851件中 51 - 60件表示
  • ポーランド

    ポーランドから見たギネスブック

    ポーランド人は音楽民族と呼べるほど音楽祭の好きな国民で、国や自治体、そして市民の草の根による音楽イベントが盛んに行われる。グダンスクなど主要都市では地元の交響楽団のための最新の音楽施設が次々と建設されている。5年に一度開かれるワルシャワのショパンコンクールはもちろん、毎年夏に開かれるソポト国際音楽祭はユーロヴィジョンと並んでヨーロッパで最も大きな国際音楽祭である。thumb|right|200px|プシスタネック・ウッドストック2012また、プシスタネック・ウッドストック(Przystanek Woodstock - 「ウッドストック・バスストップ」の意)はヨーロッパ最大の草の根主体の屋外音楽イベントで、毎年夏にヨーロッパ全土から音楽ファンが集い、その規模においてアメリカの元祖ウッドストック・フェスティバルを凌駕する勢いとなっている。2010年8月1日にはポーランドを含むヨーロッパやアメリカなどから集まった615人のミュージシャンたちがリサイクル品で作った楽器で同時に演奏し、これが記録としてギネスブックに載ることになった。大きな草の根イベントではこのほか、ヴロツワフのジミ・フェスティバル(Jimi Festival)では毎年世界中から数千人のジミー・ヘンドリックスのファンが集まり、ヴロツワフの旧市街広場で一斉に同じ曲を演奏する壮観を呈し、2009年には6300人が参加し世界で最も多い人数によるギターの合奏としてギネスブックに登録されている。オポーレ国民音楽祭は主にポーランド国内各地から数多くの民俗音楽団がオポーレに集まるが、まだ共産主義であった1980年代のうちに既に民俗音楽部門のほかにロック部門とヒップホップ部門が加わって、国内アーティストの登竜門的な存在の音楽祭ともなっている。2009年夏にはソポトでリヒャルト・ワーグナーの作曲した全ての曲を演奏するイベントが開かれた。また国内各地の市町村レベルの自治体も毎年競うように音楽祭を催している。音楽のジャンルもクラシック、民俗音楽、大衆音楽など多岐に亘っている。また結婚披露宴では通常は生のバンドが招かれて演奏し、それに合わせて宴会の参加者が3日3晩踊り明かすのが古くからのしきたりになっており、大都市ではこれが1-2日間に短縮されたものの田舎では相変わらずこの習慣が広く行われている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見た比例代表制

    一方で、大きく議席数が変化することが少ないと言われるドント方式の比例代表制の選挙にもかかわらず、それまでの政権運営に失望した有権者によって「法と正義」は大幅に議席を失ってしまう。また、連立政権に参加すると急速に有権者の支持を失っていった「自衛」と「ポーランド家族同盟」といった国民保守主義・大衆主義的な小政党は、この2007年選挙で議会における全ての議席を喪失した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たユゼフ・ピウスツキ

    1918年11月11日に第一次世界大戦が終結すると、ヴェルサイユ条約の民族自決の原則により、旧ドイツ帝国とソビエト連邦から領土が割譲され、ユゼフ・ピウスツキを国家元首として共和制のポーランド国家が再生した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見た国内総生産

    2009年の予算は118億ドルでこれは世界第19位、国内総生産(GDP)の2%弱を占める。1989年の民主化後もソ連から購入していた装備を引き継いだが、自国を含む北大西洋条約機構(NATO)同盟国で製造される最新装備への完全転換を急いでいる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見た学位

