851件中 81 - 90件表示
  • ポーランド

    ポーランドから見たピーター・セラーズ

    この時代は共産主義体制を嫌い外国へ亡命する人が続出したが、こういった人々のなかには、アメリカ合衆国に移住しそこで英語で小説を多く書いて現代アメリカ文学の前衛的存在となり、『異境(原題:Steps)』や『庭師 ただそこにいるだけの人(原題:Being There)』(ハル・アシュビー監督、ピーター・セラーズ主演で『チャンス』として映画化)など、現在でもその作品が若者を中心にカルト的人気を獲得している、ジャージ・コジンスキーとして知られるイェジ・コシンスキなどがいる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たイェジ・ブゼク

    著名な経済学者イェジ・レグルスキの構想のもと1999年にイェジ・ブゼク政権が行った地方自治の大改革において県 (województwo) が整理され、ポーランドではそれまであった49県が16県にまで一気にまとめられて穏健な地方分権が成立した。県の下位自治体として郡 (powiat) が合計373、グミナと呼ばれる地方自治体基礎組織 (gmina) が合計2489ある。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たルドヴィコ・ザメンホフ

    ルドヴィコ・ザメンホフ 【眼科医・言語学者-エスペラント創案者】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たディキャピテイテッド

    ポーランドは社会主義の時代においても他の社会主義国に比べて情報に関しては統制が緩やかで西側自由主義陣営の音楽情報が比較的楽に入手できた。そのため1989年の東欧革命以前にもジャズやロックといった西側的な音楽文化が自由に存在した。一方、貿易規制のため機材や最新のレコードの調達が困難だった。そのため、おもに彼らは西ヨーロッパ諸国や北アメリカ諸国に住む親戚を頼ってこれらを入手した。ロックの分野ではプログレッシブ・ロック、ヘヴィメタル、テクノポップ、ニュー・ウェイヴなどが人気となった。ヘヴィメタルではヴェイダー、ベヒモス、ディキャピテイテッド、ヘイトなど多くのバンドがこの分野で世界的な人気バンドとなっているが、特にヴェイダーは東欧革命よりはるか前の1983年からプロとして活動しておりいまだに最も人気のあるデスメタルバンドの一つである。近年、ヴェイダー以外にも、ベヒモスに代表されるように、非常にテクニカルで激しいデスメタルバンドの世界有数の宝庫ととして知られており、デスメタルはポーランドの重要な輸出産業となりつつある。ジャズではクシシュトフ・コメダは同国出身のロマン・ポランスキー監督の映画『ローズマリーの赤ちゃん』の映画音楽を担当したことであまりに有名である。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たクリストフ・コメダ

    ポーランドは社会主義の時代においても他の社会主義国に比べて情報に関しては統制が緩やかで西側自由主義陣営の音楽情報が比較的楽に入手できた。そのため1989年の東欧革命以前にもジャズやロックといった西側的な音楽文化が自由に存在した。一方、貿易規制のため機材や最新のレコードの調達が困難だった。そのため、おもに彼らは西ヨーロッパ諸国や北アメリカ諸国に住む親戚を頼ってこれらを入手した。ロックの分野ではプログレッシブ・ロック、ヘヴィメタル、テクノポップ、ニュー・ウェイヴなどが人気となった。ヘヴィメタルではヴェイダー、ベヒモス、ディキャピテイテッド、ヘイトなど多くのバンドがこの分野で世界的な人気バンドとなっているが、特にヴェイダーは東欧革命よりはるか前の1983年からプロとして活動しておりいまだに最も人気のあるデスメタルバンドの一つである。近年、ヴェイダー以外にも、ベヒモスに代表されるように、非常にテクニカルで激しいデスメタルバンドの世界有数の宝庫ととして知られており、デスメタルはポーランドの重要な輸出産業となりつつある。ジャズではクシシュトフ・コメダは同国出身のロマン・ポランスキー監督の映画『ローズマリーの赤ちゃん』の映画音楽を担当したことであまりに有名である。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たクシシュトフ・ペンデレツキ

    第二次大戦後の社会主義時代はタデウシュ・バイルト、ボグスワフ・シャエファー、ヴウォジミェシュ・コトンスキ、ヴィトルト・シャロネック、クシシュトフ・ペンデレツキ、ヴィトルト・ルトスワフスキ、ヴォイチェフ・キラール、カジミェシュ・セロツキ、ヘンリク=ミコワイ・グレツキ、クシシュトフ・メイヤー、パヴェウ・シマンスキ、コシェシミール・デンプスキ、ハンナ・クルエンティ、エウゲニウシュ・クナピック、パヴェウ・ミキェティンなどが活躍した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たパウエル・ナツラ

    パウエル・ナツラ(パウエル・ナツラ) 【柔道家、総合格闘家。アトランタオリンピック男子柔道95kg級金メダリスト。】ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たミェチスワフ・カルウォヴィチ

    19世紀末から20世紀初頭の時代にはヴワディスワフ・ゼレンスキ、ミェチスワフ・カルウォヴィチ、カロル・シマノフスキは特に人気を博した。伝説のピアニストであるイグナツィ・パデレフスキは第一次大戦後に独立を回復したポーランド共和国の首相となった。ユゼフ・コフラーは十二音技法を開拓した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たウワディスワフ・シュピルマン

    第一次大戦後の時代は若い音楽家たちが芸術運動を開始し、グラジーナ・バツェヴィチ、ジグムント・ミチェルスキ、ミハウ・スピサック、タデウシュ・シェリゴフスキなどが活躍した。イグナツィ・パデレフスキは政治家としての活動に身を投じた。映画『戦場のピアニスト』の主人公として有名なヴワディスワフ・シュピルマンは大衆音楽の作曲家としても人気があり、彼の作曲した明るいジャズ調の歌謡曲『ワルシャワの赤いバス(Czerwony Autobus)』は今ではスタンダード曲としてポーランド人に最も人気のある曲の一つであり、この明るい曲はポーランド人にとっては第二次大戦前の、欧州で「北のパリ」として知られた美しく快活なワルシャワの街の姿を思い起こさせるものである。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たマーヴィン・ルロイ

    ポーランド立憲王国と旧リトアニア大公国の各地域で行われた、旧ポーランド=リトアニア共和国復活運動である対ロシア帝国1月蜂起が1864年にロシア軍によって残酷に鎮圧されるとポーランドにおけるロマン派の流れは衰退し、実証主義の時代となる。ポーランド実証主義文学者のうちで最も広く知られているのは『クオ・ヴァディス』(のちにマーヴィン・ルロイ監督によってアメリカのハリウッドで同名映画化)の作者ヘンリク・シェンキェヴィチと『農民』の作者ヴワディスワフ・レイモントという、2人のノーベル文学賞受賞者である。またこの時代は、当時のポーランド社会にたくさん存在したユダヤ人コミュニティーを中心にイディッシュ語文学も多く発表されるようになり、ブルーノ・シュルツやイツホク・レイブシュ・ペレツなどは多くの人気作品を遺した。ポーランド フレッシュアイペディアより)

851件中 81 - 90件表示

「ポーランド」のニューストピックワード