830件中 91 - 100件表示
  • ポーランド

    ポーランドから見たヘンリク=ミコワイ・グレツキ

    第二次大戦後の社会主義時代はタデウシュ・バイルト、ボグスワフ・シェッフェル、、、クシシュトフ・ペンデレツキ、ヴィトルト・ルトスワフスキ、ヴォイチェフ・キラール、カジミェシュ・セロツキ、ヘンリク=ミコワイ・グレツキ、クシシュトフ・メイエル、パヴェウ・シマンスキ、、、、などが活躍した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たタデウシュ・シェリゴフスキ

    第一次大戦後の時代は若い音楽家たちが芸術運動を開始し、グラジナ・バツェヴィチ、、、タデウシュ・シェリゴフスキなどが活躍した。イグナツィ・パデレフスキは政治家としての活動に身を投じた。映画『戦場のピアニスト』の主人公として有名なヴワディスワフ・シュピルマンは大衆音楽の作曲家、ジャズ調の歌謡曲『ワルシャワの赤いバス (Czerwony Autobus)』がある。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たオットー・フォン・ビスマルク

    プロイセン王国内の旧ポーランド王国領であるポーゼン州(旧ポズナン大公国)では、1871年からはビスマルクの文化闘争により、ポーランド人に対する抑圧政策が行われた。文化闘争はドイツ人も含めプロイセン王国内の全てのカトリック教徒を対象としポーランド人は圧倒的多数がカトリック教徒であったため、特に抑圧の対象になった。カトリック教徒に対する文化闘争は1878年に頓挫したが、ビスマルクはその後もポーランド人抑圧政策を続けた。ポーランド人は抑圧に対してポーランド文化をもって徹底抵抗した。抑圧政策によってかえってポーランド人の「連帯」とカトリック信仰は確固たるものになった。ポーランド人抑圧政策はヴィルヘルム2世がビスマルクを解任した後も続けられ、ドイツ帝国が第一次世界大戦で敗北した1918年に終了した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たタデウシュ・バイルト

    第二次大戦後の社会主義時代はタデウシュ・バイルト、ボグスワフ・シェッフェル、、、クシシュトフ・ペンデレツキ、ヴィトルト・ルトスワフスキ、ヴォイチェフ・キラール、カジミェシュ・セロツキ、ヘンリク=ミコワイ・グレツキ、クシシュトフ・メイエル、パヴェウ・シマンスキ、、、、などが活躍した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たイェジ・アンジェイェフスキ

    第二次世界大戦を経て共産主義時代から民主化までの抑圧の時代は文学が反体制運動の主流となる。体制側の体裁をとった「若きポーランド」と呼ばれる文学運動も巧妙な反体制活動の側面があった。この時代の代表に詩人のチェスワフ・ミウォシュと、同じく詩人で日本の歌川広重の浮世絵に触発された詩作で世界的に有名となったヴィスワヴァ・シンボルスカという2人のノーベル文学賞受賞者、さらに小説『灰とダイヤモンド』(アンジェイ・ワイダによって同名で映画化)の作者として有名なイェジ・アンジェイェフスキ、『尼僧ヨアンナ』 (イェジー・カヴァレロヴィチ監督によって同名映画化)の作者として知られるヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチなどがいる。また空想科学文学(サイエンス・フィクション)の分野ではスタニスワフ・レムが新地平を開き、代表作『ソラリスの陽のもとに』は『惑星ソラリス』としてソ連でアンドレイ・タルコフスキーよって、さらに『ソラリス』としてアメリカ合衆国でスティーブン・ソダーバーグによってそれぞれ映画化されたことで世界的に知られている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たベアタ・シドゥウォ

    行政は、1997年制定の憲法では閣僚評議会(内閣)が「ポーランド共和国の内政及び外交政策を実施する」(第146条1項)、「政府行政を指揮する。」(第146条3項)となっているため、閣僚評議会議長(首相の正式名称)が強大な政治的権力を有して実際の国政を行う議院内閣制になっている。首相は大統領が任命するが、14日以内に議会の下院に当たるセイム (sejm) の信任を受ける必要があるため(憲法第154条2項)、実際には議会の多数派から選ばれる。閣僚は議会の多数派から、首相の提案に基づき大統領が指名する。現在の首相はベアタ・シドゥウォポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たカシミール・フンク

    カジミェシュ・フンク(英語名カシミール・フンク)【生化学者・ビタミンの発見者】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヴォイチェフ・キラール

    第二次大戦後の社会主義時代はタデウシュ・バイルト、ボグスワフ・シェッフェル、、、クシシュトフ・ペンデレツキ、ヴィトルト・ルトスワフスキ、ヴォイチェフ・キラール、カジミェシュ・セロツキ、ヘンリク=ミコワイ・グレツキ、クシシュトフ・メイエル、パヴェウ・シマンスキ、、、、などが活躍した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヴワディスワフ・ゴムウカ

    ヴワディスワフ・ゴムウカ 【政治家・統一労働者党元第一書記】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たリドリー・スコット

    一方、このポーランドの苦難の時代に多くのポーランド人が海外で生活するようになったが、没落シュラフタ(ポーランド貴族)のテオドル・ユゼフ=コンラート・コジェニョフスキは船乗りとしての生活のあとイギリスに定住して 英語で小説を書いて次々と発表し、現代英国文学の代表的文豪の一人として、ジョセフ・コンラッドの筆名によって世界中で愛されている。コンラッドの作品の多くはアメリカ合衆国やイギリスで映画化されているが、たとえば『闇の奥』と『決闘者たち』は、それぞれフランシス・コッポラ監督の映画『地獄の黙示録』、リドリー・スコット監督の『デュエリスト/決闘者』の原作である。ポーランド フレッシュアイペディアより)

830件中 91 - 100件表示

「ポーランド」のニューストピックワード