87件中 11 - 20件表示
  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たブルース・セルドン

    6年の懲役刑を言い渡されたが3年間服役後の1995年に仮釈放され、翌年の1996年3月16日、フランク・ブルーノを3RKOで破り、WBC世界ヘビー級タイトルを再度獲得し、世界王者へと復権する。なお、服役中にイスラム教に改宗し、マリク・アブドゥル・アシスという名を持った。同年9月、ブルース・セルドンを1ラウンドTKOで破り、WBA世界ヘビー級タイトルも獲得。再び統一王者になったが、11月にイベンダー・ホリフィールドに11ラウンドTKOで敗れ、タイトルを失う。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たフランク・ブルーノ

    案の定、プロ入り以来初めての長期ブランクを経た1989年のフランク・ブルーノ戦では、別人のような緩慢で雑なボクシングを披露した。このブルーノ戦は勝利するも、まともにカウンターを貰い初めてグラつく姿も見せている。タイソンの兄弟子ホセ・トーレスはこの試合を見て「カスが教えたものは何もかも失われていた。左右への動き、コンビネーション、タイミング、忍耐、最も基本的な左ジャブ・・・。そして、カス・ダマトと深い繋がりのあったコーナーマン達もそこにはいなかった・・・」というコメントを残している。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たホセ・トーレス

    案の定、プロ入り以来初めての長期ブランクを経た1989年のフランク・ブルーノ戦では、別人のような緩慢で雑なボクシングを披露した。このブルーノ戦は勝利するも、まともにカウンターを貰い初めてグラつく姿も見せている。タイソンの兄弟子ホセ・トーレスはこの試合を見て「カスが教えたものは何もかも失われていた。左右への動き、コンビネーション、タイミング、忍耐、最も基本的な左ジャブ・・・。そして、カス・ダマトと深い繋がりのあったコーナーマン達もそこにはいなかった・・・」というコメントを残している。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たレノックス・ルイス

    1999年に復帰するも、年に1試合程度と試合間隔が極端に開くようになる。2002年6月8日にレノックス・ルイスの持つWBC、IBF、IBO世界ヘビー級王座に挑戦。結果は8RKO負け。2003年6月、暴行容疑で再度逮捕。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たドン・キング

    通算9度の防衛に成功することになるが、1988年に行われたマイケル・スピンクス戦後、カス・ダマトがその生前「グリズリーには近づいても、ドン・キングには近付くな」、絶対に組んではいけないと言っていたドン・キングにプロモートを受ける。ドン・キングにプロモートを受けるようになってからは精彩を欠くようになり、一般的にこの1988年までがタイソンの絶頂期と言われている。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見た安部譲二

    かつて日本テレビ系で放送されていた『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』にゲストとして出演したことがある。その際、解答者として出演していたタイソンファンの安部譲二がタイソンにミリオンスロットのボタンを押してもらったが、使い勝手のわからないタイソンは「アーイ!」と叫んでボタンをおもいっきり押しスロットを破壊してしまい、女性出演者が「あっ壊しちゃった!」と驚き笑う事態となった。ちなみに破壊の度合いは得点が表示される画面が消えたというもので、筐体の全壊には至っていない。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たイベンダー・ホリフィールド

    6年の懲役刑を言い渡されたが3年間服役後の1995年に仮釈放され、翌年の1996年3月16日、フランク・ブルーノを3RKOで破り、WBC世界ヘビー級タイトルを再度獲得し、世界王者へと復権する。なお、服役中にイスラム教に改宗し、マリク・アブドゥル・アシスという名を持った。同年9月、ブルース・セルドンを1ラウンドTKOで破り、WBA世界ヘビー級タイトルも獲得。再び統一王者になったが、11月にイベンダー・ホリフィールドに11ラウンドTKOで敗れ、タイトルを失う。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見た浜田剛史

    次戦のカール・ウイリアムス戦では、わずか1Rのフック一発で試合が決したため目立たなかったが、その動きにかつての切れはなく、生放送では解説の浜田剛史が、タイソンのボクシングに首を傾げるような発言をしている。また、浜田は次の試合の直前には、前回東京で行った試合の前にはコンディションは完璧であったが、それが85パーセントまでしか仕上がっていないと指摘した。次戦、タイソンは試合を急にキャンセル(ドノバン・ラドックとの防衛戦が決定していた)するなど相変わらずゴタゴタが続き、1990年2月11日に日本の東京ドームでジェームス・ダグラスに10ラウンドKO負けしてタイトルを失う。これがタイソンのプロキャリアにおける初黒星だった。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たトニー・タッカー

    その後、通算28連勝し1986年11月22日、29戦目にしてトレバー・バービックに2RTKO勝利し、WBC世界ヘビー級王座を獲得。史上最年少(20歳5か月)で世界ヘビー級王者となる。翌年、1987年3月7日にはジェームス・スミスに判定勝ちし、WBA世界ヘビー級タイトルを獲得。さらに同年8月、トニー・タッカーに判定勝ちしてIBF世界ヘビー級タイトルを獲得して3団体統一に成功。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たフロイド・パターソン

    フロイド・パターソンと同門下であり、ともに小柄であることやピーカブースタイルなど、両者には共通点が多い。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「マイク・タイソン」のニューストピックワード