前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たジョゼ・モウリーニョ

    代表チームの同僚であるサリー・ムンタリとは親交が厚く、ムンタリはインタビューの中で「エッシェンは兄のような存在で、インテルナツィオナーレ・ミラノからのオファーが届いた時、『モウリーニョがいるからきっと成長できる。悩まずインテルに行くべきだ。』と移籍を後押ししてくれた。」と語っている。(2008年12月4日ガゼッタ・デッロ・スポルト)マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たディディエ・ドログバ

    この活躍に目を付けたチェルシーに、3800万ユーロ(約51億円)という破格で移籍。その際、両クラブが衝突し移籍交渉が1ヵ月にも及ぶ事になり、また、エッシェン自身がリヨンでの出場や練習参加を拒んだり、チェルシー移籍願望などの発言により物議を醸すが、最終的には念願の移籍を果たした。当時、3800万ユーロはフランスのクラブに支払われた額としては史上最高。(リヨンの年間支出額の1/3とも言われている)その後、チェルシーではレギュラーとして活躍。モウリーニョ前監督からは「ジョン・テリーやドログバと並び、代えの利かない選手」と賞賛されている。08-09シーズンにはCL準決勝での活躍によりチェルシー・ゴールオブザイヤーを受賞した。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たジョン・テリー

    この活躍に目を付けたチェルシーに、3800万ユーロ(約51億円)という破格で移籍。その際、両クラブが衝突し移籍交渉が1ヵ月にも及ぶ事になり、また、エッシェン自身がリヨンでの出場や練習参加を拒んだり、チェルシー移籍願望などの発言により物議を醸すが、最終的には念願の移籍を果たした。当時、3800万ユーロはフランスのクラブに支払われた額としては史上最高。(リヨンの年間支出額の1/3とも言われている)その後、チェルシーではレギュラーとして活躍。モウリーニョ前監督からは「ジョン・テリーやドログバと並び、代えの利かない選手」と賞賛されている。08-09シーズンにはCL準決勝での活躍によりチェルシー・ゴールオブザイヤーを受賞した。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たチェルシーFC

    この活躍に目を付けたチェルシーに、3800万ユーロ(約51億円)という破格で移籍。その際、両クラブが衝突し移籍交渉が1ヵ月にも及ぶ事になり、また、エッシェン自身がリヨンでの出場や練習参加を拒んだり、チェルシー移籍願望などの発言により物議を醸すが、最終的には念願の移籍を果たした。当時、3800万ユーロはフランスのクラブに支払われた額としては史上最高。(リヨンの年間支出額の1/3とも言われている)その後、チェルシーではレギュラーとして活躍。モウリーニョ前監督からは「ジョン・テリーやドログバと並び、代えの利かない選手」と賞賛されている。08-09シーズンにはCL準決勝での活躍によりチェルシー・ゴールオブザイヤーを受賞した。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たレアル・マドリード

    マイケル・エッシェン(Michael Kojo Essien, 1982年12月3日 - )は、ガーナ出身の同国代表、リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属のサッカー選手。ポジションはMF。愛称はバイソン(野牛)。スペルの関係上ファーストネーム、ファミリーネーム共に様々な呼び方があるが、イングリッシュコメンタリーはこの選手を呼ぶ時に「エシエン」(エシアンとも)と呼んでいる。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たスティーヴン・アッピアー

    ケガなどによる欠場の少ない選手として知られていたが、2008年9月5日に行われた、ワールドカップアフリカ予選のリビア戦にてヒザ前十字靭帯を断裂する大ケガを負った。ガーナ代表でキャプテンをつとめるアッピアは、この時の様子を、「エッシェンは子供のように泣いており、それを見た僕らは皆動揺した。」と語っている。上記の離脱は、チェルシーFCにも悪影響を与え、当時の同僚のジョー・コールはインタビューで、「エッシェンが違いを生んでいる。シーズン前半のチェルシーに欠けていたのは、中盤に彼がいることで生まれるペースだ。エッシェンはチームのエンジンさ」とコメントしている。(デイリー・メール紙)マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たジョー・コール

    ケガなどによる欠場の少ない選手として知られていたが、2008年9月5日に行われた、ワールドカップアフリカ予選のリビア戦にてヒザ前十字靭帯を断裂する大ケガを負った。ガーナ代表でキャプテンをつとめるアッピアは、この時の様子を、「エッシェンは子供のように泣いており、それを見た僕らは皆動揺した。」と語っている。上記の離脱は、チェルシーFCにも悪影響を与え、当時の同僚のジョー・コールはインタビューで、「エッシェンが違いを生んでいる。シーズン前半のチェルシーに欠けていたのは、中盤に彼がいることで生まれるペースだ。エッシェンはチームのエンジンさ」とコメントしている。(デイリー・メール紙)マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たサリー・ムンタリ

    代表チームの同僚であるサリー・ムンタリとは親交が厚く、ムンタリはインタビューの中で「エッシェンは兄のような存在で、インテルナツィオナーレ・ミラノからのオファーが届いた時、『モウリーニョがいるからきっと成長できる。悩まずインテルに行くべきだ。』と移籍を後押ししてくれた。」と語っている。(2008年12月4日ガゼッタ・デッロ・スポルト)マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たSCバスティア

    その後バスティアに入団し、当初は両サイドバックや、センターバックとして活躍。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たオリンピック・リヨン

    03-04シーズンに、パリ・サンジェルマンとの争奪戦の末にリヨンへ移籍。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示