4581件中 11 - 20件表示
  • 国際化学オリンピック

    国際化学オリンピックから見たポーランドポーランド

    国際化学オリンピックを開催する案を初めて出したのは、チェコスロバキアであった。目的として、国家間の交流や情報交換をあげ、社会主義の国々(ルーマニアを除く)を招待したが(このため、現在でも一次選考への応募者数は、旧社会主義国家の国が非常に多いものとなっている)、1968年の5月にプラハの春が起きた。そのため、チェコスロバキアとソビエト連邦の関係が緊張し、最終的にポーランドとハンガリーの2国のみが国際会議に参加した。そして1968年の6月18日から6月21日に第1回大会がチェコスロバキアで行われた。この際参加した選手の数は6人で、理論問題は4問であった。国際化学オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たポーランドポーランド

    ウクライナ(ウクライナ語:''''、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • プロイセン王国

    プロイセン王国から見たポーランドポーランド

    プロイセン王国(プロイセンおうこく、)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。プロイセン王国 フレッシュアイペディアより)

  • ジグムント・バウマン

    ジグムント・バウマンから見たポーランドポーランド

    ジグムント・バウマン(Zygmunt Bauman、1925年11月19日 - )は、ポーランド出身の社会学者。イギリス・リーズ大学およびワルシャワ大学名誉教授。「立法者と解釈者」、「造園管理人と猟場番人」、「固定化と液状化」といったメタファーを巧みに用いて今日のポストモダン社会の考察を深めるマルチ・リンガルの知識人として知られる。ジグムント・バウマン フレッシュアイペディアより)

  • グラル人

    グラル人から見たポーランドポーランド

    グラル人(ポーランド語:Górale、スロバキア語:Gorali、チェコ語:Gorole、英語:Gorals、意味は「高地の人々」)はポーランド南部、スロバキア北部、チェコ北東部といった地域に住んでいる原住民。現在はウクライナ領となっているブコヴィナ地方と、ルーマニア北部にも見られる。海外ではアメリカのシカゴに多く住んでおり、北米ポーランド高地人同盟を形成している。グラル人 フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・トゥハチェフスキー

    ミハイル・トゥハチェフスキーから見たポーランドポーランド

    しかしそれも束の間で1920年4月に今度はポーランド軍(国境問題でロシアと対立していた)が内乱に付け込んでロシア領へ侵攻してくる。トゥハチェフスキーは西部方面軍司令官として参戦、「我々の銃剣で勤労人類に幸福と平和をもたらす。西欧へ」と世界革命の前哨戦と主張し兵士達を鼓舞しながら、この戦いもまたトゥハチェフスキー軍の活躍によりポーランド軍を敗退に追いやり6月には逆にロシア軍がポーランド領へと侵攻した。しかしこの時、トゥハチェフスキーは首都ワルシャワの攻略を試みて失敗。レーニンはこれを隣接の南西方面軍の協力がなかったためであるとし、その責任を南西方面軍軍事委員だったスターリン一人に押し付けたので(これによりスターリンは革命軍事会議議員を罷免される)、トゥハチェフスキーが罰せられることは無かった。しかしこれがスターリンのトゥハチェフスキーへの深い逆恨みの憎悪の発端となったという。その後、ポーランド軍はフランスの支援を受けて反転攻勢に転じ、トゥハチェフスキー率いるロシア軍は惨敗して命からがら帰国した。トゥハチェフスキー唯一の敗北の戦争であった(ポーランド・ソビエト戦争)。ミハイル・トゥハチェフスキー フレッシュアイペディアより)

  • 古儀式派

    古儀式派から見たポーランドポーランド

    国家公認教会への改宗を拒んだ古儀式派教徒への対処は、当初「税金を2倍払う」などの軽いものだったが、次第に拷問・処刑を含む迫害へと変っていった。彼らの多くがウクライナ・シベリア・ロシア極東地域・ポーランド・沿バルト地域・ルーマニア・トルコ・新疆(東トルキスタン)などに逃れた。ピョートル1世の治世で激しい迫害が行われたが、エカテリーナ2世の下で緩和された。ただし、古儀式派信徒たちへの政府による主流派ロシア正教会への改宗の促進は続行された。古儀式派 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド立憲王国

    ポーランド立憲王国から見たポーランドポーランド

    ポーランド立憲王国(ポーランドりっけんおうこく)は、ポーランドを支配していた国家の1つ。1815年、ナポレオン・ボナパルトのワルシャワ公国に代わって設置された。正式にはポーランド王国という国名であったが、以前に存在していたポーランド王国と紛らわしいため「立憲王国」と呼ばれることが多い。ポーランド立憲王国 フレッシュアイペディアより)

  • 大村博美

    大村博美から見たポーランドポーランド

    フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、イギリス、ドイツ、スペイン、ポーランド、フィンランド、スイス、カナダ、オーストラリア、イスラエル、マレーシアなどで活動。大村博美 フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝に捧げた命

    皇帝に捧げた命から見たポーランドポーランド

    物語は17世紀初頭のロシアが舞台。ロマノフ王朝の祖となった皇帝ミハイル・ロマノフをポーランドの干渉軍から守るため、農夫のが自身を犠牲にするという伝説的なエピソードを描く。皇帝に捧げた命 フレッシュアイペディアより)

4581件中 11 - 20件表示

「ポーランド」のニューストピックワード