830件中 51 - 60件表示
  • ポーランド

    ポーランドから見たグラジナ・バツェヴィチ

    第一次大戦後の時代は若い音楽家たちが芸術運動を開始し、グラジナ・バツェヴィチ、、、タデウシュ・シェリゴフスキなどが活躍した。イグナツィ・パデレフスキは政治家としての活動に身を投じた。映画『戦場のピアニスト』の主人公として有名なヴワディスワフ・シュピルマンは大衆音楽の作曲家、ジャズ調の歌謡曲『ワルシャワの赤いバス (Czerwony Autobus)』がある。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たユゼフ・ベック

    1922年に国家元首職を引退したピウスツキはその後の政界の腐敗を憂い、1926年にクーデターを起こして政権を奪取した。ピウスツキはポーランド国民の圧倒的支持のもと、開発独裁を主導した。この時期にポーランドの経済は急速に発展し、国力が強化された。国民のカリスマであったピウスツキが1935年に死亡すると、ユゼフ・ベックを中心としたピウスツキの部下たちが集団指導体制で政権を運営したが、内政・外交で失敗を繰り返し、その点をナチス・ドイツとソビエト連邦につけ込まれるようになった。独ソには蹂躙されるだけに見えて、1926年までポーランドの暗号解読者は両国の傍受に完全に成功していた。エニグマ のレプリカ15台を作製して用い、1938年まではドイツから傍受した通信の3/4を解読していた。ポーランドは解読器''を開発のうえ、設計図を英仏に提供した。ポーランドはエニグマに対する暗号文単独攻撃に成功していた。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヴィトルト・ルトスワフスキ

    第二次大戦後の社会主義時代はタデウシュ・バイルト、ボグスワフ・シェッフェル、、、クシシュトフ・ペンデレツキ、ヴィトルト・ルトスワフスキ、ヴォイチェフ・キラール、カジミェシュ・セロツキ、ヘンリク=ミコワイ・グレツキ、クシシュトフ・メイエル、パヴェウ・シマンスキ、、、、などが活躍した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たレフ・ヴァウェンサ

    レフ・ヴァウェンサ(レフ・ワレサ)【政治家・元大統領】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たユゼフ・エルスネル

    19世紀初頭になるとポーランドのクラシック音楽のスタイルが確立された。ユゼフ・エルスネルはフレデリック・ショパンとを育てた。とスタニスワフ・モニューシュコはポーランドのオペラ音楽を発展させた。また、1833年2月には当時世界最大の音楽施設であるワルシャワ大劇場が完成し、こけら落としとしてジョアキーノ・ロッシーニのオペラ『セビリアの理髪師』が演じられた。ヘンリク・ヴィエニャフスキやユリウシュ・ザレンプスキが主な作曲家に挙げられ、テクラ・バダジェフスカはアマチュアで17歳で『乙女の祈り』がフランスで知られたとされる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たジャージ・コジンスキー

    この時代は共産主義体制を嫌い外国へ亡命する人が続出したが、こういった人々の中には、アメリカ合衆国に移住しそこで英語で小説を多く書いて現代アメリカ文学の前衛的存在となり、『異境(原題:Steps)』や『庭師 ただそこにいるだけの人(原題:Being There)』(ハル・アシュビー監督、ピーター・セラーズ主演で『チャンス』として映画化)など、現在でもその作品が若者を中心にカルト的人気を獲得している、ユダヤ系ポーランド人のジャージ・コジンスキーとして知られるイェジ・コシンスキなどがいる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヨハネス・ヘヴェリウス

    ヤン・ヘヴェリウシュ(ラテン語名ヨハネス・ヘヴェリウス)【天文学者】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たスタニスワフ・レム

    第二次世界大戦を経て共産主義時代から民主化までの抑圧の時代は文学が反体制運動の主流となる。体制側の体裁をとった「若きポーランド」と呼ばれる文学運動も巧妙な反体制活動の側面があった。この時代の代表に詩人のチェスワフ・ミウォシュと、同じく詩人で日本の歌川広重の浮世絵に触発された詩作で世界的に有名となったヴィスワヴァ・シンボルスカという2人のノーベル文学賞受賞者、さらに小説『灰とダイヤモンド』(アンジェイ・ワイダによって同名で映画化)の作者として有名なイェジ・アンジェイェフスキ、『尼僧ヨアンナ』 (イェジー・カヴァレロヴィチ監督によって同名映画化)の作者として知られるヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチなどがいる。また空想科学文学(サイエンス・フィクション)の分野ではスタニスワフ・レムが新地平を開き、代表作『ソラリスの陽のもとに』は『惑星ソラリス』としてソ連でアンドレイ・タルコフスキーよって、さらに『ソラリス』としてアメリカ合衆国でスティーブン・ソダーバーグによってそれぞれ映画化されたことで世界的に知られている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たマリ・キュリー

    マリア・スクウォドフスカ=キュリー(マリ・キュリー・通称キュリー夫人)【物理学者・化学者】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たジミー・ヘンドリックス

    thumb|right|200px|プシスタネック・ウッドストック2012また、(Przystanek Woodstock -「ウッドストック・バスストップ」の意)はヨーロッパの屋外音楽イベント。2010年8月1日にはポーランドを含むヨーロッパやアメリカなどから集まった615人のミュージシャンたちがリサイクル品で作った楽器で同時に演奏し、これが記録としてギネスブックに載ることになった。ヴロツワフのジミ・フェスティバル (Jimi Festival)では毎年世界中から数千人のジミー・ヘンドリックスのファンが集まり、ヴロツワフの旧市街広場で「Hey Joe」を演奏する。2009年には6300人が参加し世界で最も多い人数によるギターの合奏としてギネスブックに登録されたジミ・フェスティバルが、その後も毎年この祭りはギネス記録を更新し続け、2014年5月の大会では7344人が「Hey Joe」を演奏して、自分たちが昨年打ち立てたギネス記録(7273人)を塗り替えている。は主にポーランド国内各地から数多くの民俗音楽団がオポーレに集まる、まだ共産主義であった1980年代のうちに既に民俗音楽部門のほかにロック部門とヒップホップ部門がある。ポーランド フレッシュアイペディアより)

830件中 51 - 60件表示

「ポーランド」のニューストピックワード