21件中 11 - 20件表示
  • アンソニー・アナン

    アンソニー・アナンから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2007年3月20日に負傷したマイケル・エッシェンの代わりにガーナ代表初招集を受けた。3月27日、ブラジル代表戦で代表デビュー。2009年11月15日、マリ代表戦で初ゴールを決めた。アンソニー・アナン フレッシュアイペディアより)

  • サッカーガーナ代表

    サッカーガーナ代表から見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    アフリカネイションズカップでは4度の優勝を誇るアフリカを代表する強豪。初出場の2006年ドイツW杯、続く2010年南アフリカW杯いずれもアフリカ勢唯一の決勝トーナメント進出を果たし、2010年はベスト8に駒を進めた。近時の代表チームはチェルシーFCの中心選手であるマイケル・エッシェンを筆頭に、欧州各国のトップリーグで活躍する選手を多く擁している。2009年U-20W杯では決勝でブラジルを下してアフリカ勢初の優勝を果たし、南アW杯の代表選手平均年齢は24歳6カ月で出場国中最年少と、今後を担うであろう若手の台頭も著しい。ブラック・スターズという愛称のとおり、アフリカ屈指のタレントやその原石の宝庫として注目を浴び続けている。サッカーガーナ代表 フレッシュアイペディアより)

  • ティアゴ・メンデス

    ティアゴ・メンデスから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    若い頃から注目を浴び、満を持してチェルシーFCに移籍したものの、レギュラー獲得するまでには至らず、マイケル・エッシェンと入れ替わる形でリーグ・アンのオリンピック・リヨンへと移籍した。リヨンでは主力の一人として活躍し、2007年6月にセリエB(2部)から昇格したユヴェントスFCへ移籍した。ユヴェントスではチームに数少ないテクニシャンとして期待されたものの、チームになかなか馴染めず、不遇のシーズンを過ごした。ティアゴ・メンデス フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2012年夏の移籍市場ではレアル・マドリード・カスティージャからアルバロ・モラタ、ヘスス・フェルナンデス、ナチョを昇格させたほか、ルカ・モドリッチ、マイケル・エッシェンを獲得。2012-13シーズンには4季ぶりとなるスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝を果たした。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • マアマドゥ・ディアッラ

    マアマドゥ・ディアッラから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    マリの伝説的プレイヤー、サリフ・ケイタのトレーニングセンターで技術を磨き、17歳で渡欧して1998年にギリシャ・スーパーリーグのからデビューした。1999年にオランダ・エールディヴィジのフィテッセに移籍し、2000年夏に就任したロナルド・クーマン監督の下で中盤の要として頭角を現した。2002年にはフランス・リーグ・アンのオリンピック・リヨンに5年契約で移籍した。当初は控え選手だったが、2003-04シーズンにポール・ル・グエン監督が3人のセンターハーフを置くシステムを採用したことでポジションを獲得し、MFマイケル・エッシェンやMFジュニーニョ・ペルナンブカーノなどとトリオを組んで4度のリーグ優勝に貢献した。マアマドゥ・ディアッラ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカネイションズカップ

    アフリカネイションズカップから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    アフリカからの出場国がFIFAワールドカップや夏季オリンピックで好成績を収めるようになった1990年代以降、注目度が上がっており、ヨーロッパのクラブのスカウトにとっては絶好の選手発掘の場となっている。アフリカという大陸の気候の特性から、大会は1月から2月にかけて開催されるが、この時期はアフリカ人選手が多く在籍するヨーロッパのクラブにとって、UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメントが開始され、国内リーグも佳境に入る重要な時期である。この時期に選手を貸し出すことになるため、アフリカ人選手が在籍するクラブからは大会日程に対する不満の声が少なくない。しかし、マイケル・エッシェンやサミュエル・エトオなどビッグクラブで主力と言われている選手でさえ、「クラブでのプレーを優先する」という理由で大会参加を辞退することはほとんどなく、本大会がアフリカ人選手にとって大きな権威を持つことが伺える。アフリカネイションズカップ フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    選手の面においては、フランス代表やブラジル代表をはじめとする各国の代表選手が多数在籍しているほか、フランスが辿ってきた歴史的経緯からアフリカ系の黒人選手が非常に多いのも特徴のひとつである。近年ではマイケル・エッシェン(オリンピック・リヨン)、ディディエ・ドログバ(オリンピック・マルセイユ)、ロナウジーニョ(パリ・サンジェルマンFC)、エデン・アザール(リール)らがリーグ・アンで研鑽を積み他リーグの強豪クラブへと移籍している。現在リーグ・アンでプレーする選手には将来を期待されている若手が多く、アフリカ系選手にも高い潜在能力を秘めた選手が多いため、オランダのエールディヴィジと並ぶ登竜門リーグのような位置づけである。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2006年末から2007年の2月にかけて、腰の手術のためにチームを離脱。モウリーニョ監督はその間パウロ・フェレイラやマイケル・エッシェンをセンターバックに起用していたが、リヴァプールとのアウェー戦では0-2で完敗するなど守備の安定感を欠き、テリーの偉大さを証明する結果となった。2月3日に行われたチャールトン・アスレティックとのアウェー戦で終了間際に交代でピッチに登場し、約一ヶ月ぶりの復帰を果たす。翌週のミドルズブラではスターティングメンバーに復帰し、以前と変わらぬ安定したプレーを見せた。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • 1982年

    1982年から見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    12月3日 - マイケル・エッシェン、サッカー選手1982年 フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・エシアン

    ミカエル・エシアンから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    ミカエル・エシアン フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示