30件中 11 - 20件表示
  • ジョナサン・メンサー

    ジョナサン・メンサーから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2009年にルワンダのキガリで開催されたアフリカユース選手権の優勝メンバーの一員となり、同大会の優秀選手10人にも選出された。この活躍により南アフリカ・ワールドカップのメンバー入りを果たし、それまでマイケル・エッシェンが背負っていた8番を引き継いだ。センターバックのレギュラーであるアイザック・ヴォーサーがセルビア戦で負傷して以降は、ジョン・メンサーのパートナーとしてその穴を埋めた。グループステージ2試合に出場、決勝トーナメント1回戦でもプレーしアメリカに勝利を収めた。累積警告により出場停止となったウルグアイ戦でチームはPK戦の末敗退した。ジョナサン・メンサー フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    イギリスで07年1月からITV2で放映されたリアリティー番組「WAGs Boutique」は10人の女性達が2チームに別れてロンドンでブティックを経営し、どちらの売り上げが勝るかを競う企画だった。出場したWAGs達はマイナーな知名度の女性達で芸能人もいれば、一般人もいた。マイケル・エッシェンの恋人でグラマラス・モデル(日本でいうグラビアアイドルに該当する)キャシー・サムナーの他にジャーメイン・デフォーの当時の恋人でモデルのシャーロット、スティーヴ・シドウェルの妻クリステルなどもいた。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • サリー・ムンタリ

    サリー・ムンタリから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2002年のスロベニア戦でガーナA代表デビューを果たした。その後はブラック・スターズ(ガーナ代表の愛称)の中心選手となり、2006 FIFAワールドカップに出場した。イタリア、チェコ、アメリカと強豪揃いのグループEだったが、チェコ戦でゴールを決めるなどチームのグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント1回戦ではブラジルと対戦し0-3で敗戦するものの、スティーヴン・アッピアーやマイケル・エッシェンらと共にプレーした。サリー・ムンタリ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアーノ・ベレッチ

    ジュリアーノ・ベレッチから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2007年8月にイングランド・プレミアリーグのチェルシーFCに移籍金550万ユーロ(約6億8千万円)で移籍。攻撃的なプレーに加え、ベテランらしい安定感でチェルシーのディフェンスラインを支えた。試合の相手によって、パウロ・フェレイラやマイケル・エッシェンと併用されていた。2008-09シーズンにジョゼ・ボシングワが加入してきてからは中盤での起用も増えた。ジュリアーノ・ベレッチ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーガーナ代表

    サッカーガーナ代表から見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    愛称はブラック・スターズ。オリンピック・マルセイユなどで活躍しアフリカ年間最優秀選手に2度選ばれたアベディ・ペレ、ドイツ・ブンデスリーガで2度にわたって得点王に輝いたアンソニー・イエボア、バイエルン・ミュンヘンで長年に渡り活躍したサミュエル・オセイ・クフォーなど世界的な選手を輩出し、アフリカネイションズカップでは4度の優勝を誇るアフリカを代表する強豪国であるが、FIFAワールドカップは、2006年ドイツ大会が初出場であった。この大会と続く2010年南アフリカ大会のいずれもアフリカ勢唯一のベスト16進出を果たし、2010年はベスト8に進出した。2014年ではこの大会優勝するサッカードイツ代表相手に2-2と引き分けを演じるもグループリーグ敗退に終わった。近年の代表チームはマイケル・エッシェンを筆頭に、欧州各国のトップリーグで活躍する選手を多く擁している。2009年U-20ワールドカップでは決勝でブラジルを下してアフリカ勢初の優勝を果たした。2018 FIFAワールドカップはアフリカ3次予選で敗退し、本大会連続出場は3大会で途絶えた。サッカーガーナ代表 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル

    マイケルから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェン - ガーナのサッカー選手。ACミラン所属。マイケル フレッシュアイペディアより)

  • ペトル・チェフ

    ペトル・チェフから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    7月21日、新たに5年契約を結んだ。11月1日のサンダーランド戦では5-0で大勝し、チェルシーで100試合目のクリーンシートを達成した。しかし、10月26日のリヴァプール戦では2004年2月21日のアーセナル戦以来のホームでの黒星を喫し、3月20日のフラム戦より続いたスタンフォード・ブリッジでの無敗記録が86で止まった。この年はリーグ3連覇を果たしたユナイテッドと年間わずか2敗だったリヴァプールの前に埋没し3位に終わった。チャンピオンズリーグでも準決勝で優勝したバルセロナに敵地カンプ・ノウでの1stレグはスコアレスドローと健闘、ホームでの2ndレグでは前半早々にマイケル・エッシェンのゴールで先制し、相手DFのエリック・アビダルも退場していたものの、後半ロスタイムにアンドレアス・イニエスタにアウェーゴールを許し敗北した。FAカップでは2009年5月30日の決勝でエヴァートンに勝って優勝して無冠は免れた。ペトル・チェフ フレッシュアイペディアより)

  • リーグ・アン

    リーグ・アンから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    選手の面においては、フランス代表やブラジル代表をはじめとする各国の代表選手が多数在籍しているほか、フランスが辿ってきた歴史的経緯からアフリカ系の黒人選手が非常に多いのも特徴のひとつである。近年ではマイケル・エッシェン(オリンピック・リヨン)、ディディエ・ドログバ(オリンピック・マルセイユ)、ロナウジーニョ(パリ・サンジェルマンFC)、エデン・アザール(リール)らがリーグ・アンで研鑽を積み他リーグの強豪クラブへと移籍している。現在リーグ・アンでプレーする選手には将来を期待されている若手が多く、アフリカ系選手にも高い潜在能力を秘めた選手が多いため、オランダのエールディヴィジと並ぶ登竜門リーグのような位置づけである。リーグ・アン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・テリー

    ジョン・テリーから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    2006年末から2007年の2月にかけて、腰の手術のためにチームを離脱。モウリーニョ監督はその間パウロ・フェレイラやマイケル・エッシェンをセンターバックに起用していたが、リヴァプールとのアウェー戦では0-2で完敗するなど守備の安定感を欠き、テリーの偉大さを証明する結果となった。2月3日に行われたチャールトン・アスレティックとのアウェー戦で終了間際に交代でピッチに登場し、約一ヶ月ぶりの復帰を果たす。翌週のミドルズブラではスターティングメンバーに復帰し、以前と変わらぬ安定したプレーを見せた。ジョン・テリー フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック・リヨン

    オリンピック・リヨンから見たマイケル・エッシェンマイケル・エッシェン

    リヨンはフランスで最も人気のあるクラブのひとつであり、人口の11%がリヨンのサポーターである。この調査ではオリンピック・マルセイユの数字が最も高く、リヨンとパリ・サンジェルマンFCがマルセイユに続いている。デロイト・フットボール・マネー・リーグにおいては、2008-09シーズンに139.6万ユーロの収入を得たとされ、これはフランスのクラブとしては最高の数字である。国籍を問わず、若手の育成に長けたクラブとしても知られている。2000年代だけを見ても、マイケル・エッシェン、フローラン・マルダ、ジュニーニョ・ペルナンブカーノ、クリス、エリック・アビダル、マアマドゥ・ディアッラ、パトリック・ミュラー、カリム・ベンゼマなどはリヨンで飛躍的に成長した選手である。女子チームはフランス屈指の強豪であり、フランス女子サッカーリーグ1部(ディヴィジオン・アン)で9回優勝している。女子フランスカップでは4回優勝しており、UEFA女子チャンピオンズリーグでは2011年と2012年に優勝している。オリンピック・リヨン フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「マイケル・エシアン」のニューストピックワード