前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
5973件中 1 - 10件表示
  • ホロコースト否認論の考察

    ホロコースト否認論の考察から見たポーランドポーランド

    冷戦が終結し、それに伴いポーランドで共産主義政権が崩壊すると、ソ連政府により作成された前記の石碑の数字は110万人に差し替えられた。ホロコースト否認論者は、これこそまさにホロコーストの犠牲者数が誇張されている動かぬ証拠だと頻繁に主張するが、この石碑は西側諸国のどの歴史家のアウシュヴィッツ犠牲者の見積もりとも無関係である1。ホロコースト否認論の考察 フレッシュアイペディアより)

  • 国家評議会議長

    国家評議会議長から見たポーランドポーランド

    ポーランド人民共和国の国家元首の称号。国家評議会議長 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の年表 (1939年)

    第二次世界大戦の年表 (1939年)から見たポーランドポーランド

    ナチス・ドイツのポーランド侵攻(現地時間・午前4時45分)。ドイツ空軍(Luftwaffe)はポーランド国内のいくつかの目標を攻撃。同空軍はワルシャワ、ウッチ、クラクフへの都市爆撃も開始。これらの攻撃の5分以内に、ドイツ海軍(Kriegsmarine)は、戦艦シュレスヴィヒ・ホルシュタインに、自由都市ダンツィヒのポーランド軍の輸送拠点・ヴェステルプラッテへの砲撃を命令()。(だが、この砲撃はポーランド軍の反撃に遭う。) 現地時間午前8時00分までには、ドイツ陸軍(Heer)部隊は、公式の宣戦布告の無いまま近郊に進撃()。第二次世界大戦の年表 (1939年) フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの歴史

    ロシアの歴史から見たポーランドポーランド

    しかし、ルーシにとってドイツ人よりはるかに大きな影響を及ぼしたのは東から征服活動を展開したモンゴル帝国であった。モンゴル帝国の先遣隊は既に初代皇帝チンギス・カン(ハン)の治世の1223年、ホラズム遠征の一環としてルーシにまであらわれ、南ルーシ諸公と南ロシア草原の遊牧民キプチャクからなる連合軍を破っていた。このときの遠征は中央アジアを標的としたものでキプチャク草原やロシア方面の占領を目的とした遠征ではなく、モンゴル軍はすぐに東に帰ったが、第二代皇帝オゴデイの治世に至ってキプチャク草原方面の征服を企図した西方遠征が行われた。1236年、チンギス・カンの孫(チンギスの長男ジョチの次男)バトゥを総司令官とする大規模な西方遠征軍が派遣される。まずヴォルガ川中流域のヴォルガ・ブルガールを征服したバトゥの征西軍は続いてルーシへと侵攻し、1237年から1238年にかけてリャザン、ウラジーミル、トヴェリを次々と占領して北東ルーシを征服、さらに1239年から1240年にかけて南ルーシに転進し、キエフ・ルーシの都キエフを攻略し、多くの町村を荒らした。モンゴル軍の征服は北西に遠く離れたノヴゴロドを除くほとんど全ルーシに及ぶ。バトゥはポーランド、ハンガリーを荒らしたところで大ハーン、オゴデイの死去の報を得てカスピ海北岸まで引き返し、ここにバトゥを家長とするジョチ家の所領はカザフ草原から黒海沿岸低地にいたる広大なキプチャク草原にまで拡大した。ジョチ家の所領(ジョチ・ウルス)はこの後次第に緩やかな連邦に傾斜していく帝国内での自立性を強めたため、キプチャク・ハン国とも呼ばれる。ここにノヴゴロドを含む全ルーシはモンゴル帝国の支配下に組み込まれた。ロシアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の外交関係

