4581件中 21 - 30件表示
  • ズジスワフ・ベクシンスキー

    ズジスワフ・ベクシンスキーから見たポーランドポーランド

    ズジスワフ・ベクシンスキー、又はゾディソワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński、男性、1929年2月24日 - 2005年2月22日)は、ポーランドの画家、写真家、芸術家。ズジスワフ・ベクシンスキー フレッシュアイペディアより)

  • 田村吉康

    田村吉康から見たポーランドポーランド

    同年、ポーランド・ポズナン市「エレガ Japanese Weekend in SPOT.Foundation」にて、日本人漫画家として初めての原画展、ワークショップ、及びライヴドローイングを行う。田村吉康 フレッシュアイペディアより)

  • イヴァーノ=フランキーウシク

    イヴァーノ=フランキーウシクから見たポーランドポーランド

    1919年:西ウクライナ人民共和国の首都となるが、まもなくポーランド軍によっ占領され、西ウクライナ全体もポーランドの領土となる。イヴァーノ=フランキーウシク フレッシュアイペディアより)

  • 単一民族国家

    単一民族国家から見たポーランドポーランド

    国内に居住する全ての人間が単一民族に属するという、厳密な意味での単一民族国家は世界に存在しない。同一民族の割合が全人口の大多数(約95%以上)を占める国家をあげれば日本、大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、アイスランド、ポルトガル、アイルランド、アルバニア、ポーランド、イエメン他、南太平洋諸島のポリネシア系の島国などが典型的なNationStateであるといえる。ポーランドは第二次世界大戦前はドイツ系、ユダヤ系、ウクライナ系の少数民族を多く有した多民族国家であったが、第二次世界大戦時にナチスによるホロコースト、戦後のソ連軍やポーランド政府によるドイツ系国民の強制追放などで現在ではポーランド系が97%の単一民族国家となっている。単一民族国家 フレッシュアイペディアより)

  • 生存圏

    生存圏から見たポーランドポーランド

    ドイツ帝国は、リトアニアとポーランドの領土を併合して、その住民を強制的に立ち退かせた後、ドイツ人入植者たちを直接入植させようと計画していた。1915年4月には、宰相テオバルト・フォン・ベートマン・ホルヴェークによって、ポーランド国境地域計画が戦争目的として承認された。この計画は1914年にエーリヒ・ルーデンドルフ将軍(陸軍少将)が、最初に提案したものであった。ドイツの歴史家アンドレアス・ヒルグルーバーは、第一次世界大戦下に「生存圏」を求めて東ヨーロッパを確保しようとしたルーデンドルフ将軍の外交政策が、第二次世界大戦におけるドイツの政策の原型となったと主張している。1918年、第一次世界大戦の最中に「生存圏」は現実のものとなりかけた。ロシア革命を経て、共産党政権はドイツとブレスト=リトフスク条約を結び、広大な領土の割譲と引き換えに、戦争への参加を終了させた。このときロシアが放棄した中には、バルト地域、ベラルーシ、ウクライナ、カフカスが含まれていた。しかし、国内の不穏な情勢と西部戦線における敗北によって、ドイツはこうした有利な条件を失い、ヴェルサイユ条約に従うことになった。ヴェルサイユ体制下では、新たな東方のドイツ領は、リトアニア、ポーランド、新しく創設されたエストニア、ラトヴィア、その他ウクライナに設けられた短命な独立国家群の領土とされた。生存圏 フレッシュアイペディアより)

  • ピョートルクフ・トルィブナルスキ

    ピョートルクフ・トルィブナルスキから見たポーランドポーランド

    ピョートルクフ・トルィブナルスキ(Piotrków Trybunalski、ピョートルクフ・トリブナルスキとも)は、ポーランド中央部の都市で、1999年よりウッチ県に属する。1975年から1998年まではピョートルクフ県の県都であった。現在はピョートルクフ郡の中心市である。ピョートルクフ・トルィブナルスキ フレッシュアイペディアより)

  • 自衛団

    自衛団から見たポーランドポーランド

    自衛団(ドイツ語: Selbstschutz)とは、第一次世界大戦後から第二次世界大戦の期間に民族ドイツ人から作られた準軍事的な組織である。自衛団は第一次世界大戦後にドイツ人とポーランド人の混住地域に組織され、さらに第二次世界大戦にはポーランド、ダンチヒ自由都市、チェコスロヴァキアで、それぞれの国や地域に市民権を持つドイツ系住民によって組織された。この組織はのちに多くの残虐行為に加担したことで知られている。自衛団 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ人追放

    ドイツ人追放から見たポーランドポーランド

    第二次世界大戦後のポーランド、チェコスロバキアなどの東欧国家や、それらに併合された旧ドイツ東部領土からのドイツ人の移住計画は大戦中から連合国間で協議され、ドイツ人の支配が終焉した地域から徐々に開始されていた。この措置はポツダム会談によって承認され、「秩序ある人道的な方法」で行われることとされた。実際は1943年から1945年にかけてソビエト連邦軍の進撃から逃れるために国境近くに居住する多くのドイツ人が西方へ自主的に避難を開始していた。また、戦後ドイツは国土の25%をポーランドとソ連に割譲を余儀なくされ、追放されたドイツ人に対し食料などを提供することがソ連やポーランド当局によって禁止された。その上、戦後の混乱によって発生した飢餓、病気、民兵による乱暴、復讐を目的とした殺人によって多くの人々が命を落とした。冬の寒さがそれに追い討ちを掛けた。このときの犠牲者数は50万人から200万人と推定されている。死因の内訳はいまだ不明である。ドイツ人追放 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たポーランドポーランド

    世界最大の面積をもつ国土はヨーロッパとアジアにまたがり、北西から順にグリーンランド(デンマーク自治領)、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトビア、ベラルーシ、リトアニア、ポーランド(リトアニア、ポーランドとの国境はバルト海とリトアニアに囲まれた飛び地領であるカリーニングラード州である)、ウクライナ、グルジア、アゼルバイジャン、カザフスタン、中国、モンゴル、北朝鮮、日本、アメリカ、カナダと陸上または海上で国境を接し、北は北極海、東は太平洋に囲まれている。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • 東ヨーロッパ

    東ヨーロッパから見たポーランドポーランド

    1989年頃まではヨーロッパの共産主義圏と中立国かつ緩衝国だったオーストリアを指して「東欧」と呼んでいたが、最近になってそれらの国々の一部は中欧に含まれている。国際連合の統計局では冷戦時代の古い概念をいまだに適用しておりこれら旧共産圏の国々は「東欧」に含まれているが、アメリカなどではこれらの概念が古すぎて現代的な意味をなさないことから既にこれらの国々のうち一部(具体的にはポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーのヴィシェグラード国家連合構成国の4カ国、ドイツ、オーストリア)を「中欧」に含めている。東ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

4581件中 21 - 30件表示

「ポーランド」のニューストピックワード