム」のニューストピックワード