    ソビエト連邦の外交関係から見たポーランドポーランド

    1939年に第二次大戦が始まると、その直前の独ソ不可侵条約やソ連軍(赤軍)によるポーランド東部の占領や民主主義国家のフィンランドに対する冬戦争などでアメリカ国内の反ソ感情が高まったが、1941年6月にドイツの奇襲を受けて独ソ戦が開始されると、一転してファシズムと戦う同盟国の一つとして位置付けられた。レンドリース法によりアメリカからソ連への軍事援助が行われ、ソ連軍の反撃に大きく貢献した。同年12月7日、日本の真珠湾攻撃によりアメリカが連合国側で参戦した後は、両国は連合国の中心として戦い、特にドイツの打倒で協力した。ソビエト連邦の外交関係 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たポーランドポーランド

    1919年6月28日、第一次世界大戦のドイツに関する講和条約、ヴェルサイユ条約が締結され、翌年1月10日同条約が発効。ヴェルサイユ体制が成立した。その結果、ドイツやオーストリアは本国領土の一部を喪失し、それらは民族自決主義のもとで誕生したポーランド、チェコスロバキア、リトアニアなどの領土に組み込まれた。しかしそれらの領域には多数のドイツ系住民が居住し、少数民族の立場に追いやられたドイツ系住民処遇問題は、新たな民族紛争の火種となる可能性を持っていた。また、海外領土は全て没収され戦勝国によって分割されただけでなく、共和政となったドイツはヴェルサイユ条約において巨額の戦争賠償を課せられた。さらに、ドイツの輸出製品には26%の関税が課されることとされた。1922年11月、ヴェルサイユ条約破棄を掲げるクーノ政権が発足すると、1923年1月11日にフランス・ベルギー軍が賠償金支払いの滞りを理由にルール占領を強行。工業地帯・炭鉱を占拠するとともにドイツ帝国銀行が所有する金を没収し、占領地には罰金を科した。これによりハイパーインフレーションが発生し、軍事力の無いドイツ政府はこれにゼネストで対抗したが、クーノ政権は退陣に追い込まれた。その結果、マルク紙幣の価値は戦前の1兆分の1にまで下落し、ミュンヘン一揆などの反乱が発生した。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • アブソルベント

    アブソルベントから見たポーランドポーランド

    アブソルベント(ABSOLWENT)は1995年、700以上ものウォッカブランドがひしめくポーランドにて、ヨーロッパでも有数の大手酒造メーカーであるポルモス・ビアリストック社より発売されたウォッカとジン(日本限定)である。アブソルベント フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパの道路標識

    ヨーロッパの道路標識から見たポーランドポーランド

     ヨーロッパにおける条約批准国はアルバニア,オーストリア,ベラルーシ,ベルギー,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ブルガリア,クロアチア,チェコ,デンマーク,エストニア,フィンランド,フランス,ドイツ,ギリシャ,ハンガリー,イタリア,ラトビア,リトアニア,ルクセンブルク,マケドニア,モンテネグロ,オランダ,ノルウェー,ポーランド,ポルトガル,ルーマニア,ロシア,サンマリノ,セルビア,スロバキア,スウェーデン,スイス,トルコ,ウクライナである。ヨーロッパの道路標識 フレッシュアイペディアより)

  • グラル人

    グラル人から見たポーランドポーランド

    グラル人(ポーランド語:Górale、スロバキア語:Gorali、チェコ語:Gorole、英語:Gorals、意味は「高地の人々」)はポーランド南部、スロバキア北部、チェコ北東部といった地域に住んでいる原住民。現在はウクライナ領となっているブコヴィナ地方と、ルーマニア北部にも見られる。海外ではアメリカのシカゴに多く住んでおり、北米ポーランド高地人同盟を形成している。グラル人 フレッシュアイペディアより)

  • プロイセン王国

    プロイセン王国から見たポーランドポーランド

    プロイセン王国(プロイセンおうこく、)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。プロイセン王国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
5973件中 1 - 10件表示

「ポーランド」のニューストピックワード

  • 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

  • 市の職員が週に3回くらいパチンコ店に来とる。公務員が日中にパチンコしてええんか。

  • 清流園