4581件中 31 - 40件表示
  • ロシア帝国

    ロシア帝国から見たポーランドポーランド

    ロシア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。ロシア帝国 フレッシュアイペディアより)

  • ウォッカ

    ウォッカから見たポーランドポーランド

    ウォッカ(ロシア語: ' ヴォートカ;ポーランド語: ヴートカ;ウクライナ語: ' ホリールカ)は、ロシアやウクライナやエストニアなど東欧旧ソ連圏、スウェーデンやノルウェーなど北欧圏、ポーランドやスロヴァキアなど中欧圏で製造されている蒸留酒。ウォッカ フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト

    ホロコーストから見たポーランドポーランド

    通説によれば、ドイツによるホロコーストによって殺害されたユダヤ人は600万人以上とされている。それ以外にもロマ人、スラブ民族(主に戦争捕虜)、共産主義者、ポーランド人、身体障害者、同性愛者なども迫害され大量に殺害されたとされるが、「ホロコースト」と言う語はユダヤ人を対象にした大量殺害を指して使われるのが普通で、ユダヤ人の中には、この語を他の民族にも拡大して使用することに反発する個人・団体がある。ホロコースト フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見たポーランドポーランド

    1月3日 - トマシュ・ニェボードニーチャンスキー、ポーランドの物理学者、収集家(* 1933年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 軍服

    軍服から見たポーランドポーランド

    ハンガリー軽騎兵・ユサールの服装は世界各国の軽騎兵部隊に採用され、現在でも世界中の軍隊で騎兵の正装或いは特別儀仗服として使用されている。日本でも、旧陸軍の騎兵科の正装に採用され、現在でも警察・自衛隊のカラーガード隊の制服に見られる。また、ポーランドウーランの服装と同様に、軍隊以外のマーチングバンド等の制服にも影響を受けたものが多く見られる。軍服 フレッシュアイペディアより)

  • ズブロッカ

    ズブロッカから見たポーランドポーランド

    ズブロッカ(Żubrówka)とは、ポーランドの世界遺産「ビャウォヴィエジャの森」で採れるバイソングラスを漬け込んだウォッカ。桜餅かよもぎ餅に似ていると形容される柔らかな香りと、まろやかな飲み口が特徴。ズブロッカ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツの歴史

    ドイツの歴史から見たポーランドポーランド

    これらの活躍を受けて、962年にローマ教皇ヨハネス12世がオットーにローマ皇帝の冠を授けた。いわゆる「オットーの戴冠」であり、これにより「神聖ローマ帝国」が成立したとされる(実際に「神聖ローマ帝国」という表現が史料上で現れるのは13世紀半ばである)。こうして、戴冠を受けた東フランク王オットー1世は、西ヨーロッパ世界における盟主としてその威光を高めた。また、このことによって教皇と皇帝という聖俗両権の頂点を中心とした楕円的な権力構造が西ヨーロッパ世界に形成された。しかし、この段階でも現在のドイツという感覚は希薄であり、歴代の東フランク王(かつ、教皇から戴冠された皇帝)は、ドイツ支配にとどまらずキリスト教理念に基づく普遍的な帝国の樹立を目指していた。そして、教会組織を通じた帝国統治を図ったため(帝国教会政策)、帝国内における皇帝権力は徐々に強化されていった。この過程でオットー3世は東の国境地帯を悩ます西スラヴ人諸部族に対応するため、彼らの背後にある強力な西スラヴ人国家ポーランドのボレスワフ1世と同盟を結び、1000年にはポーランドを公式訪問してグニェズノ大聖堂の参拝およびボレスワフ1世との首脳会談を行い、その際ボレスワフ1世に対し神聖ローマ帝国の貴族の称号を授けている。ドイツの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • クライペダ

    クライペダから見たポーランドポーランド

    人口は 18万5899 人(2007年)で、1989年の 20万2900人から減少傾向にある。ほとんどの住民はリトアニア人である。今日クライペダはスウェーデン、デンマーク、ドイツ、ポーランドと連絡する主要なフェリー港である。クライペダはダネ川の河口近くに位置する。クライペダ フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・スシュコ

    ロマン・スシュコから見たポーランドポーランド

    ロマン・スシュコ(Roman Suszko, 1919年11月9日 - 1979年6月3日)はポーランドの論理学者。ポドブジェに生まれ、ワルシャワで亡くなる。ロマン・スシュコ フレッシュアイペディアより)

  • 石塚省二

    石塚省二から見たポーランドポーランド

    また、ヨーロッパ哲学のメッカ、ポーランド他での多年にわたる修業を経て、6言語(日、英、仏、独、波蘭、露)を駆使する「多言語常用思想家」(Multilingual Thinker)として、世界でも稀な学者として知られている。石塚省二 フレッシュアイペディアより)

4581件中 31 - 40件表示

「ポーランド」のニューストピックワード