182件中 71 - 80件表示
  • 山際淳司

    山際淳司から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ホセ・トーレス著 『ビッグファイト、ビッグマネー:マイク・タイソン「拳の告白」』(竹書房, 1990年) ISBN 978-4884750671山際淳司 フレッシュアイペディアより)

  • レノックス・ルイス

    レノックス・ルイスから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2001年4月22日、南アフリカでハシーム・ラクマン(米国)と対戦し、5回KO負け。3団体の世界王座を一気に手放したが、11月17日、ラクマンと再戦し4回KO勝ち。王座奪回に成功する。2002年6月8日の初防衛戦では元統一世界王者マイク・タイソン(米国)と対戦し8回KO勝ち。その後、9月5日付けでIBF王座返上。レノックス・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • ドライビール

    ドライビールから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1988年2月23日、『サントリードライ』を発売。販売数量は1988年1300万ケース、1989年750万ケース。差別化戦略としてアルコール度数を5.5%に高めた『サントリードライ5.5』も発売し、CMにボクサーのマイク・タイソンを起用したことが話題になった。販売数量は1988年200万ケース。その一方『モルツ』のCMでは「私はドライではありません」と謳っていた。1989年には二条大麦と六条大麦のダブルモルトを使用した麦芽100%ドライの『冴』を発売し、こちらは和風のイメージで差別化を図った。ドライビール フレッシュアイペディアより)

  • キングダム (プロレス団体)

    キングダム (プロレス団体)から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1997年5月4日、国立代々木競技場第2体育館で旗揚げ戦を開催。田村潔司を除くUインターのほとんどの選手の受け皿となりUインターの系譜を引き継いだ。しかし肝心の興行の目玉となるUインターのエースだった高田延彦は正式には参加せずエキシビションでの登場とテレビ放送での解説でかつての仲間をサポートするにとどまった。高田が参加しなかったのはヒクソン・グレイシーとの対戦の準備(一説にはマイク・タイソンとの対戦の交渉)に専念することと潰れたUインターの選手で再発足することに疑問を感じたこととUインターで興行の運営にタッチすることに懲りたことなどを理由に挙げている。キングダム (プロレス団体) フレッシュアイペディアより)

  • ホアン・グズマン

    ホアン・グズマンから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    ホアン・グズマン(Joan Guzman、男性、1976年5月1日 - )は、ドミニカ共和国のプロボクサー。サントドミンゴ出身。第12代WBO世界スーパーバンタム級王者。第13代WBO世界スーパーフェザー級王者。バンタム級時代のファイトスタイルは、試合序盤から積極的に猛攻撃をしかけ威力あるパンチを振り回すファイタータイプであり、また、顔つきがマイク・タイソンを彷彿とさせることから「The little Tyson(小さなタイソン) 」の異名を持っていた。ホアン・グズマン フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・ディアス (ボクサー)

    フェリックス・ディアス (ボクサー)から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2014年4月18日、マイク・タイソン率いるアイロン・マイク・プロダクションズと契約を結び、ペンシルベニア州モンロービルのコンベンション・センターでエマヌエル・ラルテイ・ラーティとウェルター級8回戦を行い、2-1(2者が77-75、75-77)の判定勝ち。フェリックス・ディアス (ボクサー) フレッシュアイペディアより)

  • リオデジャネイロオリンピックにおけるボクシング競技

    リオデジャネイロオリンピックにおけるボクシング競技から見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    2016年6月1日、国際ボクシング協会 (AIBA) は、臨時総会で賛成88票、反対0票、棄権4票という圧倒的な支持でプロ選手のオリンピック参加解禁を決定した。リオオリンピックで実施される28競技のうちプロ選手の参加を認めていないのはボクシングだけという事情もあり、「オリンピックにトップ選手を出場させてこそ、本当の戦いが見られる」というAIBAの呉経国会長の主張が受け入れられた形になった。しかしプロ側はこの決定に大きな反発を見せた。大物プロモーターのボブ・アラムはプロとアマが対戦すれば「冗談じゃないくらいの大けがにつながる」と実力差のある対戦によって事故が起こることを危惧し、「狂気の沙汰だ」と批判をした。またアラムは、リオオリンピック本番の2カ月前の6月にプロ解禁が決定したことを問題視し「あいつら狂っているんじゃないのか」と憤慨、「AIBAは競技のすべてを牛耳りたいんだ。プロボクシングが大金を生むことに気づいたのだろう」と背景に大金を稼ぐプロを招くことによって、そのおこぼれにあずかりたいという考えがあると指摘し、AIBAはアマに留まるべきだと懸念を示した。プロ選手からも、「オリンピックボクシングはアマチュアのためのもので、アマチュアが目指すことのできる最高峰だ。そこで突然ウラジミール・クリチコのようなプロの世界王者で経験豊富な選手が、18歳の10戦しか試合をしたことのない選手と対戦するのかい」(レノックス・ルイス)、「五輪のボクシングを金儲けのための場に変えるためのものだ」(マイク・タイソン)、「アマチュアとプロを戦わせるべきでない。フェアな戦いではないからだ。ヘッドギアの廃止は大きな間違いだ。ボクシングはより安全であるべきで商業主義のために彼らにダメージを負わせるな」(ラリー・ホームズ)、「プロ対アマはボクサーの紛れもない犯罪行為だ。若くて優秀なアマチュアボクサーの命とキャリアを危険に晒すことになる」(フリオ・セサール・チャベス)、「プロボクサーがオリンピック参加を認められることはおかしい。(プロとアマは)2つの異なるスポーツで、バトミントンの選手がテニスをするようなものだ。私がアマの選手だった頃よりAIBAはどんどん悪くなっている。信じがたいね。」(カール・フランプトン)など続々と反対の声が上がった。またプロの世界王座認定団体、国際ボクシング連盟(IBF)は、プロとアマによる試合には安全面にリスクがあり、プロボクサーのリオオリンピック出場はスポーツマンシップに反する行為であるとし、認定する王者が出場した場合、タイトルを剥奪すること及び王者でない選手が出場した場合は1年間ランキングから外すことを発表、世界ボクシング評議会(WBC)も同様の措置を取ることを発表した。リオデジャネイロオリンピックにおけるボクシング競技 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・レノン・ジュニア

    ジミー・レノン・ジュニアから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    日本のリングに初登場をしたのが1990年2月11日、帝拳ボクシングジム主催のビッグマッチであるWBA・WBC・IBF世界ヘビー級統一王者マイク・タイソンVSジェームス・ダグラス戦で初のビッグマッチのリングアナウンサーを担当した。帝拳主催の興行で日本にほぼ毎年のようにWOWOW無料の日のスペシャル興行で登場している。西岡利晃の日本国内外での防衛戦では7度防衛中5度リングアナウンサーを担当。山中慎介は2度、長谷川穂積は2度、ホルヘ・リナレスはノンタイトル戦と世界戦を含めて4回担当している。ジミー・レノン・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・バッファー

    マイケル・バッファーから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    1988年3月21日に東京ドームで行われたWBA・WBC世界タイトルマッチのマイク・タイソン対トニー・タッブス戦で、リングアナウンサーを務めるために来日。K-1、総合格闘技のリングアナウンサーとしても来日経験がある。マイケル・バッファー フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のスポーツ

    1987年のスポーツから見たマイク・タイソンマイク・タイソン

    8月1日 - マイク・タイソン、IBFヘビー級王者トニー・タッカーを破り、3団体統一チャンピオンに1987年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

182件中 71 - 80件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード