182件中 91 - 100件表示
  • イップ・マン 葉問

    イップ・マン 葉問から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    過去何度も制作についての噂が取り沙汰されていたパート3の『イップ・マン 継承』であるが、ウィルソン・イップ監督、ドニー・イェン主演で2015年12月に香港はじめアジア、イギリス、ニュージーランド、アメリカなどで公開された。日本では2017年4月22日公開。前2作のサモ・ハンに代わり、この続編ではユエン・ウーピンがアクション監督を務め、引き続きリン・ホン、新たにマックス・チャンや元プロボクサーでWBC世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンが出演、また当初CGIで登場すると発表されたブルース・リーについては、最終的に香港の俳優ダニー・チャンが演じている。音楽については1作目から担当している川井憲次が続投した。イップ・マン 葉問 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・マイケルズ

    ショーン・マイケルズから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    この頃から長年に渡るハードな受身が災いし、持病の椎間板ヘルニアが悪化。そうした中、ロイヤルランブルでジ・アンダーテイカーを相手に棺桶戦を行い、王座防衛こそしたがケガはよくならず、様々な治療やリハビリを試みたがこの時点では回復は困難と見られ、1998年3月29日、レッスルマニアXIVでのWWF世界ヘビー級王座を賭けたストーン・コールド・スティーブ・オースチン戦を最後に一度は引退した。なおストーリー上では、DXに加入して試合の特別立会人を務めたマイク・タイソンが、試合中にショーンを裏切りオースチンの勝利をアシスト、試合後にショーンがタイソンを問い詰めて張り手を放つも、タイソンから反撃のフックを浴びてKOされ、そのダメージが原因で離脱という形になった。ショーン・マイケルズ フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・セサール・チャベス

    フリオ・セサール・チャベスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1984年から1989年にかけて世界タイトル3階級を制覇。最多世界戦出場数37、1試合に於ける観客動員数13万人、歴代3位となる88連勝、デビュー戦以来90戦無敗(1引き分けを含む)などボクシング史における数々の記録を打ちたて、更に全盛期には、類い希なるタフネスとスタミナを武器に完璧な強さを誇り絶大なる人気を得た。ロベルト・デュラン、アレクシス・アルゲリョらと並び、ラテンアメリカのボクシング界を代表するスーパースター。1990年代前半、マイク・タイソン低迷後のボクシング・シーンにおいて数々のビッグマッチで活躍し、パウンド・フォー・パウンドの称号を思いのままにした。フリオ・セサール・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・ティリス

    ジェームス・ティリスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    マイク・タイソンの連続KO記録を阻止した。ニックネームの通り、動きは速く軽快で、鋭いジャブを持っており、パンチ力もある。ジェームス・ティリス フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園ホール

    後楽園ホールから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    特に日本で行われるプロボクシングの試合は4回戦から世界戦まで多くを行われ、一年のうち全国で行われる試合数の半分が後楽園ホールで行われているという。全盛期には休日に一日で昼と夜の二回興行が行われることも多かった。世界戦は基本的に収容人数1万人前後の大会場(都内では日本武道館、両国国技館、有明コロシアム、代々木第一体育館など)を使用するが、後楽園ホールでも初の世界戦として1970年8月23日のWBA世界ジュニアライト級王者小林弘の5度目の防衛戦となるアントニオ・アマヤ戦が決行されて以来、2012年3月まで55試合開かれている。女子の世界戦は大半が後楽園ホール開催となる。全日本新人王決定戦(東日本新人王決定戦も)なども毎年開催されている。日本プロボクシングにおける重要な会場としているため、引退セレモニーはタイトル獲得者あるいは功労者と認められた選手のみと規定されている。試合ではないが、モハメド・アリやマイク・タイソンの公開スパーリングにも使用された。『あしたのジョー』や『はじめの一歩』など漫画作品の作中にも数多く登場している。後楽園ホール フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・アラム

    ボブ・アラムから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    マイク・タイソンを育て上げた名トレーナーのカス・ダマトは「西半球で最低な男」と罵倒するほどアラムを忌み嫌っていた。また、シュガー・レイ・レナードの専属マネージャーだったマイク・トレーナー弁護士は、レナードの世界初挑戦の際に、王座獲得の場合に行う防衛戦で格安の専属契約を押し付けられそうになった(トレーナーは交渉の末、これを拒否)件をきっかけに、アラムを毛嫌いしていた。ボブ・アラム フレッシュアイペディアより)

  • クリスティ・マーチン

    クリスティ・マーチンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    「タフ・ウーマン・コンテスト」(アマチュア大会)での活躍がドン・キングの目に留まり、1989年9月9日に21歳でプロデビュー。その美貌から注目を集め、マイク・タイソンらの世界タイトルマッチの前座を務めるなど(日本でもWOWOWで放送される事があった。)、アメリカ女子ボクシングのパイオニアとして活躍した。クリスティ・マーチン フレッシュアイペディアより)

  • ペイ・パー・ビュー

    ペイ・パー・ビューから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1995年、HBOと並びアメリカの2大ボクシング放送局であるSHOWTIMEが、マイク・タイソンのキャリア後期からPPV放送に参入。ペイ・パー・ビュー フレッシュアイペディアより)

  • THE MOMOTAROH

    THE MOMOTAROHから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    バカオニ兄弟の三男。元ボクシングのヘビー級世界ランカーであり、マイク・タイソンに挑戦するが、逃げられてしまい、長兄トムの勧めによりレスラーに転向した。THE MOMOTAROH フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・ガヌー

    フランシス・ガヌーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    尊敬する人物としてマイク・タイソンを挙げている。フランシス・ガヌー フレッシュアイペディアより)

182件中 91 - 100件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード