4581件中 71 - 80件表示
  • ゴシック建築

    ゴシック建築から見たポーランドポーランド

    ゴシック建築(英語:Gothic Architecture)は、12世紀後半から花開いたフランスを発祥とする建築様式。最も初期の建築は、パリ近くのサン=ドニ(聖ドニ)大修道院教会堂(Basilique de Saint-Denis)の一部に現存する。イギリス、北部および中部イタリア、ドイツのライン川流域、ポーランドのバルト海沿岸およびヴィスワ川などの大河川流域にわたる広範囲に伝播した。ゴシック建築 フレッシュアイペディアより)

  • T-34

    T-34から見たポーランドポーランド

    この戦車は、それまでのドイツ軍が有していた戦車と比較して、生産においてはソビエトが有する生産能力を考慮してもドイツ軍の戦車の製造を凌駕するものであった。そして損害を上回る数が次々に戦場に投入された。T-34は大戦中だけで3万5000輌あまり、T-34-85は2万9480輌が生産され、合計するとアメリカのM4シャーマンを上回る当時世界最多の生産数を誇った。ただし生産数だけを見て最優秀戦車であるという意見があるが、当時のソ連はレンドリースによって戦車、ジープ、トラックなどの提供を受け、生産力を主力兵器に全て振向けることができたのがこの生産数の大きな要因である(アメリカは自国の兵器を生産しながら大量の補給物資や兵器をソ連やイギリスに供給している)。T-34-85は戦後、チェコやポーランドでも生産され、共産圏諸国や中東諸国等に輸出された。これら東欧製は1944年型の製造ラインを受け継いで作られたが、表面仕上げや工作精度が大戦中のソ連製より良く、また砲塔の形状などに微妙な違い(鋳型の変更)が見られる。T-34 フレッシュアイペディアより)

  • ゲットー

    ゲットーから見たポーランドポーランド

    特筆すべきは、第二次大戦でドイツに占領されるまでポーランドにはユダヤ人自治区「シュテットル」こそあれ、「ゲットー」というものがまったく存在していなかった事実であろう。右上の写真のクラクフのカジミェシュ地区のように、シュテットルのすぐそばに国家にとって大事な立場にある教会が建てられていることもあった。13世紀のカリシュの法令以来ヨーロッパの他国と異なり民族的に寛容な政策を国家・社会の根幹となす伝統としていたポーランドでは、ユダヤ人はごく一部の大都市の旧市街を除いて、基本的にどこでも自由に住むことができた。その旧市街でさえもユダヤ人居住制限が近世にどんどん緩和されていった。ゲットー フレッシュアイペディアより)

  • ヴィリニュス

    ヴィリニュスから見たポーランドポーランド

    ヴィリニュス()はリトアニア共和国の首都で、同国最大の都市である。人口は 558,165 人(2009年現在)。かつてポーランド領だったこともある。ヴィリニュス フレッシュアイペディアより)

  • ズビグネフ・ブレジンスキー

    ズビグネフ・ブレジンスキーから見たポーランドポーランド

    ポーランド出身。カナダ育ち。1958年にアメリカ市民権を取得。ズビグネフ・ブレジンスキー フレッシュアイペディアより)

  • 東プロイセン

    東プロイセンから見たポーランドポーランド

    東プロイセン(ひがしプロイセン、ドイツ語: Ostpreußen; ポーランド語: Prusy Wschodnie; ロシア語:)は、ヨーロッパのバルト海の南岸にある地域の歴史的な地名。東プロシア、あるいはオストプロイセンとしても知られている。現在は大部分がポーランドとロシア、北端の一部分がリトアニアの統治下にある。東プロイセン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルミア=マズールィ県

    ヴァルミア=マズールィ県から見たポーランドポーランド

    ヴァルミア=マズールィ県 (Województwo warmińsko-mazurskie) はポーランド北部の県である。ヴァルミア=マズールィ県 フレッシュアイペディアより)

  • ショパン国際ピアノコンクール

    ショパン国際ピアノコンクールから見たポーランドポーランド

    ショパン国際ピアノ・コンクール(ショパンこくさいピアノコンクール、波:Międzynarodowy Konkurs Pianistyczny im. Fryderyka Chopina)は、ポーランドの生んだ作曲家兼ピアニストのフレデリック・ショパンを記念したピアノ演奏のコンクールで、正式名称はフレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールである。ショパン国際ピアノコンクール フレッシュアイペディアより)

  • チェコ

    チェコから見たポーランドポーランド

    歴史的には中欧の概念ができた時点から中欧の国であった。ソ連の侵攻後、政治的には東欧に分類されてきた。ヨーロッパ共産圏の消滅後、再び中欧または中東欧に分類される。国土は東西に細長い六角形をしており、北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する。チェコ フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見たポーランドポーランド

    東欧諸国のうち、ドイツと同盟関係にあったルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、スロバキアにはソ連軍が進駐し、共産主義勢力を中心とする政府が樹立された。当初は、「反ファシズム」をスローガンとする社会民主主義勢力との連立政権であったが、法務、内務といった主要ポストは共産党が握った。ヤルタ会談で独立回復が約束されたポーランドでも、ロンドンの亡命政府と共産党による連立政権が成立したが、選挙妨害や脅迫などによって、亡命政府系の政党や閣僚が排除されていった。こうした東欧における共産化を決定付けるとともに、西側諸国に冷戦の冷徹な現実を突きつけたのが、1948年2月のチェコスロバキア政変であった。またその前年の10月にはコミンフォルムが結成され、社会主義にいたる多様な道が否定され、ソ連型の社会主義が画一的に採用されるようになった。他方、ユーゴスラビアとアルバニアにおける共産党体制の成立において、ソ連の主導というよりも、戦中のパルチザン闘争に見られる土着勢力による内発的要因が大きかった。この点が、1948年のユーゴ・ソ連論争の遠因ともなり、共産圏からユーゴスラビアが追放され、自主管理社会主義や非同盟主義外交という独自路線を歩むことになった。冷戦 フレッシュアイペディアより)

4581件中 71 - 80件表示

「ポーランド」のニューストピックワード