80件中 11 - 20件表示
  • 牛ライノウイルス病

    牛ライノウイルス病から見たマイコプラズママイコプラズマ

    牛ライノウイルス病(うしらいのういるすびょう、英:bovine rhinovirus infection)とは牛ライノウイルス感染を原因とするウシの感染症。牛ライノウイルスはピコルナウイルス科ライノウイルス属に属するRNAウイルス。単独感染では無症状あるいは軽度の症状であるが、細菌、マイコプラズマ、他のウイルスとの混合感染により症状は悪化する。症状は発熱、呼吸器症状。治療には二次感染により症状が悪化するため抗生物質を投与する。ワクチンはない。牛ライノウイルス病 フレッシュアイペディアより)

  • 犬伝染性気管気管支炎

    犬伝染性気管気管支炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    主な病原体は犬アデノウイルス2型、犬パラインフルエンザウイルス、犬ヘルペスウイルス、気管支肺血症菌(Bordetella bronchiseptica)、マイコプラズマなどであり、これらの単独あるいは混合感染により発症する。感染経路として飛沫感染、接触感染が挙げられる。気管支肺血症菌は健康犬の10~30%の割合で分離され、不顕性感染を起こしている。犬伝染性気管気管支炎 フレッシュアイペディアより)

  • 伝染性無乳症

    伝染性無乳症から見たマイコプラズママイコプラズマ

    伝染性無乳症(でんせんせいむにゅうしょう、英:contagious agalactia)とはマイコプラズマ感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はヒツジ、ヤギ。ヒツジではMycoplasma agalactiae、ヤギではそのほかにMycoplasma mycoides subsp.、Mycoplasma mycoides large colony type、Mycoplasma capricolum subsp. capricolumが原因となる。症状は多くが慢性に経過し、乳量の減少を起こす。テトラサイクリン系抗生物質、マクロライド系抗生物質、ニューキノロン系合成抗菌薬が治療に使用される。伝染性無乳症 フレッシュアイペディアより)

  • 中毒疹

    中毒疹から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ、単純ヘルペスなどのウイルス感染症、溶連菌感染症、薬剤の影響など、多種多様な要因が考えられるが、原因は特定できないことが多いのが通常である。中毒疹 フレッシュアイペディアより)

  • 牛肺疫

    牛肺疫から見たマイコプラズママイコプラズマ

    牛肺疫(ぎゅうはいえき、contagious bovine pleuropneumonia;CBPP)とはMycoplasma mycoides subsp. mycoidesのSC株感染を原因とするウシおよびスイギュウの感染症。家畜伝染病予防法における法定伝染病の中で唯一マイコプラズマを原因とする疾病である。胸膜肺炎を主徴とし、菌体表面に形成される莢膜の主成分であるガラクタンは病原因子として重要である。感染動物との直接接触、飛沫核吸入による気道感染、感染動物の尿に汚染された飼料の摂取による経口感染が報告されている。特徴的な病変は肺の大理石様紋様である。日本では感染動物が発見された場合は治療を行わず淘汰する。牛肺疫 フレッシュアイペディアより)

  • 関節症

    関節症から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマなどの病原菌の影響で、炎症を起こす。関節症 フレッシュアイペディアより)

  • テルモプラズマ属

    テルモプラズマ属から見たマイコプラズママイコプラズマ

    分類は何度か変更されている。当初細胞壁を欠くことからマイコプラズマの仲間ともされ、好熱好酸マイコプラズマと呼ばれた。その後、1980年にウーズらによって古細菌の仲間ということが明らかにされた。1984年には好熱性による類推からエオサイト界(レイクらによって真核生物に近い古細菌類として定義。後のクレンアーキオータ)に所属したが、むしろエオサイトよりもメタン菌に近いことからすぐに古細菌界(後のユリアーキオータ)に戻された。テルモプラズマ属 フレッシュアイペディアより)

  • ボクのセカイをまもるヒト

    ボクのセカイをまもるヒトから見たマイコプラズママイコプラズマ

    巻き毛長髪のゴスロリ童女。巽の命を狙う立場だが、やる気があるのかどうかはっきりしない。いつも有袋類のぬいぐるみを抱いており、戦闘時にはその一部分を変化させて使役する。ぬいぐるみは頻繁に替わっており、登場順にマイコプラズマ(カンガルー)・ヘリコバクター(コアラ)・クロストリジア(オポッサム)という名がついている。ボクのセカイをまもるヒト フレッシュアイペディアより)

  • グラム陽性菌

    グラム陽性菌から見たマイコプラズママイコプラズマ

    グラム陽性菌に属する細菌の属としてBacillus、Listeria、Staphylococcus、Streptococcus、Enterococcus、Clostridiumなどの属がよく知られている。広義にはMycoplasmaのような細胞壁を持たないためにグラム染色できないモリクテス綱の細菌もグラム陽性菌に分類される。グラム陽性菌 フレッシュアイペディアより)

  • タイロシン

    タイロシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    タイロシン(tylosin)とはマクロライド系抗生物質の1つ。細菌のリボソームの50Sサブユニットに結合して細菌のタンパク質合成を阻害する。静菌的に作用するが高濃度では殺菌的に作用する。グラム陽性菌、マイコプラズマ、クラミジア、レプトスピラに有効であり、タイロシンはマイコプラズマに対する活性が他のマクロライド系抗生物質よりも高い。クロラムフェニコール系抗生物質はマクロライド系抗生物質と50Sサブユニットとの結合に拮抗するため、併用は禁忌。タイロシン フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「マイコプラズマ」のニューストピックワード