145件中 11 - 20件表示
  • ジェームス・ダグラス

    ジェームス・ダグラスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1990年2月11日、東京ドームで当時無敗のWBA・WBC・IBF世界ヘビー級王者マイク・タイソンからKO勝ちで王座を奪取した。ジェームス・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ホームズ

    ラリー・ホームズから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    モハメド・アリの引退後、マイク・タイソン台頭までの、1970年代末期から1980年代前半、いわゆる「ポスト・アリ」時代に最盛期を迎え、ヘビー級で長期政権を築いた。アリの人気にあやかろうとした面があり、アリのスタイルを模して軽快なフットワークをアピールしたが、実のところは中間距離での足を止めての強打、好機に見せる正確で強い「詰め」の連打が本来の持ち味であった。ラリー・ホームズ フレッシュアイペディアより)

  • カス・ダマト

    カス・ダマトから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    フロイドとホセの二人の世界チャンピオンを育てあげ、名伯楽としての世界的な名声を手にした晩年は、半ば隠居生活を送っていたが、1979年に知人の少年院ボクシング担当教官ボビー・スチュワートから、更生プログラムの一つだったボクシングを受けていた12歳のマイク・タイソンを紹介される。タイソンの桁外れの才能に「世界チャンピオンになれる男」と確信するほどに惚れ込む。1983年にタイソンの母親が亡くなり、16歳のタイソンを託される。以後、ダマトはタイソンの法的保護者になる。カス・ダマト フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム

    東京ドームから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1990年2月11日、ボクシング・世界ヘビー級タイトルマッチにおいて当時王者だったマイク・タイソンがジェームス・ダグラスにKOで敗れる。東京ドーム フレッシュアイペディアより)

  • マイクタイソン

    マイクタイソンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    マイクタイソン フレッシュアイペディアより)

  • グリーソンズ・ジム

    グリーソンズ・ジムから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    このジムからはモハメド・アリ、ロベルト・デュラン、マイク・タイソンら多数の名世界王者を生み出し、米国における名門ジムとしてその名を馳せている。また、国外の多くのボクサーが合宿などで使用している。グリーソンズ・ジム フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・ティリス

    ジェームス・ティリスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    マイク・タイソンの連続KO記録を阻止した。ニックネームの通り、動きは速く軽快で、鋭いジャブを持っており、パンチ力もある。ジェームス・ティリス フレッシュアイペディアより)

  • ミッチ・ハルパーン

    ミッチ・ハルパーンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    以来、マイク・タイソン、レノックス・ルイス、オスカー・デ・ラ・ホーヤらビッグマッチのレフェリーを務め、世界戦だけでも87戦にも上る。ミッチ・ハルパーン フレッシュアイペディアより)

  • クリスティ・マーチン

    クリスティ・マーチンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    「タフ・ウーマン・コンテスト」(アマチュア大会)での活躍がドン・キングの目に留まり、1989年9月9日に21歳でプロデビュー。マイク・タイソンらの世界タイトルマッチの前座を務めており(日本でもWOWOWで放送される事があった。)、アメリカ女子ボクシングのパイオニアとして活躍している。クリスティ・マーチン フレッシュアイペディアより)

  • シュグ・ナイト

    シュグ・ナイトから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ストリートギャングのブラッズ出身で、敵対レーベルへの暴行、2パックやノトーリアス・B.I.G.の殺害事件への関与等、黒い噂は絶えない。ショーン・コムズを中心としたバッド・ボーイ・エンターテインメントと敵対関係にあった。1996年9月7日、マイク・タイソンの試合観戦後、何者かに銃撃され同行していた2パックは死亡、シュグ・ナイトも怪我を負った。2005年8月28日にはマイアミのナイトクラブで銃撃された。シュグ・ナイト フレッシュアイペディアより)

145件中 11 - 20件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード