63件中 11 - 20件表示
  • シタフロキサシン

    シタフロキサシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    抗菌活性の強い化合物であり、他剤に比べて低いMIC濃度で抗菌活性を示す。同社の発売しているオフロキサシン、レボフロキサシンに比べ、マイコプラズマやクラミジアに対しても十分な活性をもつ。ピロリ菌に対しても抗菌活性を示すため、3次除菌薬として除菌試験の途中で販売中止となったガチフロキサシンの代替薬として有望視されている。シタフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • 伝染性コリーザ

    伝染性コリーザから見たマイコプラズママイコプラズマ

    伝染性コリーザ()とはAvibacterium(Haemophilus) paragallinarum感染を原因とするニワトリの伝染性呼吸器病。本病の予防にはワクチンがきわめて有効であり、日本ではワクチンの普及に伴い、発症例はきわめて稀となった。伝播経路として、病鶏との直接接触、鼻汁で汚染された飲水や飼料が挙げられる。臨床症状として鼻水の漏出、顔面の浮腫性腫脹、くしゃみ、奇声、開口呼吸などを示す。鑑別疾患としては伝染性気管支炎、マイコプラズマ感染症、緑膿菌感染症、頭部腫脹症候群などがある。伝染性コリーザ フレッシュアイペディアより)

  • 大澤省三

    大澤省三から見たマイコプラズママイコプラズマ

    1984年、バクテリアの1種のマイコプラズマが、変則的な遺伝暗号を使っていることを発見。この現象を説明する学説としてコドン捕獲説を提唱したことで知られる。大澤省三 フレッシュアイペディアより)

  • 伝染性無乳症

    伝染性無乳症から見たマイコプラズママイコプラズマ

    伝染性無乳症(でんせんせいむにゅうしょう、英:contagious agalactia)とはマイコプラズマ感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はヒツジ、ヤギ。ヒツジではMycoplasma agalactiae、ヤギではそのほかにMycoplasma mycoides subsp.、Mycoplasma mycoides large colony type、Mycoplasma capricolum subsp. capricolumが原因となる。症状は多くが慢性に経過し、乳量の減少を起こす。テトラサイクリン系抗生物質、マクロライド系抗生物質、ニューキノロン系合成抗菌薬が治療に使用される。伝染性無乳症 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品の薬効分類

    医薬品の薬効分類から見たマイコプラズママイコプラズマ

    614主としてグラム陽性菌、マイコプラズマに作用するもの医薬品の薬効分類 フレッシュアイペディアより)

  • 牛肺疫

    牛肺疫から見たマイコプラズママイコプラズマ

    牛肺疫(ぎゅうはいえき、contagious bovine pleuropneumonia;CBPP)とはMycoplasma mycoides subsp. mycoidesのSC株感染を原因とするウシおよびスイギュウの感染症。家畜伝染病予防法における法定伝染病の中で唯一マイコプラズマを原因とする疾病である。胸膜肺炎を主徴とし、菌体表面に形成される莢膜の主成分であるガラクタンは病原因子として重要である。感染動物との直接接触、飛沫核吸入による気道感染、感染動物の尿に汚染された飼料の摂取による経口感染が報告されている。特徴的な病変は肺の大理石様紋様である。日本では感染動物が発見された場合は治療を行わず淘汰する。牛肺疫 フレッシュアイペディアより)

  • 雑菌

    雑菌から見たマイコプラズママイコプラズマ

    細菌では、しばしば枯草菌や放線菌などの空中落下菌がコンタミの原因になる。特に枯草菌に代表されるバシラス属の細菌は、耐久性の高い芽胞を作り出すため、無菌操作が不適切であると出現しやすい。緑膿菌などの水中雑菌、ヒトの表皮に付着しているブドウ球菌などの常在細菌もまた、滅菌や無菌操作が不適切なときには器具や手指を介した汚染の原因になりやすい。また動物細胞を培養する実験では、マイコプラズマの混入が問題になることも多い。マイコプラズマは極めて小さい不定形の細菌であるためろ過滅菌によって除くことが出来ず、また有効な抗生物質が限られることから、対処して除染することは難しい。雑菌 フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ヴェンター

    クレイグ・ヴェンターから見たマイコプラズママイコプラズマ

    2007年に同研究所のグループは、ヴェンター自身の完全ゲノム配列を公開した。これはほぼ同時期に公表されたジェームズ・ワトソンのゲノムとともに、初めてのヒト個体完全ゲノム情報で、二倍体ゲノムのすべての相同遺伝子を含んでいる。さらに2008年には、細菌(マイコプラズマの一種 Mycoplasma genitalium)の全ゲノムの合成に初めて成功したと発表した。クレイグ・ヴェンター フレッシュアイペディアより)

  • アンシ・コイブランタ

    アンシ・コイブランタから見たマイコプラズママイコプラズマ

    シーズン終了後、マイコプラズマ肺炎を患い、クロスカントリースキーのトレーニングが困難になったことから純ジャンプに転向、ナショナルチーム入りして、2011年ノルディックスキー世界選手権では個人ノーマルヒルで10位、スキージャンプ・ワールドカップ総合40位となった。アンシ・コイブランタ フレッシュアイペディアより)

  • タイロシン

    タイロシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    タイロシン(英:tylosin)とはマクロライド系抗生物質の1つ。細菌のリボソームの50Sサブユニットに結合して細菌のタンパク質合成を阻害する。静菌的に作用するが高濃度では殺菌的に作用する。グラム陽性菌、マイコプラズマ、クラミジア、レプトスピラに有効であり、タイロシンはマイコプラズマに対する活性が他のマクロライド系抗生物質よりも高い。クロラムフェニコール系抗生物質はマクロライド系抗生物質と50Sサブユニットとの結合に拮抗するため、併用は禁忌。タイロシン フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「マイコプラズマ」のニューストピックワード