182件中 41 - 50件表示
  • テリー・エティム

    テリー・エティムから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2006年3月18日、WCFCでのディエゴ・ゴンザレス戦では、元プロボクサーのマイク・タイソンがレフェリーを務めた。テリー・エティム フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のスポーツ

    1966年のスポーツから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    6月30日 - マイク・タイソン(アメリカ、ボクシング)1966年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 井上一馬

    井上一馬から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    タイソンはなぜ耳を噛み切ったのか 小学館文庫 1998井上一馬 フレッシュアイペディアより)

  • リングマガジン ノックアウト・オブ・ザ・イヤー

    リングマガジン ノックアウト・オブ・ザ・イヤーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2002年 - レノックス・ルイス vs. マイク・タイソン(2002年6月8日)リングマガジン ノックアウト・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤー

    リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1990年 - ジェームス・ダグラス vs. マイク・タイソン(1990年2月11日)リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • エリカ・ファリアス

    エリカ・ファリアスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    エリカ・アナベラ・ファリアス(Erica Anabella Farias、1984年7月13日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のプロボクサーである。第4代WBC女子世界ライト級王者。第5代WBC女子世界スーパーライト級王者。ニックネームは「女マイク・タイソン」。エリカ・ファリアス フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・デッカー

    ラモン・デッカーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    生ける伝説デッカーは、キックボクシングおよびムエタイで、8度も世界王者に輝いた。格闘王国オランダが生んだキックボクシング界の至宝と呼ばれ、ボクシングにおけるマイク・タイソンやバスケットボールにおけるアレン・アイバーソンやサッカーにおけるディエゴ・マラドーナのような爆発的なスタイルのカリスマな存在と評され、彼に憧れる選手は多い。ラモン・デッカー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のボクシング中継

    アメリカ合衆国のボクシング中継から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1980年代全般から1990年代初頭にかけて、地上波でのボクシング中継は土曜日の午後の定番であった。しかし1990年代には地上波のボクシング離れが進み、マイク・タイソンの時代も終焉を迎えていた。主なスポーツメディアの多くがボクシングの報道を大幅に減らし、テレビ関係者はヘビー級よりも軽い階級に関心を移すようになった。この頃は主にスペイン語チャンネルのテレムンドとテレフトゥーラ(現在の)が定期的なボクシング中継を担い、これらのチャンネルは特に南西部や西部の若手選手が主要なケーブルテレビへ進出するまでの足がかりとなっていた。アメリカ合衆国のボクシング中継 フレッシュアイペディアより)

  • バタービーン

    バタービーンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    同年6月26日、マイク・タイソンやマイク・ベルナルドなどと試合経験があるピーター・マクニーリーと対戦し、1RTKOで下した。2002年7月27日には、元IBF&WBC世界ヘビー級王者のラリー・ホームズの引退試合の対戦相手を務める。10Rにホームズをダウン(ただしスリップ気味)させる健闘を見せたが、大差で判定負けした。バタービーン フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアX8

    レッスルマニアX8から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    今大会でもっとも注目された一戦は、第9試合で行われたザ・ロック対ハルク・ホーガンであった。1993年以来、約9年ぶりに古巣のWWFに復帰したかつての大エース・ホーガンと、現エースであったロックとの新旧スーパースター対決は、「ICON vs ICON(象徴vs象徴)」「モハメド・アリvsマイク・タイソン」「ベーブ・ルースvsバリー・ボンズ」などと様々な形で比喩され、大いに注目を集めた。レッスルマニアX8 フレッシュアイペディアより)

182件中 41 - 50件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード