145件中 71 - 80件表示
  • ハトのおよめさん

    ハトのおよめさんから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    自らの店を構えるおもちゃ職人のおじさん。ただ彼の作るオモチャはほとんどがパクリ。店の名前は「オモチャのRainbow」。由来は自分の好きなハードロックバンドから。物腰柔らかい温厚な性格だが、自分の容姿のことを悪く言われるとキレる。ハトよめ曰く「タイソン級の手刀」。ちなみに何の動物なのかは不明。ハトのおよめさん フレッシュアイペディアより)

  • アルフレッド・エイヤー

    アルフレッド・エイヤーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    エイヤーは、アメリカでも数度にわたり講義を行っており、それには1987年秋のバード大学での客員教授としてのものなどがある。同じ年、ファッションデザイナーのフェルナンド・サンチェスが開いたパーティーで、エイヤーは、当時77歳だったが、ナオミ・キャンベルにネチネチと性的な嫌がらせをしているマイク・タイソンに出会った。エイヤーが、タイソンにそれを止めるように言った所、タイソンは、「俺に説教を垂れようというお前は何者だ? 俺はヘビー級の世界チャンピオンだぞ」といい、エイヤーは「私は、前ウェイクハム論理学教授だ。我々は、2人ともそれぞれの分野の世界的著名人なんだぞ。私は、こういうことについては話の分かる人間らしく語り合った方がいいと思うんだがね。」と答えた(以下の参考文献、ロジャーズのものを参照のこと、p.344)。エイヤーとタイソンはお喋りを始め、ナオミ・キャンベルはその間にその場を離れた。アルフレッド・エイヤー フレッシュアイペディアより)

  • テリー・エティム

    テリー・エティムから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2006年3月18日、WCFCでのディエゴ・ゴンザレス戦では、元プロボクサーのマイク・タイソンがレフェリーを務めた。テリー・エティム フレッシュアイペディアより)

  • フロイド・メイウェザー・ジュニア

    フロイド・メイウェザー・ジュニアから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2007年5月5日、オスカー・デ・ラ・ホーヤ(アメリカ)との「世紀の一戦」を2-1の12回判定で下し、WBC世界スーパーウェルター級王座獲得。シュガー・レイ・レナード、トーマス・ハーンズ、オスカー・デ・ラ・ホーヤに次ぐ、史上4人目の5階級制覇王者となった。なお、一つの団体だけで5階級の王座を獲得したのはメイウェザーが初めてである。また、全勝のまま5階級制覇達成も史上初の快挙である。その後、スーパーウェルター級王座を返上し、ウェルター級王座を保持する形となった。この試合は1億2000万ドル以上の興行収益を生み出し、ゲート収入は1900万ドル以上で、イベンダー・ホリフィールド対レノックス・ルイス戦の再戦の際のゲート収入最多記録を更新。この試合はHBOによってPPV生中継され、約240万件のPPV売り上げを記録した。これはイベンダー・ホリフィールド対マイク・タイソンの再戦の際の約199万件を更新する史上最多の売り上げである。メイウェザーは3,500万ドルのファイトマネーを獲得した。フロイド・メイウェザー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • レイ・マーサー

    レイ・マーサーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2002年1月19日、マイク・タイソンとの対戦が予定されていたが実現せず。レイ・マーサー フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・カティナス

    ラウル・カティナスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    スーパーヘビー級としては身長が低いながらもがっしりとした体格を活かして前へ出て相手にプレッシャーをかけながら剛腕パンチを連打する豪快なファイトスタイルが特徴のハードパンチャーであり、マイク・タイソンとファイトスタイルが似ているため、タイソンと同じ「Iron(鉄人)」の異名を持つ。ラウル・カティナス フレッシュアイペディアより)

  • O・J・シンプソン事件

    O・J・シンプソン事件から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    アラン・ダーショヴィッツ(ハーバード大学憲法学者『マイク・タイソン強姦事件担当』)O・J・シンプソン事件 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・サップ

    ボブ・サップから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2003年8月15日、K-1 WORLD GP 2003 in ラスベガスでキモと対戦、2R1分11秒右フックでKO勝ち。試合終了後、マイク・タイソンを挑発した。ボブ・サップ フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    その場所は2勝5敗と負け越しはしたものの、翌11月場所・1988年(昭和63年)1月場所と2場所連続して5勝2敗の好成績を挙げ、3月場所に十両に昇進した。1場所で幕下に陥落したが、同年9月場所に再び十両に昇進すると十両に定着。その後は順調に番付を上げて行き、1989年(平成元年)5月場所に幕内に昇進した。小柄な体から繰り出される、速攻の突き・押しの取り口から「F1相撲」と評された。これに因んだか、『風のエール』という応援歌も作られている。このほか「角界のマイク・タイソン」と評した力士もいた。又、若貴兄弟に強い時期は若貴キラーとも呼ばれていた。1990年(平成2年)5月場所には横綱北勝海を破り初金星をあげ初の三賞となる敢闘賞を獲得。翌7月場所では東前頭筆頭で横綱千代の富士、大関北天佑を破るなど9勝6敗で初の殊勲賞獲得。9月場所で小結に昇進し初日に北勝海を破るなど9勝6敗と勝ち越し、2場所連続2度目の殊勲賞を獲得した。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルマニアX8

    レッスルマニアX8から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    今大会でもっとも注目された一戦は、第9試合で行われたザ・ロック対ハルク・ホーガンであった。1993年以来、約9年ぶりに古巣のWWFに復帰したかつての大エース・ホーガンと、現エースであったロックとの新旧スーパースター対決は、「ICON vs ICON(象徴vs象徴)」「モハメド・アリvsマイク・タイソン」「ベーブ・ルースvsバリー・ボンズ」などと様々な形で比喩され、大いに注目を集めた。レッスルマニアX8 フレッシュアイペディアより)

145件中 71 - 80件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード