前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • ジュリアーノ・ベレッチ

    ジュリアーノ・ベレッチから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2007年8月にイングランド・プレミアリーグのチェルシーFCに移籍金550万ユーロ(約6億8千万円)で移籍。攻撃的なプレーに加え、ベテランらしい安定感でチェルシーのディフェンスラインを支えた。試合の相手によって、パウロ・フェレイラやマイケル・エッシェンと併用されていた。2008-09シーズンにジョゼ・ボシングワが加入してきてからは中盤での起用も増えた。ジュリアーノ・ベレッチ フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    イギリスで07年1月からITV2で放映されたリアリティー番組「WAGs Boutique」は10人の女性達が2チームに別れてロンドンでブティックを経営し、どちらの売り上げが勝るかを競う企画だった。出場したWAGs達はマイナーな知名度の女性達で芸能人もいれば、一般人もいた。マイケル・エッシェンの恋人でグラマラス・モデル(日本でいうグラビアアイドルに該当する)キャシー・サムナーの他にジャーメイン・デフォーの当時の恋人でモデルのシャーロット、スティーヴ・シドウェルの妻クリステルなどもいた。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・エメリヤノフ

    ロマン・エメリヤノフから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2009年にはイングランドのチェルシーFCへ2週間のインターンシップを経験。怪我から回復したマイケル・エッシェンらと共に練習試合に参加をした。ロマン・エメリヤノフ フレッシュアイペディアより)

  • 米本拓司

    米本拓司から見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2011年は攻撃参加を目標としており、ガーナのマイケル・エッシェンを理想の選手に挙げていた。ロンドンオリンピックを目指すU-22日本代表にも選出され、ボランチを組んだ山村和也には「ヨネはバランス感覚が優れ、守備の能力が高いから(自分は)好きなように攻撃参加できる」と評価された。しかし、4月24日の千葉戦で再び左膝前十字靱帯を負傷し、手術することになった。米本拓司 フレッシュアイペディアより)

  • アミドゥ・サリフ

    アミドゥ・サリフから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    キャリア初期はディフェンダーとして、主にサイドバックの選手だった。その後中盤にポジションを移し、広いエリアをカバーする守備的なミッドフィールダーとなる。戦術理解、技術、スピード、フィジカル全てに秀でており、同胞のマイケル・エッシェンと比較される。アミドゥ・サリフ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・コフィ・アギエイ

    ダニエル・コフィ・アギエイから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    中盤でのボール奪取に優れ、ドリブルや多彩なテクニックで前線へボールを運ぶことができるセンターハーフである。肉体的な強さから、同郷のマイケル・エッシェンやディディエ・ゾコラらと比較される。成熟した選手となるためには90分を通して切れない集中力やミスを無くすことが必要と言われている。ダニエル・コフィ・アギエイ フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    リヨンはフランスで最も人気のあるクラブのひとつであり、人口の11%がリヨンのサポーターである。この調査ではオリンピック・マルセイユの数字が最も高く、リヨンとパリ・サンジェルマンFCがマルセイユに続いている。デロイト・フットボール・マネー・リーグにおいては、2008-09シーズンに139.6万ユーロの収入を得たとされ、これはフランスのクラブとしては最高の数字である。国籍を問わず、若手の育成に長けたクラブとしても知られている。2000年代だけを見ても、マイケル・エッシェン、フローラン・マルダ、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ、クリス、エリック・アビダル、マアマドゥ・ディアッラ、パトリック・ミュラー、カリム・ベンゼマなどはリヨンで飛躍的に成長した選手である。女子チーム(オリンピック・リヨン・フェミニン)はフランス屈指の強豪であり、ディヴィジオン・アン・フェミニン(女子1部)で9回優勝している。クープ・ドゥ・フランス・フェミニンでは4回優勝しており、UEFA女子チャンピオンズリーグでは2011年と2012年に優勝している。オリンピック・リヨン フレッシュアイペディアより)

  • サリー・ムンタリ

    サリー・ムンタリから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2002年のスロベニア戦でガーナA代表デビューを果たした。その後はブラック・スターズ(ガーナ代表の愛称)の中心選手となり、2006 FIFAワールドカップに出場した。イタリア、チェコ、アメリカと強豪揃いのグループEだったが、チェコ戦でゴールを決めるなどチームのグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント1回戦ではブラジルと対戦し0-3で敗戦するものの、スティーヴン・アッピアーやマイケル・エッシェンらと共にプレーした。サリー・ムンタリ フレッシュアイペディアより)

  • アシール・エマナ

    アシール・エマナから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    1999-2000シーズンはバレンシアCF-B、2000-01シーズンはトゥールーズFCユースに所属していた。2001年にトゥールーズでプロデビューを果たすと、すぐに攻撃的ミッドフィールダーのポジションを獲得した。その活躍から、マイケル・エッシェンを放出したリヨンやマルセイユなどが獲得を狙っていたとされる 。2007年にはプレミアリーグのポーツマス移籍に強く傾いたが、労働許可証を取得できなかったため、トゥールーズFCと2010年までの契約延長を果たした。2008年春には、イングランドのウェストハム、ニューカッスル、スペインのセビージャから関心を示された。2001年から2008年までトゥールーズに在籍し、7シーズンで226試合に出場して28得点を決めた。アシール・エマナ フレッシュアイペディアより)

  • アフリイェ・アックア

    アフリイェ・アックアから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    豊富な運動量を誇り、エッシェン二世とも評される守備的ミッドフィールダー。国内のクラブ、ヤング・ゴールドフィールズにて選手としてのキャリアをスタートさせ、2005年に大陸を渡り北アイルランドの強豪、グレントランFCに入団した。グレントランでは2007年にトップチームに昇格したものの公式戦出場は無く、翌年に母国の2部リーグに所属するアマチュアクラブ、マイン・スターズFCに移籍。公式戦初出場を果たす。2009年夏に1部のBechem Unitedと契約したが、試合に出場する間もなく9月にはD.C.ユナイテッドのガーナアカデミーに移籍した。2010年2月に才能に目を付けたイタリアのパレルモに移籍。しばらくはプリマヴェーラでプレーしていたが、故障者の続出などにより2011年1月にトップチーム入り。2月13日のフィオレンティーナ戦でデビュー。以後、着々と経験を積んでいる。私生活では、2011年9月に1つ年下のガーナ人女性と婚約した。2012年7月16日、パルマFCに共同保有権の買い取りオプション付きのレンタル移籍。アフリイェ・アックア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示