145件中 61 - 70件表示
  • マイケル・スティール

    マイケル・スティールから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    スティールは1958年10月19日にメリーランド州のアンドルーズ空軍基地で生まれた。幼少期をワシントンD.C.の北西地区にあるペットワースで過ごす。彼は妹のモニカとともに母のメーベル・ターナーと継父のジョン・ターナーによって育てられた。なお、モニカはボクシングの元ヘビー級チャンピオンであるマイク・タイソンと結婚し、後に離婚した。マイケル・スティール フレッシュアイペディアより)

  • 千代田ビデオ

    千代田ビデオから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1988年 - 東京ドームの「世界ヘビー級ボクシング(マイク・タイソンVSトニー・タップス)」をアメリカへ生中継千代田ビデオ フレッシュアイペディアより)

  • デリック・ホワイト

    デリック・ホワイトから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    マイク・タイソンに似ていることから「トラのタイソン」というニックネームが付いた。デリック・ホワイト フレッシュアイペディアより)

  • ホアン・グズマン

    ホアン・グズマンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ホアン・グズマン(Joan Guzman、男性、1976年5月1日 - )は、ドミニカ共和国のプロボクサー。サントドミンゴ出身。元WBO世界スーパーフェザー級王者。元WBO世界スーパーバンタム級王者。バンタム級時代のファイトスタイルは、試合序盤から積極的に猛攻撃をしかけ威力あるパンチを振り回すファイタータイプであり、また、顔つきがマイク・タイソンを彷彿とさせることから「The little Tyson(小さなタイソン) 」の異名を持っていた。ホアン・グズマン フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ブルーノ

    フランク・ブルーノから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1988年2月25日、統一(WBA・WBC・IBF)世界ヘビー級王者マイク・タイソン()に挑戦し、5回TKO負けで王座獲得ならず。フランク・ブルーノ フレッシュアイペディアより)

  • ショムニ (テレビドラマ)

    ショムニ (テレビドラマ)から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    入社当初は宣伝部に配属されていたが、協調性はゼロ。なおかつ、経費を湯水の様に使う問題社員だったが、実力はピカイチでやがて一目置かれるようになった。「頑張っているね、坪井君。」と褒め、尻を触った当時の部長に、マイク・タイソン張りの鉄拳パンチを喰らわせたため、庶務二課に飛ばされたが、持ち前の口の悪さと自己中心的な発想で庶務二課を自分勝手な課に育て上げる。ショムニ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 頑丈人間スパルタカス

    頑丈人間スパルタカスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    「W」と書かれたマスクを被る元力士や「N」と書かれたマスクを被る元女性テニスプレーヤー、「M」と書かれたマスクを被る元プロボクサーなど。内輪もめの際に互いの素性を暴露するやり取りが多く、折角のマスクが役に立っていない。頑丈人間スパルタカス フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    8月1日 - マイク・タイソン、IBFヘビー級王者トニー・タッカーを破り、3団体統一チャンピオンに1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • D-ジェネレーションX

    D-ジェネレーションXから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1997年9月28日に開催されたWWF One Night Onlyでのショーン・マイケルズとブリティッシュ・ブルドッグの対戦時にマイケルズがトリプルH、チャイナを引き連れて登場したのがDXの始まりである。翌日のRAWでリック・ルードが保険屋として加入。基本的にはこの4人が第一次D-Generation Xのメンバーであるが、ルードは同年11月にWCWへ移籍するためにすぐ離脱している。結成後すぐにハート・ファウンデーションとの抗争を開始。その後WWFのスーパースターからアナウンサーに至るまでありとあらゆる登場人物を馬鹿にするおちゃらけなパフォーマンスから、元はヒールのユニットであったはずのDXはベビー的な人気を獲得。その人気から12月7日に開催されたIn Your Houseの大会名でもD-Generation Xが使われた。1998年3月2日のRAWでプロボクサーのマイク・タイソンがDX加入を表明。タイソンは同年3月29日に開催されるWrestleMania XIVでのマイケルズとストーン・コールド・スティーブ・オースチンのWWF王座戦の特別立会人(厳密には特別レフェリーではない)を務めることが決定。しかし当日の試合ではオースチンのフォールにタイソンが勝手に3カウントを入れてオースチンのWWF王座奪取をアシスト。試合後マイケルズはタイソンに詰め寄るが強烈なフックを浴びせられてダウンしてしまう。この一連のストーリーはマイケルズが以前から蓄積されていた深刻な腰痛のために長期欠場を余儀なくされたという背景があり、この試合を最後にマイケルズはしばらくWWFからフェードアウトすることになる。ストーリー的にはタイソンのフックによるダメージのために欠場とされた。D-ジェネレーションX フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ボビッシュ

    ダン・ボビッシュから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    かつては2年間、マイク・タイソンのボディーガード兼スパーリングパートナーを務めていた。ダン・ボビッシュ フレッシュアイペディアより)

145件中 61 - 70件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード