851件中 61 - 70件表示
  • ポーランド

    ポーランドから見たレフ・ヴァウェンサ

    レフ・ヴァウェンサ(レフ・ワレサ)【政治家・元大統領】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たジャージ・コジンスキー

    この時代は共産主義体制を嫌い外国へ亡命する人が続出したが、こういった人々のなかには、アメリカ合衆国に移住しそこで英語で小説を多く書いて現代アメリカ文学の前衛的存在となり、『異境(原題:Steps)』や『庭師 ただそこにいるだけの人(原題:Being There)』(ハル・アシュビー監督、ピーター・セラーズ主演で『チャンス』として映画化)など、現在でもその作品が若者を中心にカルト的人気を獲得している、ジャージ・コジンスキーとして知られるイェジ・コシンスキなどがいる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヨハネス・ヘヴェリウス

    ヤン・ヘヴェリウシュ(ラテン語名ヨハネス・ヘヴェリウス) 【天文学者】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たスタニスワフ・レム

    第二次世界大戦を経て共産主義時代から民主化までの抑圧の時代は文学が反体制運動の主流となる。体制側の体裁をとった「若きポーランド」と呼ばれる文学運動も巧妙な反体制活動の側面があった。この時代の代表に詩人のチェスワフ・ミウォシュと、同じく詩人で日本の安藤広重の浮世絵に触発された詩作で世界的に有名となったヴィスワヴァ・シンボルスカという2人のノーベル文学賞受賞者、さらに小説『灰とダイヤモンド』(アンジェイ・ワイダによって同名で映画化)の作者として有名なイェジ・アンジェイェフスキ、『尼僧ヨアンナ』 (イェジー・カヴァレロヴィチ監督によって同名映画化)の作者として知られるヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチなどがいる。また空想科学文学(サイエンス・フィクション)の分野ではスタニスワフ・レムが新地平を開き、代表作『ソラリスの陽のもとに』は『惑星ソラリス』としてソ連でアンドレイ・タルコフスキーよって、さらに『ソラリス』としてアメリカでスティーブン・ソダーバーグによってそれぞれ映画化されたことで世界的に知られている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たマリ・キュリー

    マリア・スクウォドフスカ=キュリー(マリ・キュリー・通称キュリー夫人) 【物理学者・化学者】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たジミー・ヘンドリックス

    ポーランド人は音楽民族と呼べるほど音楽祭の好きな国民で、国や自治体、そして市民の草の根による音楽イベントが盛んに行われる。グダンスクなど主要都市では地元の交響楽団のための最新の音楽施設が次々と建設されている。5年に一度開かれるワルシャワのショパンコンクールはもちろん、毎年夏に開かれるソポト国際音楽祭はユーロヴィジョンと並んでヨーロッパで最も大きな国際音楽祭である。thumb|right|200px|プシスタネック・ウッドストック2012また、プシスタネック・ウッドストック(Przystanek Woodstock - 「ウッドストック・バスストップ」の意)はヨーロッパ最大の草の根主体の屋外音楽イベントで、毎年夏にヨーロッパ全土から音楽ファンが集い、その規模においてアメリカの元祖ウッドストック・フェスティバルを凌駕する勢いとなっている。2010年8月1日にはポーランドを含むヨーロッパやアメリカなどから集まった615人のミュージシャンたちがリサイクル品で作った楽器で同時に演奏し、これが記録としてギネスブックに載ることになった。大きな草の根イベントではこのほか、ヴロツワフのジミ・フェスティバル(Jimi Festival)では毎年世界中から数千人のジミー・ヘンドリックスのファンが集まり、ヴロツワフの旧市街広場で一斉に同じ曲を演奏する壮観を呈し、2009年には6300人が参加し世界で最も多い人数によるギターの合奏としてギネスブックに登録されている。オポーレ国民音楽祭は主にポーランド国内各地から数多くの民俗音楽団がオポーレに集まるが、まだ共産主義であった1980年代のうちに既に民俗音楽部門のほかにロック部門とヒップホップ部門が加わって、国内アーティストの登竜門的な存在の音楽祭ともなっている。2009年夏にはソポトでリヒャルト・ワーグナーの作曲した全ての曲を演奏するイベントが開かれた。また国内各地の市町村レベルの自治体も毎年競うように音楽祭を催している。音楽のジャンルもクラシック、民俗音楽、大衆音楽など多岐に亘っている。また結婚披露宴では通常は生のバンドが招かれて演奏し、それに合わせて宴会の参加者が3日3晩踊り明かすのが古くからのしきたりになっており、大都市ではこれが1-2日間に短縮されたものの田舎では相変わらずこの習慣が広く行われている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヘイト (バンド)

    ポーランドは社会主義の時代においても他の社会主義国に比べて情報に関しては統制が緩やかで西側自由主義陣営の音楽情報が比較的楽に入手できた。そのため1989年の東欧革命以前にもジャズやロックといった西側的な音楽文化が自由に存在した。一方、貿易規制のため機材や最新のレコードの調達が困難だった。そのため、おもに彼らは西ヨーロッパ諸国や北アメリカ諸国に住む親戚を頼ってこれらを入手した。ロックの分野ではプログレッシブ・ロック、ヘヴィメタル、テクノポップ、ニュー・ウェイヴなどが人気となった。ヘヴィメタルではヴェイダー、ベヒモス、ディキャピテイテッド、ヘイトなど多くのバンドがこの分野で世界的な人気バンドとなっているが、特にヴェイダーは東欧革命よりはるか前の1983年からプロとして活動しておりいまだに最も人気のあるデスメタルバンドの一つである。近年、ヴェイダー以外にも、ベヒモスに代表されるように、非常にテクニカルで激しいデスメタルバンドの世界有数の宝庫ととして知られており、デスメタルはポーランドの重要な輸出産業となりつつある。ジャズではクシシュトフ・コメダは同国出身のロマン・ポランスキー監督の映画『ローズマリーの赤ちゃん』の映画音楽を担当したことであまりに有名である。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たズビグニェフ・ボニエク

    ズビグニェフ・ボニエク 【サッカー選手】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たリヒャルト・ワーグナー

    ポーランド人は音楽民族と呼べるほど音楽祭の好きな国民で、国や自治体、そして市民の草の根による音楽イベントが盛んに行われる。グダンスクなど主要都市では地元の交響楽団のための最新の音楽施設が次々と建設されている。5年に一度開かれるワルシャワのショパンコンクールはもちろん、毎年夏に開かれるソポト国際音楽祭はユーロヴィジョンと並んでヨーロッパで最も大きな国際音楽祭である。thumb|right|200px|プシスタネック・ウッドストック2012また、プシスタネック・ウッドストック(Przystanek Woodstock - 「ウッドストック・バスストップ」の意)はヨーロッパ最大の草の根主体の屋外音楽イベントで、毎年夏にヨーロッパ全土から音楽ファンが集い、その規模においてアメリカの元祖ウッドストック・フェスティバルを凌駕する勢いとなっている。2010年8月1日にはポーランドを含むヨーロッパやアメリカなどから集まった615人のミュージシャンたちがリサイクル品で作った楽器で同時に演奏し、これが記録としてギネスブックに載ることになった。大きな草の根イベントではこのほか、ヴロツワフのジミ・フェスティバル(Jimi Festival)では毎年世界中から数千人のジミー・ヘンドリックスのファンが集まり、ヴロツワフの旧市街広場で一斉に同じ曲を演奏する壮観を呈し、2009年には6300人が参加し世界で最も多い人数によるギターの合奏としてギネスブックに登録されている。オポーレ国民音楽祭は主にポーランド国内各地から数多くの民俗音楽団がオポーレに集まるが、まだ共産主義であった1980年代のうちに既に民俗音楽部門のほかにロック部門とヒップホップ部門が加わって、国内アーティストの登竜門的な存在の音楽祭ともなっている。2009年夏にはソポトでリヒャルト・ワーグナーの作曲した全ての曲を演奏するイベントが開かれた。また国内各地の市町村レベルの自治体も毎年競うように音楽祭を催している。音楽のジャンルもクラシック、民俗音楽、大衆音楽など多岐に亘っている。また結婚披露宴では通常は生のバンドが招かれて演奏し、それに合わせて宴会の参加者が3日3晩踊り明かすのが古くからのしきたりになっており、大都市ではこれが1-2日間に短縮されたものの田舎では相変わらずこの習慣が広く行われている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たアンドレイ・タルコフスキー

    第二次世界大戦を経て共産主義時代から民主化までの抑圧の時代は文学が反体制運動の主流となる。体制側の体裁をとった「若きポーランド」と呼ばれる文学運動も巧妙な反体制活動の側面があった。この時代の代表に詩人のチェスワフ・ミウォシュと、同じく詩人で日本の安藤広重の浮世絵に触発された詩作で世界的に有名となったヴィスワヴァ・シンボルスカという2人のノーベル文学賞受賞者、さらに小説『灰とダイヤモンド』(アンジェイ・ワイダによって同名で映画化)の作者として有名なイェジ・アンジェイェフスキ、『尼僧ヨアンナ』 (イェジー・カヴァレロヴィチ監督によって同名映画化)の作者として知られるヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチなどがいる。また空想科学文学(サイエンス・フィクション)の分野ではスタニスワフ・レムが新地平を開き、代表作『ソラリスの陽のもとに』は『惑星ソラリス』としてソ連でアンドレイ・タルコフスキーよって、さらに『ソラリス』としてアメリカでスティーブン・ソダーバーグによってそれぞれ映画化されたことで世界的に知られている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

851件中 61 - 70件表示

「ポーランド」のニューストピックワード