前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示
  • パンチアウト!!

    パンチアウト!!から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    『パンチアウト!!』とは任天堂が1980年代に発売したアーケードおよびファミリーコンピュータ(ファミコン)用ボクシングゲームである。ファミコン版には景品版と一般販売版がありタイトルは景品版は『パンチアウト!!』、一般販売版は最終対戦相手にマイク・タイソンを据えたことから『マイクタイソン・パンチアウト!!』となっている。後に景品版はWiiのバーチャルコンソールで配信された。また、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールでも配信された。パンチアウト!! フレッシュアイペディアより)

  • パウンド・フォー・パウンド

    パウンド・フォー・パウンドから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    しかし、もし体重差がなく、全階級の格闘家が同じ体重で戦った場合誰が一番強いのか。つまり、パウンド・フォー・パウンドとは、体重差がない状態で全階級を通じて、どの格闘家が一番優れているのかを決めるときに用いられる言葉である。基本的にパウンド・フォー・パウンドとは軽量級の選手を評価するための概念と言えるため、最重量級の選手がパウンド・フォー・パウンド最強と評価されるのは難しい。しかし、最重量級のヘビー級であるモハメド・アリやマイク・タイソン、エメリヤーエンコ・ヒョードルなどがパウンド・フォー・パウンド最強の有力候補として頻繁に名前が挙がっている事実は、彼らの強さがいかに絶対的なものであるかを証明するものであると言える。パウンド・フォー・パウンド フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアXIV

    レッスルマニアXIVから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    メインイベントのWWF王座戦ではD-ジェネレーションXのテーマ曲を歌っているクリス・ウォーレン率いるDXバンドが生演奏を披露した。また、特別レフェリーとして元ボクシング世界王者のマイク・タイソンが出場した。レッスルマニアXIV フレッシュアイペディアより)

  • イベンダー・ホリフィールド

    イベンダー・ホリフィールドから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1990年代には常にパウンド・フォー・パウンドランキングの上位にランクされ、4度も世界ヘビー級チャンピオンのベルトを獲得した名選手。特にマイク・タイソンとの2度に渡るファイトは、様々な意味で歴史に残る伝説の激闘、名勝負として名高い。このホリフィールド対タイソンという構図は、今後永遠に語り継がれるであろうライバル関係であった。イベンダー・ホリフィールド フレッシュアイペディアより)

  • トニー・タッカー

    トニー・タッカーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    アマチュアボクシングでのトップクラスの実績引っさげ1980年にプロ入り。アマチュア仕込みのテクニックと195cmの長身を利したボクシングで、無敗のまま1987年にマイケル・スピンクスの王座剥奪で空位となっていたIBF世界ヘビー級王座を獲得した。空位の王座を争ったのは、後に東京ドームでマイク・タイソンに逆転KO勝ちという大番狂わせを起こすことになるジェームス・ダグラスだった。トニー・タッカー フレッシュアイペディアより)

  • ドノバン・ラドック

    ドノバン・ラドックから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ドノバン・ラドック(Donovan "Razor" Ruddock、男性、1963年12月21日 - )は、カナダ人のプロボクサー。ジャマイカ生まれ。身長191cm、リーチ208cm。アマチュア時代にはレノックス・ルイスを下した経験もある(プロでは雪辱された)。1991年に全盛時のマイク・タイソンと2度の死闘を繰りひろげたことで名を馳せた。フックとアッパーの中間パンチ、3クオーター気味から放つ左アッパー「スマッシュ」を武器に、ハードパンチャーとして人気があったが、世界王座には届かなかった。ドノバン・ラドック フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・セルドン

    ブルース・セルドンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ブルース・セルドン(Bruce Samuel Seldon、男性、1967年1月30日 - )は、アメリカ合衆国のプロボクサー。ニュージャージー州アトランティックシティ出身。身長187cm、リーチ198cm。1995年から1996年までWBAヘビー級のチャンピオンだった。ヘビー級としては小柄ながらもスピードに優れ、一時期「タイソン2世」とまで言われた。俳優の2パックが乗車中に射殺されたのは、セルドンがマイク・タイソンにTKO負けで敗れて王座を失った試合を観戦した帰り道でのことである。ブルース・セルドン フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・ウィリアムズ

    ダニー・ウィリアムズから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ダニー・ウィリアムズ(Danny Williams、男性、1973年7月13日 - )は、イギリスのプロボクサー。2004年にマイク・タイソンを破ったことで知られる。ダニー・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    K-1に対する熱意と愛情も人一倍深く熱いことでも知られている。1998年にプロボクシングに転向した際に、契約の問題等もあって干されてしまい、「試合が出来ず、ファイトマネーが稼げないから生まれてきたばかりの娘へのミルク代すら無い」と苦しんでいた所をK-1に救ってもらったことに対して恩義を感じており、「K-1は俺にとって皮膚みたいなもんだ。運命共同体なのさ。ファンとK-1のためなら俺の命を捧げる覚悟がある」と言い切る。その覚悟ゆえに、怪我などを抱えていたり、過密日程による過酷な連戦であってもK-1の興行を支えるために試合を受諾してしまうことがある。また、K-1の外敵に対して凄まじい闘争心を燃やしており、K-1ではなく極真を主戦場としているフィリォとペタスと対戦した際には試合前から尋常じゃない殺気を放って対抗心を露にしたり、「谷川モンスター路線(詳細は谷川貞治の項を参照)」の象徴的選手であるボブ・サップやチェ・ホンマンらに対しては、「アイツらはK-1を見世物小屋にしやがった。奴らは人間としては良い奴だが、ファイターとしては大嫌いだ」と嫌悪感を露にしていた。プロボクシング3団体統一世界ヘビー級王者マイク・タイソンのK-1参戦が浮上した時やK-1vsPRIDEなどの対抗戦が行われる際にはバンナは真っ先に「K-1代表としてどのルールでも戦う」と名乗り出ている。2000年に石井和義は「今のK-1では、バンナだけが試合用トランクスに"K-1"って刺繍を入れてる。バンナの頭の中には常に"バンナ=K-1"っていうのがあって、K-1が極真やPRIDEやプロレスやボクシングとかに絶対勝たなきゃいけないという気持ちを持ってるのはバンナ一人だけです。最もK-1を象徴するMr.K-1はアーツでもアンディ・フグでもホーストでもなくバンナですね」と語っている。また、K-1を主催するFEGのファイトマネー未払い問題については口を閉ざしてきたが、2010年大晦日の試合のファイトマネーが半年以上も経っても支払われないことに対して遂に我慢の限界に達し、「石井館長にはとても感謝しているし、尊敬している。しかしその後、ピエロのような人が現れた。いま、報道陣が笑ったように、それは谷川貞治だ。谷川は信頼できない。彼はタダのワラ人形、パペットだ。谷川を制裁するためにもIGFでアントニオ猪木さんと闘ってほしいね。谷川がいる限り、K-1には出ない!」と怒りを露にした。2011年8月24日のSアリーナに生出演した際には、「K-1には色々な問題が起きているが、何とか復活できたらまたK-1に参戦したい」とコメントした。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • タイレル・ビッグス

    タイレル・ビッグスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1987年3月7日、デビット・ベイと対戦。試合途中、左瞼(もしくは右瞼)をカットし、流血で苦戦する展開ながらも、TKO勝ち。マイク・タイソン vs. トニー・タッカー戦の勝者への挑戦権を得た。タイレル・ビッグス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード