前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
182件中 1 - 10件表示
  • パンチアウト!!

    パンチアウト!!から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    『パンチアウト!!』は、任天堂が1980年代に発売したアーケードおよびファミリーコンピュータ(ファミコン)用ボクシングゲームである。ファミコン版には景品版と一般販売版がありタイトルは景品版は『パンチアウト!!』、一般販売版は最終対戦相手にマイク・タイソンを据えたことから『マイクタイソン・パンチアウト!!』となっている。後に景品版はWii、ニンテンドー3DS、Wii Uのバーチャルコンソールでも配信された。パンチアウト!! フレッシュアイペディアより)

  • イップ・マン 継承

    イップ・マン 継承から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    闇試合の黒幕はアメリカからきたデベロッパーのフランク(マイク・タイソン)。フランクは子供達の通う小学校の土地再開発を目論んでおり、手下の馬鯨笙(パトリック・タム)を使って学校に火をつけるなど過激な地上げ工作を繰り返した。地域と学校を守るため、葉問は弟子とともに自警のため奔走するが、一方で天志は大金の為に工作に荷担する仕事を引き受ける。そこへ馬が正と天志の息子ら小学校の子供達を誘拐した。天志の助けもあり無事に子供達を取り戻すことができたが、続いてフランクの送りだした刺客(サラット・カアンウィライ)に妻といるところを襲われる。イップ・マン 継承 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアXIV

    レッスルマニアXIVから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    メインイベントのWWF王座戦ではD-ジェネレーションXのテーマ曲を歌っているクリス・ウォーレン率いるDXバンドが生演奏を披露した。また、特別レフェリーとして元ボクシング世界王者のマイク・タイソンが出場した。レッスルマニアXIV フレッシュアイペディアより)

  • フロイド・メイウェザー・ジュニア

    フロイド・メイウェザー・ジュニアから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    近年は、ボクシング・アドバイザーのアル・ヘイモンを雇うようになって以来、スポーツ選手長者番付1位を獲得するなど大金を稼ぐスポーツアスリートとなっているが、購入した高級車や高級装飾品の自慢をしたり、現金を使った露骨なアピールをすることが多いため「Money(金の亡者)」と呼ばれている。以前は童顔な外見から「Pretty Boy(プリティーボーイ)」と呼ばれることが多かった。2014年頃からは「TBE(史上最高、The Best Everの略)」と自称しているが、ウラジミール・クリチコはこのことについて「周りの人々が王と呼ぶのであって、王が自分で『私は王だ』と言うもんじゃない。そうであるかは周りが決めるんだ」としている。また、メイウェザーが俺はモハメド・アリやシュガー・レイ・ロビンソンより優れていると発言したときには、アリ本人から「忘れるな、俺が最も偉大なんだ」と返され、マイク・タイソンからは「すごい妄想だな。奴はチンケで、臆病な男だ。とても小さな、臆病な男なんだ」と怒りをあらわにして批判された。フロイド・メイウェザー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • パウンド・フォー・パウンド

    パウンド・フォー・パウンドから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    しかし、もし体重差がなく、全階級の格闘家が同じ身長・体重で戦った場合誰が一番強いのか。つまり、パウンド・フォー・パウンドとは、体重差がない状態で全階級を通じて、どの格闘家が一番優れているのかを決めるときに用いられる言葉である。最重量級の選手がパウンド・フォー・パウンド最強にはなり難いとされているが、最重量級のヘビー級であるモハメド・アリやマイク・タイソン、エメリヤーエンコ・ヒョードルなどがパウンド・フォー・パウンド最強の有力候補として頻繁に名前が挙がっているため、その限りではない。パウンド・フォー・パウンド フレッシュアイペディアより)

  • 小林尊

    小林尊から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    同地のテレビチャンネル、FOXスポーツネットでは、マイク・タイソンやロジャー・フェデラーらと共に、「スポーツ界で最も恐れられている選手10人」に選出されており、また、スポーツ専門チャンネルESPNでは、マイケル・ジョーダン、ベーブ・ルースを抑えて「スポーツ史上もっとも支配的なアスリート」とされた。小林尊 フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2001年の反省を踏まえ、2002年に入るとチーム、トレーナーを一新。マイク・タイソンのセコンドを務めていたボクシング・トレーナーを解雇し、フランスの名ムエタイ選手だったステファン・ニキエマをトレーナーとして招聘し、2001年まではパンチとローキック主体だったファイトスタイルを、ムエタイテクニックを学び。新しいファイトスタイルに進化することに成功。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ウィリアムズ

    ダニー・ウィリアムズから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ダニー・ウィリアムズ(Danny Williams、男性、1973年7月13日 - )は、イギリスのプロボクサー。2004年にマイク・タイソンを破ったことで知られる。ダニー・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・タッカー

    トニー・タッカーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1987年8月1日、IBF世界王者としてWBA/WBC世界王者、マイク・タイソンとヘビー級史上初となる3団体世界王座統一戦に臨んだ。試合前のインタビューに対して、「鋭いジャブを持っているし、パンチ力もある。自分にも十分チャンスがある。」と語っていた。序盤から中盤にかけて、左のフックや左のアッパーなどのカウンターで、時折タイソンをたじろがせる見せ場があった。ただし、ジャブの打ち合いという観点では逆に、スピードを持ってステップインしながら、飛び込んで来るタイソンの方にむしろ分があった。試合後半、時折右腕を回してタイソンを挑発する等の観客を楽しませる見せ場を作ったりもしたが、結果的には12回判定0-3で敗れた。わずか64日間の短命ヘビー級王者となった。トニー・タッカー フレッシュアイペディアより)

  • ドノバン・ラドック

    ドノバン・ラドックから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ドノバン・ラドック(Donovan "Razor" Ruddock、男性、1963年12月21日 - )は、カナダ人のプロボクサー。ジャマイカ生まれ。身長191cm、リーチ208cm。アマチュア時代にはレノックス・ルイスを下した経験もある(プロでは雪辱された)。1991年に全盛時のマイク・タイソンと2度の死闘を繰りひろげたことで名を馳せた。フックとアッパーの中間パンチ、3クオーター気味から放つ左アッパー「スマッシュ」を武器に、ハードパンチャーとして人気があったが、世界王座には届かなかった。ドノバン・ラドック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
182件中 1 - 10件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード