5973件中 31 - 40件表示
  • ミハイル・トゥハチェフスキー

    ミハイル・トゥハチェフスキーから見たポーランドポーランド

    しかしそれも束の間で1920年4月に今度はポーランド軍(国境問題でロシアと対立していた)が内乱に付け込んでロシア領へ侵攻してくる。トゥハチェフスキーは西部方面軍司令官として参戦、「我々の銃剣で勤労人類に幸福と平和をもたらす。西欧へ」と世界革命の前哨戦と主張し兵士達を鼓舞しながら、この戦いもまたトゥハチェフスキー軍の活躍によりポーランド軍を敗退に追いやり6月には逆にロシア軍がポーランド領へと侵攻した。しかしこの時、トゥハチェフスキーは首都ワルシャワの攻略を試みて失敗。レーニンはこれを隣接の南西方面軍の協力がなかったためであるとし、その責任を南西方面軍軍事委員だったスターリン一人に押し付けたので(これによりスターリンは革命軍事会議議員を罷免される)、トゥハチェフスキーが罰せられることは無かった。しかしこれがスターリンのトゥハチェフスキーへの深い憎悪の発端となったという。その後、ポーランド軍はフランスの支援を受けて反転攻勢に転じ、トゥハチェフスキー率いるロシア軍は惨敗して命からがら帰国した。トゥハチェフスキー唯一の敗北の戦争であった(ポーランド・ソビエト戦争)。ミハイル・トゥハチェフスキー フレッシュアイペディアより)

  • ヤルタ会談

    ヤルタ会談から見たポーランドポーランド

    1945年1月にポーランドを占領したソ連軍(赤軍)がドイツ国境付近に達しつつあり、西部戦線においてはアメリカ・イギリス等の連合軍がライン川に迫る情勢のもと、連合国の主要3カ国首脳の会談が行われた。会談の結果、第二次世界大戦後の処理についてヤルタ協定を結び、イギリス・アメリカ・フランス・ソ連の4カ国によるドイツの分割統治、ポーランドの国境策定、エストニア・ラトビア・リトアニアのバルト三国の処遇などの東欧諸国の戦後処理が取り決められた。ヤルタ会談 フレッシュアイペディアより)

  • T-72

    T-72から見たポーランドポーランド

    T-72は、旧共産主義圏にて、1970年代からソ連崩壊の1991年までもっとも多く使われた戦車であり、ワルシャワ条約機構加盟国以外にもフィンランド・イラン・イラク・シリアなどにも輸出され、インドやユーゴスラビアなど他の多くの国でもライセンス生産やコピー品が作られた。当時ワルシャワ条約機構に所属していたポーランドとチェコスロバキアでもライセンス生産されたが、オリジナルより装甲面などで性能が低下した代物だった。例えば、ポーランドで生産されたT-72Gはソ連軍のT-72では複合装甲だった砲塔前半部が410mmの通常装甲となっていた。ソ連でも1990年までに自国製の輸出用モデルが開発され、アラブ諸国を中心に大量輸出した。これもやはり装甲や砲弾の威力などが大幅スペックダウンした、いわゆるモンキーモデルであった。80年代にはイラクに対しチェコやポーランド、ソ連がT-72完成品を輸出。後には、半完成部品をイラクで組上げるノックダウン生産も行われ、自称「国産型」の"Assad Babyl"(バビロンのライオン)と命名された。またイラン・イラク戦争で使用した直輸入T-72の砲身寿命が短く、ソ連からの交換部品の供給も滞ったことから、イラク国内に砲身工場を作ることになり、これがライセンス生産化の始まりであったという。なお、ユーゴスラビア型のM-84はクウェートに輸出され湾岸戦争で対イラク戦に使用され、後にイラク戦争後の新生イラク軍(イラク治安部隊)にも導入されている。T-72 フレッシュアイペディアより)

  • ハプログループN (Y染色体)

    ハプログループN (Y染色体)から見たポーランドポーランド

    N1a1a1a1a3a-F4205 モンゴル、ブリヤート共和国、カザフスタン、トルコ、ポーランド(恐らくウズベキスタンやアフガニスタンにも分布)ハプログループN (Y染色体) フレッシュアイペディアより)

  • 無司祭派

    無司祭派から見たポーランドポーランド

    ロシア連邦、旧ソ連諸国、ポーランド、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、ブルガリアなどの諸国に居住している。無司祭派 フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・スシュコ

    ロマン・スシュコから見たポーランドポーランド

    ロマン・スシュコ(Roman Suszko, 1919年11月9日 - 1979年6月3日)はポーランドの数学者、論理学者。ポドブジェに生まれ、ワルシャワで亡くなる。ロマン・スシュコ フレッシュアイペディアより)

  • ポーランドの現代音楽

    ポーランドの現代音楽から見たポーランドポーランド

    ポーランドの現代音楽(ポーランドのげんだいおんがく)では、第二次世界大戦後のポーランドの前衛的な現代音楽の動向を概観する。ポーランドの現代音楽 フレッシュアイペディアより)

  • スラヴ語派

    スラヴ語派から見たポーランドポーランド

    パンノニア・ルシン語 (スロヴァキア、ポーランド、ウクライナ、ハンガリーの境界に当たる地域の方言で東スラヴ語群に入れることもある)スラヴ語派 フレッシュアイペディアより)

  • ミェチスワフ・ヴァインベルク

    ミェチスワフ・ヴァインベルクから見たポーランドポーランド

    ミェチスワフ・ヴァインベルク()またはモイセイ・サムイロヴィチ・ヴァインベルク ( ラテン文字転写例 Moisey Samuilovich Vainberg、またはWeinberg'''とも 1919年12月8日 - 1996年2月26日)は、ポーランド出身で、主にソビエト連邦・ロシアで活動した作曲家。ミェチスワフ・ヴァインベルク フレッシュアイペディアより)

  • シレジア蜂起

    シレジア蜂起から見たポーランドポーランド

    シレジア蜂起(しれじあほうき、ポーランド語:Powstania śląskie)とは、1919年から1921年の間に上シレジア地方(ドイツ語Oberschlesien(オーバーシュレジエン)、ポーランド語Górny Śląsk)のポーランド人がドイツを相手に3度にわたっておこなった武装蜂起の総称。特に第3回の蜂起はこの地方(地域によってはポーランド人が多数派だった)をドイツから独立させ、1918年に終わった第一次世界大戦の後に建国された新生ポーランド(ポーランド第二共和国)へ併合することを目的としていた。シレジア蜂起 フレッシュアイペディアより)

5973件中 31 - 40件表示

「ポーランド」のニューストピックワード