4581件中 41 - 50件表示
  • 無司祭派

    無司祭派から見たポーランドポーランド

    ロシア連邦、旧ソ連諸国、ポーランド、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、ブルガリアなどの諸国に居住している。無司祭派 フレッシュアイペディアより)

  • 近代から現代にかけての世界の一体化

    近代から現代にかけての世界の一体化から見たポーランドポーランド

    戦勝国27か国が参加しドイツなどの敗戦国、ロシアは招かれなかったパリ講和会議の結果成立したヴェルサイユ条約は、敗戦国ドイツに対し、巨額の賠償金支払い、軍備制限、ライン左岸の非武装化、全植民地の喪失とアルザス・ロレーヌ地方のフランス返還などを厳しく義務づけた。ポーランド、フィンランド、バルト3国は独立したが、旧オスマン帝国領のシリアとパレスティナはイギリスおよびフランスの委任統治となり、中国におけるドイツ権益と旧ドイツ領太平洋諸島(ミクロネシア)は日本が継承することとなった。講和会議によって戦勝国の植民地はむしろ拡大し、ウッドロウ・ウィルソンの十四か条の平和原則によって設立の決まった国際連盟には提唱国アメリカは参加しなかった。また、牧野伸顕を中心とする日本代表団は国際連盟規約に人種差別撤廃条項を加えるよう提案したが、認められなかった。このようにして出現したヨーロッパ新秩序をヴェルサイユ体制と呼ぶ。近代から現代にかけての世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランドの現代音楽

    ポーランドの現代音楽から見たポーランドポーランド

    ポーランドの現代音楽(ポーランドのげんだいおんがく)では、第二次世界大戦後のポーランドの前衛的な現代音楽の動向を概観する。ポーランドの現代音楽 フレッシュアイペディアより)

  • イェジィ・フィツォフスキ

    イェジィ・フィツォフスキから見たポーランドポーランド

    イェジィ・フィツォフスキ(Jerzy Ficowski、1924年9月4日-2006年5月9日)はポーランドの詩人・作家・翻訳者。熱心なカトリック教徒であるが、ポーランドのマイノリティ、とりわけユダヤとジプシー(ロマ)の文化に造詣が深い。イェジィ・フィツォフスキ フレッシュアイペディアより)

  • ヴェステルプラッテ

    ヴェステルプラッテから見たポーランドポーランド

    ヴェステルプラッテ(Westerplatte)とは、ポーランドのグダニスクにおける岬のことで、マルトゥファ・ヴィスワ川(Martwa Wisła、ヴィスワ川の支流の一つ)の河口に存在する。1926年 - 1939年の間、自由都市ダンツィヒの領土(現在はポーランド領グダニスク)であったが、ポーランド軍の基地が存在していた。ヴェステルプラッテ フレッシュアイペディアより)

  • 球状アンフォラ文化

    球状アンフォラ文化から見たポーランドポーランド

    住居の遺跡よりも墓地の遺跡がよく発見されている。ただしポーランドでは住居の遺跡もよく発見されており、ほぼ四角形の基礎を持つ家屋や、丸い基礎を持つ半地下式の小屋といったものが発掘調査されている。家屋は孤立していたり、複数が集まっていたりしており、個々の家族の家屋が点在している場合と、村落となっている場合とがあることが分かる。大半は移動の途中で一時的に建てられた住居で、定住型の住居についてははっきりしたことは分かっていない。彼らはつねに住地を移動していたものとみられる。球状アンフォラ文化 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド人に対するナチスの犯罪

    ポーランド人に対するナチスの犯罪から見たポーランドポーランド

    ポーランドに対する戦争はその当初から、アドルフ・ヒトラーがその著書「我が闘争」で書いた計画の成就を目的としていた。この計画の骨子は、東ヨーロッパ全域は大ドイツ、すなわちいわゆるドイツ人のレーベンスラウム(生存圏)の構成部分となるべきだということであった。アルメニア人虐殺を引用したヒトラーの演説で述べられたように、ドイツ軍は「無慈悲にかつ一切の憐憫の情を持たず、老少男女を問わずポーランド人全てに死をもたらす命令」によって行動したのである。ポーランド人に対するナチスの犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • リプカ・タタール人

    リプカ・タタール人から見たポーランドポーランド

    リプカ・タタール人は、14世紀初頭にリトアニア大公国に移住してきたタタールを起源とする民族集団。最初に移住してきたのは、シャーマニズム信仰を保持するために非キリスト教徒のリトアニア人たちの下に避難してきた亡命者だった。14世紀末までに、ムスリムに改宗していたタタール人の第2波がヴィータウタス大公の招聘を受けてリトアニアに移ってきた。タタール人は当初、ヴィリニュス、トラカイ、フロドナ、カウナスの周辺に住んでいたが、後にはリトアニア大公国が参加したポーランド・リトアニア共和国の各地に拡散していった。彼らが主に住みついたのは、現在のベラルーシ、リトアニア、ポーランドだった。リトアニアに移住して来た当初から、彼らはリプカ人として知られた。彼らはイスラーム信仰を維持していたにもかかわらず、その大部分がキリスト教国家であるポーランド・リトアニア共和国に忠誠を誓い続けた。グルンヴァルトの戦い以後、リプカ・タタール人の軽騎兵連隊は、リトアニアとポーランドの主要な軍事遠征には常に参加していた。リプカ・タタール人 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンデル・タンスマン

    アレクサンデル・タンスマンから見たポーランドポーランド

    アレクサンドル・タンスマン(Alexandre Tansman, 1897年6月11日 ウッチ? 1986年11月15日)はポーランド出身のフランスの作曲家・ピアニスト。ユダヤ系。もっぱら新古典主義音楽の作曲様式を採っているが、近代フランス音楽に加えて、ポーランドやユダヤの民族音楽にも影響されている。アレクサンデル・タンスマン フレッシュアイペディアより)

  • ローマン・ハウベンシュトック=ラマティ

    ローマン・ハウベンシュトック=ラマティから見たポーランドポーランド

    ローマン・ハウベンシュトック=ラマティ(Roman Haubenstock-Ramati, 1919年2月17日 - 1994年3月3日)はポーランド出身でオーストリア(ウィーン)に没した現代音楽の作曲家。ユダヤ系。ローマン・ハウベンシュトック=ラマティ フレッシュアイペディアより)

4581件中 41 - 50件表示

「ポーランド」のニューストピックワード