182件中 11 - 20件表示
  • ジェームス・ダグラス

    ジェームス・ダグラスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1990年2月11日、東京ドームで当時無敗のWBA・WBC・IBF世界ヘビー級王者マイク・タイソンからKO勝ちで王座を奪取した。ジェームス・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・セルドン

    ブルース・セルドンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ブルース・セルドン(Bruce Samuel Seldon、1967年1月30日 - )は、アメリカ合衆国の男性プロボクサー。ニュージャージー州アトランティックシティ出身。身長187cm、リーチ198cm。第24代WBA世界ヘビー級王者。ヘビー級としては小柄ながらもスピードに優れ、一時期「タイソン2世」とまで言われた。俳優の2パックが乗車中に射殺されたのは、セルドンがマイク・タイソンにTKO負けで敗れて王座を失った試合を観戦した帰り道でのことだった。ブルース・セルドン フレッシュアイペディアより)

  • タイレル・ビッグス

    タイレル・ビッグスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1987年3月7日、デビット・ベイと対戦。試合途中、左瞼(もしくは右瞼)をカットし、流血で苦戦する展開ながらも、TKO勝ち。マイク・タイソン vs. トニー・タッカー戦の勝者への挑戦権を得た。タイレル・ビッグス フレッシュアイペディアより)

  • カス・ダマト

    カス・ダマトから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    パターソンとトーレスの二人の世界チャンピオンを育てあげ、名伯楽としての世界的な名声を手にした晩年は、半ば隠居生活を送っていたが、1979年に知人の少年院ボクシング担当教官ボビー・スチュワートから、更生プログラムの一つだったボクシングを受けていた13歳のマイク・タイソンを紹介される。タイソンの桁外れの才能に「世界チャンピオンになれる男」と確信するほどに惚れ込む。1983年にタイソンの母親が亡くなり、16歳のタイソンを託される。以後、ダマトはタイソンの法的保護者になる。カス・ダマト フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ホームズ

    ラリー・ホームズから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    モハメド・アリの引退後、マイク・タイソン台頭までの、1970年代末期から1980年代前半、いわゆる「ポスト・アリ」時代に最盛期を迎え、ヘビー級で長期政権を築いた。アリの人気にあやかろうとした面があり、アリのスタイルを模して軽快なフットワークをアピールしたが、実のところは中間距離での足を止めての強打、好機に見せる正確で強い「詰め」の連打が本来の持ち味であった。ラリー・ホームズ フレッシュアイペディアより)

  • ドン・キング

    ドン・キングから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    マイク・タイソンやモハメド・アリ、イベンダー・ホリフィールド、ラリー・ホームズ等、ヘビー級トップボクサーのビックマッチを手がけたり、実現しても王座が剥奪される事がある統一戦において、ヘビー級統一トーナメントやミドル級変速統一トーナメントや史上初めて全ての試合が世界タイトルマッチになった8大タイトルマッチを実現させるなどボクシング興行における立役者であり、やり手のプロモーターだった。その一方でマフィアと繋がりがあるとの噂や、契約違反やファイトマネーを搾取しているとして提訴されるなど、契約選手及び、そのマネージャーとの金銭トラブルが絶えることがなかったため関係者からの評判は悪い。ドン・キング フレッシュアイペディアより)

  • ロンダ・ラウジー

    ロンダ・ラウジーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    マイク・タイソンはロンダ・ラウジーの大ファンであると公言し、「ロンダ・ラウジーは30年前の全盛期の俺みたいだ」と絶賛している。ロンダ・ラウジー フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トランプ

    ドナルド・トランプから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1980年代にはスティーヴン・スピルバーグやマイク・タイソンといったセレブリティが入居しており、現在もビル・ゲイツ、ハリソン・フォード、ビヨンセなどの有名人が住む。ミス・ティーンUSA、ミスUSA、ミス・ユニバースの優勝者が共同生活していることでも有名である。ドナルド・トランプ フレッシュアイペディアより)

  • マイクタイソン

    マイクタイソンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    マイクタイソン フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・カティナス

    ラウル・カティナスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    スーパーヘビー級としては身長が低いながらもがっしりとした体格を活かして前へ出て相手にプレッシャーをかけながら剛腕パンチを連打する豪快なファイトスタイルが特徴のハードパンチャーであり、マイク・タイソンとファイトスタイルが似ているため、タイソンと同じ「Iron(鉄人)」の異名を持つ。ラウル・カティナス フレッシュアイペディアより)

182件中 11 - 20件表示