前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • マクロライド系抗生物質

    マクロライド系抗生物質から見たマイコプラズママイコプラズマ

    抗生物質としては比較的副作用が少なく、抗菌スペクトルも広い。ことにリケッチア、クラミジアなどの細胞内寄生菌や、マイコプラズマに対しては第一選択薬となる。小児から老人まで広く処方される頻用薬の一つであるが、一方ではその汎用性が一因となってマクロライド耐性を示す微生物が増加しており、医療上の問題になっている。マクロライド系抗生物質 フレッシュアイペディアより)

  • 肺炎

    肺炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマによる肺炎。潜伏期2?3週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。胸部X線写真は区域性の所見を示さず、すりガラス状の間質性陰影を見ることが多い。ルーチン検査の喀痰培養検査でも検出できないので参考にならない。診断は、抗マイコプラズマ抗体の上昇で確定診断になる。治療は、抗マイコプラズマ抗体が上昇するまで数日掛かるため確定診断を待ってから治療するのでは遅いので、寒冷凝集反応から経験的治療に基づいて化学療法を行う。化学療法は抗生物質を用いる。マイコプラズマは細胞壁を持たないのでβ-ラクタム系等の細胞壁合成阻害薬は無効である。また、アミノグリコシド系も気道移行性が悪いので無効である。マクロライド系、テトラサイクリン系、ケトライド系を第一選択薬とする。肺炎 フレッシュアイペディアより)

  • 気道感染

    気道感染から見たマイコプラズママイコプラズマ

    A群β溶血性連鎖球菌とSTDによる咽頭炎、インフルエンザ、中耳炎、喉頭蓋炎、気管支炎(特にマイコプラズマ)、肺炎、肺化膿症、膿胸など気道感染 フレッシュアイペディアより)

  • モリクテス綱

    モリクテス綱から見たマイコプラズママイコプラズマ

    広く知られている生物として、Mycoplasmaや"Phytoplasma"がこの綱に属している。モリクテス綱 フレッシュアイペディアより)

  • 古細菌

    古細菌から見たマイコプラズママイコプラズマ

    一方、好熱性の古細菌は少し遅れ、1970年に炭鉱のボタ山から好熱好酸菌Thermoplasma acidophilumが発見された。この生物は細胞壁を欠くことからマイコプラズマの仲間とされた。1972年にはイエローストーン国立公園より好熱好酸菌Sulfolobus acidocaldariusが発見されたが、これらは別々に少し変わった生物だとして知られているに過ぎなかった。当時、メタン菌、高度好塩、Thermoplasma、Sulfolobusはそれぞれ別々の門や群に分類されていた。古細菌 フレッシュアイペディアより)

  • クラリスロマイシン

    クラリスロマイシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    クラリスロマイシンに限らず、マクロライドの基本的な用途はペニシリン系やキノロン系がアレルギーなどにより禁忌であるヒトに対する、連鎖球菌などのグラム陽性菌感染症の代替薬である。さらに、第一選択となる主なものにはベータラクタム系が無効のマイコプラズマ・リケッチア・クラミジアによる感染症がある。原型薬のエリスロマイシンがかなり臨床的な使いづらさのある薬剤(一日4?6回も飲まなければならない、消化器症状が強いなど)であるため、クラリスロマイシンは多くのマクロライドの用途において、アジスロマイシンなどと並んで「マクロライドの顔」として広く用いられている。ほか、インフルエンザ菌への活性はエリスロマイシンよりも優れている。クラリスロマイシン フレッシュアイペディアより)

  • 百日咳

    百日咳から見たマイコプラズママイコプラズマ

    類似症状を示す別な感染症としては、アデノウイルス、マイコプラズマ、クラミジアなどの感染症でも同様の発作性の咳を示すため、鑑別診断が必要である。百日咳 フレッシュアイペディアより)

  • グラム染色

    グラム染色から見たマイコプラズママイコプラズマ

    なお、元から細胞壁を持たないマイコプラズマやファイトプラズマはグラム陰性である。また、抗酸菌はグラム不定性を示すが、これは抗酸菌の細胞壁にミコール酸と呼ばれるロウ性の脂質が多く含まれているため、水溶性色素の浸透が悪いためである。また、芽胞を作る菌では、芽胞の部分は染色されず透明に見える。グラム染色 フレッシュアイペディアより)

  • 牛ライノウイルス病

    牛ライノウイルス病から見たマイコプラズママイコプラズマ

    牛ライノウイルス病(うしらいのういるすびょう、英:bovine rhinovirus infection)とは牛ライノウイルス感染を原因とするウシの感染症。牛ライノウイルスはピコルナウイルス科ライノウイルス属に属するRNAウイルス。単独感染では無症状あるいは軽度の症状であるが、細菌、マイコプラズマ、他のウイルスとの混合感染により症状は悪化する。症状は発熱、呼吸器症状。治療には二次感染により症状が悪化するため抗生物質を投与する。ワクチンはない。牛ライノウイルス病 フレッシュアイペディアより)

  • 犬伝染性気管気管支炎

    犬伝染性気管気管支炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    主な病原体は犬アデノウイルス2型、犬パラインフルエンザウイルス、犬ヘルペスウイルス、気管支肺血症菌(Bordetella bronchiseptica)、マイコプラズマなどであり、これらの単独あるいは混合感染により発症する。感染経路として飛沫感染、接触感染が挙げられる。気管支肺血症菌は健康犬の10~30%の割合で分離され、不顕性感染を起こしている。犬伝染性気管気管支炎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「マイコプラズマ」のニューストピックワード