5973件中 51 - 60件表示
  • クシシュトフ・グウォヴァツキ

    クシシュトフ・グウォヴァツキから見たポーランドポーランド

    クシシュトフ・グウォヴァツキ (、、1986年7月31日 - )は、ポーランドのプロボクサー。出身。元WBO世界クルーザー級王者。技巧なスタイルながら、ストレートとフックのコンビネーションを武器とする選手。トレーナーはフィオドル・ラピン。クシシュトフ・グウォヴァツキ フレッシュアイペディアより)

  • ローマン・ハウベンシュトック=ラマティ

    ローマン・ハウベンシュトック=ラマティから見たポーランドポーランド

    ローマン・ハウベンシュトック=ラマティ(Roman Haubenstock-Ramati, 1919年2月17日 - 1994年3月3日)はポーランド出身でオーストリア(ウィーン)に没した現代音楽の作曲家。ユダヤ系。ローマン・ハウベンシュトック=ラマティ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージアとロシアの関係

    ジョージアとロシアの関係から見たポーランドポーランド

    ジョージアとロシアは、アブハジアや南オセチア問題、ジョージアのNATO加盟に向けた動きなどを背景に緊張関係が続いていたが、2008年8月、北京オリンピックの開会式の最中に起きた両国の軍事衝突は世界に大きな衝撃をもたらした。ジョージア軍と南オセチア軍の衝突にロシアが介入したことで、その緊張は戦争に発展したのである(南オセチア戦争またはロシア・ジョージア戦争)。ロシアが外国に侵攻したのはソ連のアフガニスタン侵攻以来30年ぶりのことであり、ソ連のチェコスロヴァキア侵攻から40年目にあたっていた。ロシアによる軍事侵攻は欧米諸国にとっては想定外のできごとだったのであり、国際的にはロシアに対する非難が高まり、「ロシア脅威論」が再燃した。ことに、旧ソ連構成国のウクライナ、バルト三国、ポーランド、そして欧米諸国からの非難は非常に激しいものであった。ジョージアとロシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック建築

    ゴシック建築から見たポーランドポーランド

    ゴシック建築(英語:Gothic Architecture)は、12世紀後半から花開いたフランスを発祥とする建築様式。最も初期の建築は、パリ近くのサン=ドニ(聖ドニ)大修道院教会堂(Basilique de Saint-Denis)の一部に現存する。イギリス、北部および中部イタリア、ドイツのライン川流域、ポーランドのバルト海沿岸およびヴィスワ川などの大河川流域にわたる広範囲に伝播した。ゴシック建築 フレッシュアイペディアより)

  • 大管区 (ナチ党)

    大管区 (ナチ党)から見たポーランドポーランド

    ナチス・ドイツが滅びる1945年までに、合計で43の大管区が設置された。その中には、オーストリア・チェコスロヴァキア・ポーランド・フランスなどの占領地域に設置された10個の帝国大管区と、大管区扱いとされた(Auslandsorganisation der NSDAP、略称:NSDAP/AO)が含まれる。大管区と帝国大管区に実際の機能の差はほとんど無く、都道府県の名称の違いと同様に考えればよい。大管区 (ナチ党) フレッシュアイペディアより)

  • ショパン国際ピアノコンクール

    ショパン国際ピアノコンクールから見たポーランドポーランド

    ショパン国際ピアノ・コンクール(ショパンこくさいピアノコンクール、波:Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im. Fryderyka Chopina)は、国際音楽コンクール世界連盟によって正式な国際コンクールとして認定されている1つであり、第1回開催(1927年)から最新の第17回開催(2015年)までピアノ演奏部門のみで開催されている。作曲家兼ピアニストであるショパンの名が冠されているだけあり、コンクールにおける課題曲はショパンの作品のみで演奏審査される規定となっている。ショパンの出生国であるポーランドにおいて、5年毎に開催される。ピアノ演奏部門のある国際コンクールとしては世界で最高峰の位置づけにあり、このコンクールにおける優勝者・入賞者は自ずと、生涯にわたって第一線で活躍する知名度と評価を世界的に得ることとなる。日本語における正式名称はフレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールである。ショパン国際ピアノコンクール フレッシュアイペディアより)

  • イェジィ・フィツォフスキ

    イェジィ・フィツォフスキから見たポーランドポーランド

    イェジィ・フィツォフスキ(Jerzy Ficowski、1924年9月4日 - 2006年5月9日)は、ポーランドの詩人・作家・翻訳者。熱心なカトリック教徒であるが、ポーランドのマイノリティ、とりわけユダヤとジプシー(ロマ)の文化に造詣が深い。イェジィ・フィツォフスキ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルミア=マズールィ県

    ヴァルミア=マズールィ県から見たポーランドポーランド

    ヴァルミア=マズールィ県 (Województwo warmińsko-mazurskie) は、ポーランド北部の県である。県都はオルシュティン。北ではバルト海やロシアの飛び地のカリーニングラード州と接していて、国内ではポドラシェ県、マゾフシェ県、クヤヴィ・ポモージェ県、ポモージェ県と接している。東プロイセンの南部に相当する。ヴァルミア=マズールィ県 フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見たポーランドポーランド

    東欧諸国のうち、ドイツと同盟関係にあったルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、スロバキアにはソ連軍が進駐し、共産主義勢力を中心とする政府が樹立された。当初は、「反ファシズム」をスローガンとする社会民主主義勢力との連立政権であったが、法務、内務といった主要ポストは共産党が握った。ヤルタ会談で独立回復が約束されたポーランドでも、ロンドンの亡命政府と共産党による連立政権が成立したが、選挙妨害や脅迫などによって、亡命政府系の政党や閣僚が排除されていった。こうした東欧における共産化を決定付けるとともに、西側諸国に冷戦の冷徹な現実を突きつけたのが、1948年2月のチェコスロバキア政変であった。またその前年の10月にはコミンフォルムが結成され、社会主義に至る多様な道が否定され、ソ連型の社会主義が画一的に採用されるようになった。他方、ユーゴスラビアとアルバニアにおける共産党体制の成立において、ソ連の主導というよりも、戦中のパルチザン闘争に見られる土着勢力による内発的要因が大きかった。この点が、1948年のユーゴ・ソ連論争の遠因ともなり、共産圏からユーゴスラビアが追放され、自主管理社会主義や非同盟主義外交という独自路線を歩むことになった。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • ゲットー

    ゲットーから見たポーランドポーランド

    特筆すべきは、第二次大戦でドイツに占領されるまでポーランドにはユダヤ人自治区「シュテットル」こそあれ、「ゲットー」というものがまったく存在していなかった事実であろう。右上の写真のクラクフのカジミェシュ地区のように、シュテットルのすぐそばに国家にとって大事な立場にある教会が建てられていることもあった。13世紀のカリシュの法令以来ヨーロッパの他国と異なり民族的に寛容な政策を国家・社会の根幹となす伝統としていたポーランドでは、ユダヤ人はごく一部の大都市の旧市街を除いて、基本的にどこでも自由に住むことができた。その旧市街でさえもユダヤ人居住制限が近世にどんどん緩和されていった。ゲットー フレッシュアイペディアより)

5973件中 51 - 60件表示

「ポーランド」のニューストピックワード

  • 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

  • 市の職員が週に3回くらいパチンコ店に来とる。公務員が日中にパチンコしてええんか。

  • 清流園