145件中 91 - 100件表示
  • ダナ・ホワイト

    ダナ・ホワイトから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    MMAのパウンド・フォー・パウンドについては「アンデウソン・シウバこそが間違いなくパウンド・フォー・パウンド世界最強王者だ。彼は常に強敵と戦い続け、常に圧勝し続けている。ジョルジュ・サンピエールも素晴らしい王者だが、後にリベンジしたとはいえマット・セラに一度不覚を取ってしまったことがアンデウソンとの差だな。ヒョードルはパウンド・フォー・パウンドではない。UFCファイターは常に最高の相手と対戦しているが、ヒョードルは大抵ロシアのビュッフェにいる。彼が覚悟を決めて世界最高のファイターと対戦しない限り、彼をパウンド・フォー・パウンドと言っている連中は正気の沙汰じゃない」とコメントしている。しかし、2010年4月10日のUFC 112でアンデウソンが相手を圧倒しているにもかかわらず、相手に対しての度重なる挑発行為と、後半の消極的な試合運びに対して激怒し、「このビジネスを始めて10年になるが、これまでで最低の出来事だった。メインイベントの最中にアンデウソンのマネージャーにチャンピオンベルトを投げつけて帰ったのは初めてだ」「俺以上にアンデウソンを応援してきた人間はいない。ずっと彼をパウンド・フォー・パウンドだと言い続けてきたし、不甲斐ない試合をした時もサポートしてきた。才能があるならマイク・タイソンのように早く試合を終わらせてほしい」と怒りを露にし、「次のアンデウソンの試合はメインイベントではなく、アンダーカードにするかもしれない。もしアンデウソンがもう一度あんな試合をしたら彼が現役UFC世界ミドル級王者であろうとパウンド・フォー・パウンド王者であろうとも即座に解雇する」とまで発言している。ダナ・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • インファイト

    インファイトから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    相手をダウンさせることを目的とした戦法なので、しばし劇的な試合展開が望める。そのため得意とする選手には「マナッサの巨人殺し」と謳われたジャック・デンプシーや、パウンド・フォー・パウンド最強と目されたマイク・タイソンなど、ボクシングシーンを熱狂させるような魅せる存在も多い。しかし、リスキーな戦法で被弾率も高く、ボクサー生命を縮める場合もあり、完成されたアウトボクサー相手には判定で不利になることも多い。そのため固いガードやダッキングなどのデイフェンス技術や、的確かつ強力なブローを打つための技術が求められる。インファイト フレッシュアイペディアより)

  • ルスラン・チャガエフ

    ルスラン・チャガエフから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    アマチュアボクシングの確かなテクニックをベースにしたサウスポーのボクサー。体格や顔つきがマイク・タイソンと似ていることから「White Tyson(ホワイト・タイソン)」のニックネームを持っている。アマチュア時代にはウズベキスタン代表として1996年のアトランタオリンピックと2000年のシドニーオリンピックに出場経験を持つ。ルスラン・チャガエフ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・グラヴェセン

    トーマス・グラヴェセンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1998年8月19日、チェコとの親善試合(0-1)でデンマーク代表デビューした。2000年にはブー・ヨハンソン(Bo Johansson)監督によって「精神の安定を欠いている」と指摘されたが、UEFA欧州選手権2000の出場メンバーに選ばれた。エヴァートンFC在籍中はモアテン・オルセン監督がグラヴェセンを手厚く支え、2002 FIFAワールドカップやUEFA欧州選手権2004ではデンマーク代表の中心選手のひとりとしてプレーしている。2002 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のアイスランド戦(6-0)では代表初得点を含む2得点を奪い、ボクサーのマイク・タイソンがデンマーク滞在中にグラヴェセンのユニフォームを着て過ごしたほどの強い印象を与えた。日本と韓国で共催された2002 FIFAワールドカップでは中盤でスティグ・テフティン(Stig Tøfting)とコンビを組んで全4試合に出場し、デンマーク代表の中の最優秀選手に選ばれた。練習中にはふたりで示し合わせてチームメイトのイェスパー・グレンケアをからかい、その悪童ぶりを証明している。UEFA欧州選手権2004本大会では、予選から続いた出場停止処分のためにグループリーグ最初の1試合を欠場したが、残りの3試合にはすべて出場した。2006年9月、セルティックFCでのプレーに専念するために代表から引退することを発表した。トーマス・グラヴェセン フレッシュアイペディアより)

  • 最終絶叫計画4

    最終絶叫計画4から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    『THE JUON/呪怨』、『宇宙戦争』がベースとなっており、その間に『ヴィレッジ』や『ミリオンダラー・ベイビー』が間に挟まれ、『ソウ』が物語の結末の場面になり、それぞれの話が上手にリンクしている。 小ネタとしては『華氏911』や『ブロークバック・マウンテン』など。また、映画以外ではトム・クルーズのテレビ番組での奇行やマイク・タイソンによる“耳噛み切り事件”もパロディ化されている。最終絶叫計画4 フレッシュアイペディアより)

  • 幕之内一歩

    幕之内一歩から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ボクシングスタイルのモデルは複数いるがマイク・タイソン系と、作者は述べている。連載初期には浜田剛史がモデルと答えていた。幕之内一歩 フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・デッカー

    ラモン・デッカーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    生ける伝説デッカーは、キックボクシングおよびムエタイで、8度も世界王者に輝いた。格闘王国オランダが生んだキックボクシング界の至宝と呼ばれ、ボクシングにおけるマイク・タイソンやバスケットボールにおけるアレン・アイバーソンやサッカーにおけるディエゴ・マラドーナのような爆発的なスタイルのカリスマな存在と評され、彼に憧れる選手は多い。ラモン・デッカー フレッシュアイペディアより)

  • 谷川貞治

    谷川貞治から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1. マイク・タイソンをK-1のリングに上げる(→2010年現在までタイソンの参戦は無く、2006年にはタイソンが逮捕されている)谷川貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 6月28日

    6月28日から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1997年 - ボクシングのマイク・タイソン対イベンダー・ホリフィールド戦。第3ラウンドでタイソンがホリフィールドの耳を噛み切り反則負けに。6月28日 フレッシュアイペディアより)

  • 本田明彦

    本田明彦から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    日本テレビ・電通とのタイアップで全盛期のマイク・タイソンを2度招聘し、東京ドームでWBA・WBC統一世界ヘビー級タイトルマッチを開催。本田明彦 フレッシュアイペディアより)

145件中 91 - 100件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード