830件中 71 - 80件表示
  • ポーランド

    ポーランドから見たボグスワフ・シェッフェル

    第二次大戦後の社会主義時代はタデウシュ・バイルト、ボグスワフ・シェッフェル、、、クシシュトフ・ペンデレツキ、ヴィトルト・ルトスワフスキ、ヴォイチェフ・キラール、カジミェシュ・セロツキ、ヘンリク=ミコワイ・グレツキ、クシシュトフ・メイエル、パヴェウ・シマンスキ、、、、などが活躍した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヘロドトス

    またこの時代よりポーランド現代文学の特色であるノンフィクション文学が勃興した。その代表としては、日本でも『サッカー戦争』や『帝国』などの著作で知られ、世界中で「20世紀の最も偉大なジャーナリスト」(英ガーディアン紙)、「世界で最も偉大な報道記者」(独シュピーゲル紙)、「現代のヘロドトス」(独フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙)などと評価される、リシャルト・カプシチンスキがいる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヤクプ・ブワシュチコフスキ

    サッカーのロベルト・レヴァンドフスキ、ヤクプ・ブワシュチコフスキ、ウカシュ・ピシュチェク(3人共ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントで香川真司のチームメイトだった)、F1のロバート・クビサ、女子バレーボールのアンナ・バランスカは日本でもよく知られている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たチェスワフ・ミウォシュ

    第二次世界大戦を経て共産主義時代から民主化までの抑圧の時代は文学が反体制運動の主流となる。体制側の体裁をとった「若きポーランド」と呼ばれる文学運動も巧妙な反体制活動の側面があった。この時代の代表に詩人のチェスワフ・ミウォシュと、同じく詩人で日本の歌川広重の浮世絵に触発された詩作で世界的に有名となったヴィスワヴァ・シンボルスカという2人のノーベル文学賞受賞者、さらに小説『灰とダイヤモンド』(アンジェイ・ワイダによって同名で映画化)の作者として有名なイェジ・アンジェイェフスキ、『尼僧ヨアンナ』 (イェジー・カヴァレロヴィチ監督によって同名映画化)の作者として知られるヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチなどがいる。また空想科学文学(サイエンス・フィクション)の分野ではスタニスワフ・レムが新地平を開き、代表作『ソラリスの陽のもとに』は『惑星ソラリス』としてソ連でアンドレイ・タルコフスキーよって、さらに『ソラリス』としてアメリカ合衆国でスティーブン・ソダーバーグによってそれぞれ映画化されたことで世界的に知られている。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たユリウシュ・ザレンプスキ

    19世紀初頭になるとポーランドのクラシック音楽のスタイルが確立された。ユゼフ・エルスネルはフレデリック・ショパンとを育てた。とスタニスワフ・モニューシュコはポーランドのオペラ音楽を発展させた。また、1833年2月には当時世界最大の音楽施設であるワルシャワ大劇場が完成し、こけら落としとしてジョアキーノ・ロッシーニのオペラ『セビリアの理髪師』が演じられた。ヘンリク・ヴィエニャフスキやユリウシュ・ザレンプスキが主な作曲家に挙げられ、テクラ・バダジェフスカはアマチュアで17歳で『乙女の祈り』がフランスで知られたとされる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たローザ・ルクセンブルク

    ルジャ・ルクセンブルク(ローザ・ルクセンブルク)【社会主義者】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヤヌシュ・コルチャック

    ヤヌシュ・コルチャック(通称コルチャック先生)【小児科医、孤児院院長、児童文学作家】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たヨシフ・スターリン

    カティンの森事件でポーランド亡命政府は、ソ連の発表の受け入れを拒否しスターリンは亡命政府と関係を断絶した。ソ連主導のルブリン政権が新たなポーランド国家となった。また領土が戦前と比べて大きく西方向に平行移動した。ソ連はポーランド侵攻以来占拠していたポーランド東部を正式に自国へ併合した代わりに、ドイツ東部をポーランドに与えた。これはスターリンが、992年にボレスワフ1世が確定したポーランド公国国境の回復に固執した結果で新しい国境線はボレスワフ1世時代の国境線の位置に非常に近いものとなった。軍事的理由から、ドイツとの国境線はほぼ最短となるように調整された。これにより、敗戦国のドイツは戦前の領土の25%を失なった。現在の領土の西側3分の1近くが戦前のドイツ領である。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たピーター・セラーズ

    この時代は共産主義体制を嫌い外国へ亡命する人が続出したが、こういった人々の中には、アメリカ合衆国に移住しそこで英語で小説を多く書いて現代アメリカ文学の前衛的存在となり、『異境(原題:Steps)』や『庭師 ただそこにいるだけの人(原題:Being There)』(ハル・アシュビー監督、ピーター・セラーズ主演で『チャンス』として映画化)など、現在でもその作品が若者を中心にカルト的人気を獲得している、ユダヤ系ポーランド人のジャージ・コジンスキーとして知られるイェジ・コシンスキなどがいる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たイェジ・ブゼク

    著名な経済学者イェジ・レグルスキの構想の下1999年にイェジ・ブゼク政権が行った地方自治の大改革において県 (województwo) が整理され、ポーランドではそれまであった49県が16県にまで一気にまとめられて穏健な地方分権が成立した。県の下位自治体として郡 (powiat) が合計373、グミナと呼ばれる地方自治体基礎組織 (gmina) が合計2489ある。ポーランド フレッシュアイペディアより)

830件中 71 - 80件表示

「ポーランド」のニューストピックワード