    ポーランドの特徴はその高い教育水準にあり、若者の50%が大学を卒業し学位を取得する(日本は39%)。この数字は経済協力開発機構(OECD)加盟国では4位(日本は12位)であるが、うち人口が1千万人を超える国のうちでは1位である(日本は2位)。特に近年では若者の95%が大学を卒業し学位を取得するという調査結果もあり、教育熱が非常に高い。国立大学の授業料は無料。ただしポーランドでは国立大学や一流私立大学を卒業するのは非常に難しく、希望の学部学科に入学しても脱落し、別の学部学科や別の大学を受験しなおして入学・卒業する学生が多い。英語圏の国、特にイギリスとアメリカに留学して苦学する熱心な学生が多く、彼らは自然科学、マクロ経済学、金融学に強い。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たユゼフ・ポニャトフスキ

    フランスでユゼフ・ポニャトフスキとタデウシュ・コシチュシュコという二人の天才将軍の運命は分かれた。ポーランドの王位継承権を持つポニャトフスキはナポレオン戦争にフランス軍の将軍として参加、1807年にポーランドはワルシャワ公国として再び独立した。しかしその後ロシアに侵攻したフランス軍の戦況は悪化し、撤退するフランス軍がプロイセンのライプツィヒで敗れると、ポニャトフスキはフランス軍の殿軍の総大将として果敢に戦い、全身に5発の銃弾を受けて華々しく戦死した。一方、アメリカ独立戦争に参加してアメリカ社会を見ていたコシチュシコはナポレオンの帝国主義の政治的野心にはどうしてもなじめず、フランスを離れてスイスに移住し再起の機会を窺っていたが、ゾロトゥルン市で腸チフスに罹患して亡くなった。ナポレオンが失脚すると、1815年のウィーン会議によって、ポーランドはロシア皇帝を元首とするポーランド立憲王国(会議王国)となった。多くのポーランド人が国外、特にフランスに亡命した。アダム・ミツキェヴィチの叙事詩『パン・タデウシュ』(アンジェイ・ワイダが監督した映画『パン・タデウシュ物語』の着想源)はこの時代の話である。また、日本の漫画家池田理代子の漫画『天の涯まで-ポーランド秘史』は憲法制定前からこの時代(主人公はプリンス・ユゼフ・ポニャトフスキ)までを扱っている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヴェーデル

    コーヒーは伝統的にはギリシャ=トルコ式であったが、現在はイタリア式が主流。しかしポーランド料理の易しい味に合わせて考えるためか、紅茶を好む人がかなり多い。紅茶にはレモンが添えられる。紅茶にミルクを入れる習慣が全くなく、ミルクティーを見て驚く。イギリスの紅茶メーカーであるトワイニング社はイギリス国内の紅茶製造工場を全て閉鎖したうえで、同じく紅茶文化が伝統的に盛んな上紅茶市場が急速に拡大中のポーランドに生産を完全移転する予定で、この移転で直接的にはあまり大した製造コスト低減が見込めないこともあって、なぜわざわざポーランドに移転するのかということでイギリスの極右勢力の間で激しく物議を醸している。嗜好品ないし薬として日常的にハーブティーを飲む習慣があり、国内に多数のメーカーがある。ポーランドでは紅茶もハーブティーも一般に「ヘルバータ(herbata)」と呼ばれるが、これは「ハーブ(herb)」が原義である。昔から茶はハーブのひとつとして認識されていたということである。店で売られる清涼飲料水は一時かなり広まったが、現在は手作りコンポートを水、湯、炭酸水、牛乳(冷たくても温めても)、ドリンクケフィール、などで割った伝統的な飲み物も再び好まれるようになってきた。ホットチョコレートも人気があり、ポーランド人はワルシャワのヴェーデル社直営のカフェで供されるホットチョコレートを、「良きポーランド人」であったヤン・ヴェーデルの記憶とともに誇りとしている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たユゼフ・ベック

    1922年に国家元首職を引退したピウスツキは、その後の政界の腐敗を憂い、1926年にクーデターを起こして政権を奪取した。ピウスツキはポーランド国民の圧倒的支持のもと、開発独裁を主導した。この時期にポーランドの経済は急速に発展し、国力が強化された。国民のカリスマであったピウスツキが1935年に死亡すると、ユゼフ・ベックを中心としたピウスツキの部下たちが集団指導体制で政権を運営したが、内政・外交で失敗を繰り返し、その点をナチス・ドイツとソヴィエト連邦につけ込まれるようになった。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヴィトルト・ルトスワフスキ

