1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見た2006 FIFAワールドカップ

    2006年ドイツW杯アフリカ予選でも大活躍し、ガーナの本大会初出場および本大会ベスト16進出に大きく貢献した。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たリーガ・エスパニョーラ

    マイケル・エッシェン(Michael Kojo Essien, 1982年12月3日 - )は、ガーナ出身の同国代表、リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属のサッカー選手。ポジションはMF。愛称はバイソン(野牛)。スペルの関係上ファーストネーム、ファミリーネーム共に様々な呼び方があるが、イングリッシュコメンタリーはこの選手を呼ぶ時に「エシエン」(エシアンとも)と呼んでいる。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たデイリー・メール

    ケガなどによる欠場の少ない選手として知られていたが、2008年9月5日に行われた、ワールドカップアフリカ予選のリビア戦にてヒザ前十字靭帯を断裂する大ケガを負った。ガーナ代表でキャプテンをつとめるアッピアは、この時の様子を、「エッシェンは子供のように泣いており、それを見た僕らは皆動揺した。」と語っている。上記の離脱は、チェルシーFCにも悪影響を与え、当時の同僚のジョー・コールはインタビューで、「エッシェンが違いを生んでいる。シーズン前半のチェルシーに欠けていたのは、中盤に彼がいることで生まれるペースだ。エッシェンはチームのエンジンさ」とコメントしている。(デイリー・メール紙)マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たサッカーリビア代表

    ケガなどによる欠場の少ない選手として知られていたが、2008年9月5日に行われた、ワールドカップアフリカ予選のリビア戦にてヒザ前十字靭帯を断裂する大ケガを負った。ガーナ代表でキャプテンをつとめるアッピアは、この時の様子を、「エッシェンは子供のように泣いており、それを見た僕らは皆動揺した。」と語っている。上記の離脱は、チェルシーFCにも悪影響を与え、当時の同僚のジョー・コールはインタビューで、「エッシェンが違いを生んでいる。シーズン前半のチェルシーに欠けていたのは、中盤に彼がいることで生まれるペースだ。エッシェンはチームのエンジンさ」とコメントしている。(デイリー・メール紙)マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見た前十字靭帯

    ケガなどによる欠場の少ない選手として知られていたが、2008年9月5日に行われた、ワールドカップアフリカ予選のリビア戦にてヒザ前十字靭帯を断裂する大ケガを負った。ガーナ代表でキャプテンをつとめるアッピアは、この時の様子を、「エッシェンは子供のように泣いており、それを見た僕らは皆動揺した。」と語っている。上記の離脱は、チェルシーFCにも悪影響を与え、当時の同僚のジョー・コールはインタビューで、「エッシェンが違いを生んでいる。シーズン前半のチェルシーに欠けていたのは、中盤に彼がいることで生まれるペースだ。エッシェンはチームのエンジンさ」とコメントしている。(デイリー・メール紙)マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エッシェン

    マイケル・エッシェンから見たマンチェスター・ユナイテッドFC

    17歳の時にマンチェスター・ユナイテッドのトライアルを受け合格しているが、A代表出場試合数が規定に足りず、断念した。マイケル・エッシェン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示