前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見たヒラリー・クリントン

    俳優以外では政治活動、特に反原発活動家として知られている。原子力事故を描いた映画『チャイナ・シンドローム』を製作、出演した。また、国連平和大使にも任命されている。2008年アメリカ合衆国大統領選挙の前年には、ヒラリー・クリントン支持を表明していた。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見たカーク・ダグラス

    マイケル・ダグラス(Michael Douglas、本名: Michael Kirk Douglas、1944年9月25日 - )はアメリカ合衆国の俳優・プロデューサー。俳優のカーク・ダグラスの息子である。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見たキャサリン・ゼタ=ジョーンズ

    1977年に結婚し息子キャメロン(俳優)をもうけるが後に離婚。2000年に『トラフィック』で共演したキャサリン・ゼタ=ジョーンズと結婚して1男1女の2人の子供がいる。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見たゴールデングローブ賞

    ニュージャージー州出身。父方の祖父母はベラルーシ(当時はロシア帝国)からの移民でユダヤ系。母親はバミューダ諸島出身の女優Diana Dill。カリフォルニア大学サンタバーバラ校で学ぶ傍ら演劇の訓練も受け、父のもとで映画製作を学び助監督として映画界に入ったが、俳優に転向。1972年から放映されたテレビシリーズ『サンフランシスコ捜査線』ではエミー賞の候補になる等注目を集め監督業にも進出し評価されるようになる。1975年には『カッコーの巣の上で』を製作しアカデミー賞作品賞を含む5部門に輝きプロデューサーとして脚光を浴びる。1987年、『ウォール街』でアカデミー主演男優賞を受賞。2004年のゴールデングローブ賞では、功労賞であるセシル・B・デミル賞を受賞するが、この賞は父カーク・ダグラスも受賞しており、史上初の親子2代での受賞となった。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見た抗癌剤

    2010年8月、ステージ4の末期の喉頭癌を患っていることを公表。抗癌剤治療と放射線治療を受けていたが、2011年1月16日の第68回ゴールデングローブ賞授賞式に夫婦揃って久しぶりに公の場に姿を現した。その際に受けたインタビューにて咽頭癌を克服した旨を明らかにした(但し、月1回の検査は引き続き受けているとのこと)。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見たユニセフ

    2014年1月14日、ユニセフは彼の長年の核兵器廃絶運動への取り組みを評価して、「ダニー・ケイ人道平和賞」を贈呈した。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見たアカデミー主演男優賞

    1975年に『カッコーの巣の上で』を製作し、アカデミー作品賞を含む5部門に輝きプロデューサーとして脚光を浴びる。その後1987年に、『ウォール街』でアカデミー主演男優賞を受賞した。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見たカッコーの巣の上で

    1975年に『カッコーの巣の上で』を製作し、アカデミー作品賞を含む5部門に輝きプロデューサーとして脚光を浴びる。その後1987年に、『ウォール街』でアカデミー主演男優賞を受賞した。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見たカリフォルニア大学サンタバーバラ校

    ニュージャージー州出身。父方の祖父母はベラルーシ(当時はロシア帝国)からの移民でユダヤ系。母親はバミューダ諸島出身の女優Diana Dill。カリフォルニア大学サンタバーバラ校で学ぶ傍ら演劇の訓練も受け、父のもとで映画製作を学び助監督として映画界に入ったが、俳優に転向。1972年から放映されたテレビシリーズ『サンフランシスコ捜査線』ではエミー賞の候補になる等注目を集め監督業にも進出し評価されるようになる。1975年には『カッコーの巣の上で』を製作しアカデミー賞作品賞を含む5部門に輝きプロデューサーとして脚光を浴びる。1987年、『ウォール街』でアカデミー主演男優賞を受賞。2004年のゴールデングローブ賞では、功労賞であるセシル・B・デミル賞を受賞するが、この賞は父カーク・ダグラスも受賞しており、史上初の親子2代での受賞となった。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ダグラス

    マイケル・ダグラスから見た第68回ゴールデングローブ賞

    2010年8月、ステージ4の末期の喉頭癌を患っていることを公表。抗癌剤治療と放射線治療を受けていたが、2011年1月16日の第68回ゴールデングローブ賞授賞式に夫婦揃って久しぶりに公の場に姿を現した。その際に受けたインタビューにて咽頭癌を克服した旨を明らかにした(但し、月1回の検査は引き続き受けているとのこと)。マイケル・ダグラス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示

「マイケル・ダグラス」のニューストピックワード