    第二次大戦後の社会主義時代はタデウシュ・バイルト、ボグスワフ・シャエファー、ヴウォジミェシュ・コトンスキ、ヴィトルト・シャロネック、クシシュトフ・ペンデレツキ、ヴィトルト・ルトスワフスキ、ヴォイチェフ・キラール、カジミェシュ・セロツキ、ヘンリク=ミコワイ・グレツキ、クシシュトフ・メイヤー、パヴェウ・シマンスキ、コシェシミール・デンプスキ、ハンナ・クルエンティ、エウゲニウシュ・クナピック、パヴェウ・ミキェティンなどが活躍した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たキュリー夫人

    エミリア・プラテルはシュラフタ(士族、ポーランド貴族)の家に生まれた愛国少女で、十一月蜂起で最も活躍したポーランド女性将校の一人。幼くして父と母が離婚したが、エミリアはポーランドの歴史を夢中になって学びながら育ち、旧ポーランド・リトアニア共和国の最後の時代の天才将軍タデウシュ・コシチュシュコについての書物を読むようになって以来コシチュシュコとその生き方に強い憧れを持っていた。この十一月蜂起でエミリアはポーランド軍将校として自ら部隊を指揮して活躍した。当初はリトアニアの戦線で戦い、華々しい戦果を挙げた。エミリアは病に冒されていたが、ワルシャワがロシア軍に包囲されつつあるという情報を得ると、上官である将軍の反対を押し切り、すぐに自分の部隊を率いてロシア軍のポーランド包囲網を強襲しこれを突破することに成功、ポーランド・リトアニア共和国首都ワルシャワにおける対ロシア軍決戦のためリトアニアからワルシャワに向かおうとし、その途上で無念にもついに病に倒れ、25歳で亡くなった。しかしこの美しく強い女性将校はポーランドのほかリトアニアとベラルーシ(旧ポーランド・リトアニア共和国の構成地域)の永遠の国民的英雄となり、その後の時代を通じて自由を求めるポーランド人とリトアニア人の心の支えとなった。(ただしリトアニアやベラルーシの農民層の間では士族社会に反発する人々がかなりおり、旧ポーランド・リトアニア共和国を、士族すなわちポーランド人たちによるリトアニアとベラルーシの農民への強制的な支配体制であったと解釈する人々もかなりおり、そういったリトアニア人やベラルーシ人の民族主義者の間ではエミリアはあくまで「支配者ポーランド人にとっての英雄」であって、人気はない。士族すなわちシュラフタの家系は必ずしもポーランド出身とは限らないが、そういった非ポーランド系の家の人々もポーランドの言語や習慣を習得していくうちに徐々にポーランド人になっていった。ここにはリトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ドイツ、チェコ、ハンガリーからやってきた家系が特に多く含まれるが、遠くはオランダやスコットランドからポーランドに移住してきた家系まで存在する。この現象を「ポーランド化」という。エミリアが憧れたタデウシュ・コシチュシュコもベラルーシ出身の家系である。エミリアはもともとはヴェストファーレンから移住して来たドイツ人貴族の家系で、19世紀までには家の文化がすっかりポーランド化してシュラフタとなっていた。前述のようにドイツ系のシュラフタの家柄の人々は歴史を通じて最も熱狂的なポーランド愛国者たちを輩出した)。エミリアは、数十年後の時代に物理学の分野で活躍したマリア・スクウォドフスカ=キュリー(キュリー夫人)と並んで、今でもポーランドの女の子たちの憧れのポーランド女性の一人である。ポーランド フレッシュアイペディアより)

851件中 51 - 60件表示

「ポーランド」のニューストピックワード