98件中 21 - 30件表示
  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たレノックス・ルイス

    1999年に復帰するも、年に1試合程度と試合間隔が極端に開くようになる。2002年6月8日にレノックス・ルイスの持つWBC、IBF、IBO世界ヘビー級王座に挑戦。結果は8RKO負け。2003年6月、暴行容疑で再度逮捕。8月2日米連邦裁判所に破産を申請。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たジム・ブラウン

    2013年9月、FOXスポーツ1で全6回のドキュメンタリー「BEING MIKE TYSON」が放送された。同番組は、イベンダー・ホリフィールド、ジム・ブラウン、モハメド・アリ、総合格闘技団体UFCとの交流、若手ボクサー指導やブロードウェイ挑戦の模様などを撮影したものである。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たイベンダー・ホリフィールド

    6年の懲役刑を言い渡されたが3年間服役後の1995年に仮釈放され、翌年の1996年3月16日、フランク・ブルーノを3RKOで破り、WBC世界ヘビー級タイトルを再度獲得し、世界王者へと復権する。なお、服役中にイスラム教に改宗し、マリク・アブドゥル・アシスという名を持った。同年9月、ブルース・セルドンを1ラウンドTKOで破り、WBA世界ヘビー級タイトルも獲得。再び統一王者になったが、11月にイベンダー・ホリフィールドに11ラウンドTKOで敗れ、タイトルを失う。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たトニー・タッカー

    その後、通算28連勝し1986年11月22日、29戦目にしてトレバー・バービックに2RTKO勝利し、WBC世界ヘビー級王座を獲得。史上最年少(20歳5か月)で世界ヘビー級王者となる。翌年、1987年3月7日にはジェームス・スミスに判定勝ちし、WBA世界ヘビー級タイトルを獲得。さらに同年8月、トニー・タッカーに判定勝ちしてIBF世界ヘビー級タイトルを獲得して3団体統一に成功。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たジェームス・ダグラス

    次戦のカール・ウイリアムス戦では、わずか1Rのフック一発で試合が決したため目立たなかったが、その動きにかつての切れはなく、生放送では解説の浜田剛史が、タイソンのボクシングに首を傾げるような発言をしている。また、浜田は次の試合の直前には、前回東京で行った試合の前にはコンディションは完璧であったが、それが85パーセントまでしか仕上がっていないと指摘した。次戦、タイソンは試合を急にキャンセル(ドノバン・ラドックとの防衛戦が決定していた)するなど相変わらずゴタゴタが続き、1990年2月11日に日本の東京ドームでジェームス・ダグラスに10ラウンドKO負けしてタイトルを失う。これがタイソンのプロキャリアにおける初黒星だった。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たキモ・レオポルド

    2003年8月15日、K-1 WORLD GP 2003 in LAS VEGASではボブ・サップがキモとの試合後に、リングサイドで観戦していたタイソンがリングに入り込んだ事で、サップが殴りかかり「Tyson, you're next!!(タイソン、次はお前だ!)」と挑発。タイソンが「Sign the contract big boy.(契約書にサインしな、デカい坊や)」と返答したことからサップとの対戦が行われるのではと期待を煽ったが、高額なファイトマネーや、タイソンの犯罪歴による入国不可問題により、対戦は実現しなかった。サップは当初から対戦が頓挫すると予想していたが、これ以来タイソンとサップは共に食事に出かけるなど友人関係を築き上げている。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たマイケル・スピンクス

    通算9度の防衛に成功することになるが、1988年に行われたマイケル・スピンクス戦後、カス・ダマトがその生前「グリズリーには近づいても、ドン・キングには近付くな」と絶対に組んではいけないと言っていたドン・キングにプロモートを受ける。それ以来、精彩を欠くようになり、一般的にこの1988年までがタイソンの絶頂期と言われている。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見た毛沢東

    2006年4月3日、中華人民共和国の毛主席記念堂を訪問する。服役中に読んだ毛沢東を崇拝するタイソンの右腕には毛沢東の入れ墨も彫られている。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たドニー・イェン

    2015年12月に香港をはじめ世界で公開されたドニー・イェン主演の人気映画シリーズ「イップ・マン 序章」「イップ・マン 葉問」に続くパート3「イップ・マン 継承」に出演、劇中ドニー・イェンとのアクションを披露した。映画はアジアの国々で大ヒットとなった。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・タイソン

    マイク・タイソンから見たダニー・ウィリアムズ

    2004年4月15日、K-1の試合出場契約を結ぶ。日本国内でのプロモート契約であるが、薬物犯罪者という理由で日本に入国できなかったため、実現は不可能であった。2004年7月30日、復帰戦となるノンタイトルマッチで1ラウンド中盤で膝の靭帯断裂。その怪我が響き、ダニー・ウィリアムズに4ラウンドKO負け。2004年12月、器物損壊容疑で逮捕。マイク・タイソン フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示