4581件中 61 - 70件表示
  • T-72

    T-72から見たポーランドポーランド

    当時ワルシャワ条約機構に所属していたポーランドとチェコスロバキアでもライセンス生産されたが、オリジナルより装甲面などで性能が低下した代物だった。例えば、ポーランドで生産されたT-72Gはソ連軍のT-72では複合装甲だった砲塔前半部が410mmの通常装甲となっていた。T-72 フレッシュアイペディアより)

  • 5月12日

    5月12日から見たポーランドポーランド

    1364年 - ポーランド最古の大学・ヤギェウォ大学設立。5月12日 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド語

    ポーランド語から見たポーランドポーランド

    ポーランド語(ポーランドご、、、または )は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派の西スラヴ語群レヒト諸語に属するポーランドの公用語。レヒト諸語と同じ西スラヴ語群に属する言語は、チェコ・スロヴァキア諸語とソルブ諸語である。名詞の格変化は7格(主格、生格、与格、対格、造格、前置格、呼格)あり、文中での語の働きが格語尾によって示されることなど、形態による表現の豊かさを特徴とする。漢字による省略形は波語。ポーランド語 フレッシュアイペディアより)

  • ポツダム会談

    ポツダム会談から見たポーランドポーランド

    第二次世界大戦の連合国は戦争中からたびたび戦争方針や戦後構想を話し合う会議を持っていた。1943年のテヘラン会談は三大国の首脳が一堂に会する最初の会議となり、1945年のヤルタ会談ではヨーロッパ戦後構想の大枠が決定された。ところがソ連がヤルタ協定に反してルーマニアやポーランドにおいて共産主義政権を樹立したことや、北イタリアにおけるドイツ軍の降伏問題にソ連が反発したことなど、三大国の間には懸案事項が重なっていた。このためドイツ降伏の直前には、イギリス首相ウィンストン・チャーチルが「事態はこれ以上、通信によって殆ど事を運び得ず、できるだけ早く三人の政府の首脳の会合があるべきである」と発表する事態となり、アメリカ大統領ハリー・S・トルーマンもこれに同意した。トルーマンはハリー・ホプキンスをモスクワに派遣し、ヨシフ・スターリンの同意を得て7月半ばに会議が開催されることとなった。ポツダム会談 フレッシュアイペディアより)

  • プロイセン

    プロイセンから見たポーランドポーランド

    プロイセン地方の領域は西側はポメラニア(ポーランド名ポモージェ、ドイツ名ポンメルン)でドイツに接し、東はネマン川(ドイツ名メーメル川)を境にポーランドとリトアニアに隣接、ヴィスワ川(ドイツ名ヴァイクセル川)で東プロイセンと西プロイセンに分けられる。東プロイセンの中央には東西にプレゴリャ川(ドイツ名プレーゲル川)が流れ、その河口に中心都市カリーニングラード(ケーニヒスベルク)がある。プロイセンの住民のほとんどは第二次世界大戦後に逃亡したり追放されたりしてドイツに移住し、領域はロシアとポーランドに分割されたため現在ではプロイセンという地域名は使われていない。プロイセン フレッシュアイペディアより)

  • ベルリンの歴史

    ベルリンの歴史から見たポーランドポーランド

    火打石や加工された骨が見つかったことにより、だいたい紀元前6万年ごろにはベルリンの周辺に人間が生活していたということが解明された。同時期に遠く離れた北部ドイツや東部ドイツでは、紀元前7万年から同8000年にわたる最終氷期の氷に覆われていた。ベルリンから南に75キロメートルにある(ポーランドのグローガウからベルリンの南に位置するやブランデンブルク周辺にまで伸びる、氷河の作用でできた渓谷)には、大陸氷河がその南端として広がっていたが、人間が住んでいた集落は氷に覆われていない高地に限定されていた。すべての渓谷の地下に見られるように、融氷水でできた大量の砂の層があることから、およそ18,000年前のフランクフルト期にできたにも融氷水が流れ込んだと考えられている。約16,000年前のベルリン周辺の地域には氷が張っておらず、この年代の低地帯にはヴュルム氷期のモレーンが見られる。シュプレー川がベルリン氷河渓谷を流れ、その下流にはマツの生えたツンドラ地帯がところどころにあった。また西側には渓谷や泥炭地が広がっていた。ベルリンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 三脚巴

    三脚巴から見たポーランドポーランド

    ファイル:POL_Dukla_COA.svg|ポーランド・ドゥクラの街の盾形紋章三脚巴 フレッシュアイペディアより)

  • 計画都市

    計画都市から見たポーランドポーランド

    ワルシャワ(ポーランド) - 第二次世界大戦中のドイツ侵攻後に計画されたパブスト計画は実行にいたらなかったが、現在残る旧市街ワルシャワ歴史地区は戦後再建されたもので、スジモン・シルクスらと市議会の都市計画委員会が地下組織としてひそかに計画案を策定。再建に当たっては地下に高速道を設置してから実行され、首都復興局では新市街のノバ・ミャストなどとともに再建計画策定に数千人が関与。1980年、世界文化遺産。その後歴史的旧市街を取り囲む形で大量生産の社会主義型住宅団地地帯が広がる。計画都市 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト否認

    ホロコースト否認から見たポーランドポーランド

    ナチスによるホロコーストに関する主張には、パレスチナにユダヤ人の母国を建設することを可能にする連合国の意向を促進する意図があり、この主張は現在はイスラエル国家の政策、特にパレスチナ人を扱う政策に対する支持を獲得することに利用されている。事実、1970年代に中東戦争が発生して以来、ホロコースト論が語られるようになった。ユダヤ人を犠牲者、ドイツ人を悪魔のように扱うアングロサクソン、あるいはユダヤ人の陰謀がある。また、ドイツについての狂気じみた話を広めることでポーランドやチェコスロヴァキアといった関係国を脅してソ連による支配を受け入れさせることはソ連の利益になる。だが、ホロコーストが捏造であればイスラエルが崩壊するのなら、イランを支援していたソ連が第三次中東戦争の際、何故ホロコーストが捏造だとばらさなかったのか非常に不合理的である。イスラエルは、一貫してアメリカの支援を受けており、修正主義者によればホロコーストはすべてソ連が捏造したとされている。イスラエルに投入された資金の量とドイツからの賠償金だけでもイスラエルがこの陰謀を続けようとするだけの強力な誘因になる。だが、その陰謀の存在を証明する具体的な証拠は一切存在しない。ホロコースト否認 フレッシュアイペディアより)

  • スラヴ語派

    スラヴ語派から見たポーランドポーランド

    パンノニア・ルシン語 (スロヴァキア、ポーランド、ウクライナ、ハンガリーの境界に当たる地域の方言で東スラヴ語群に入れることもある)スラヴ語派 フレッシュアイペディアより)

4581件中 61 - 70件表示

「ポーランド」のニューストピックワード