80件中 21 - 30件表示
  • マイコプラズマ属

    マイコプラズマ属から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ属 フレッシュアイペディアより)

  • L型菌

    L型菌から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマのような寄生種の一部にも細胞壁を欠くものがあるが、細胞壁を持つ細菌に由来しないため、L型菌とは見なされない。L型菌 フレッシュアイペディアより)

  • シプロフロキサシン

    シプロフロキサシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    細胞の培養では、シプロフロキサシンはマイコプラズマへの感染に対処するために用いられる。シプロフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • ストルバイト

    ストルバイトから見たマイコプラズマ属マイコプラズマ

    生体鉱物としてヒトを含む動物の尿路結石として見出される。特にイヌの結石として非常に多く見出され、ネコやヒトでも高頻度に見られる。尿路感染症があると、尿素がアンモニウムに代謝されpHがアルカリ性へ傾くため生じやすい。原因菌としてはプロテウス属、シュードモナス属、クレブシエラ属、ブドウ球菌属、マイコプラズマ属などが挙げられる。また感染がない場合でも、イヌやネコではしばしば膀胱に結石を生じ、排尿障害や血尿といった症状を示す。ネコの場合、フェロモンの成分となるタンパク質cauxinがストルバイトの結晶核となることが知られているストルバイト フレッシュアイペディアより)

  • シタフロキサシン

    シタフロキサシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    抗菌活性の強い化合物であり、他剤に比べて低いMIC濃度で抗菌活性を示す。同社の発売しているオフロキサシン、レボフロキサシンに比べ、マイコプラズマやクラミジアに対しても十分な活性をもつ。ピロリ菌に対しても抗菌活性を示すため、3次除菌薬として除菌試験の途中で販売中止となったガチフロキサシンの代替薬として有望視されている。シタフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • アプラマイシン

    アプラマイシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    アプラマイシンは大腸菌、緑膿菌、気管支敗血症菌、サルモネラ菌など多種のグラム陰性菌、黄色ブドウ球菌やマイコプラズマなど一部のグラム陽性菌への感染症治療に用いられる。飼料に混ぜて経口投与されるが、体内には吸収されにくいため毒性は低く、副作用が表れることはまれ。アプラマイシン フレッシュアイペディアより)

  • エリスロマイシン

    エリスロマイシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    エリスロマイシン (erythromycin) はマクロライド系抗生物質の1つである。製品名は「エリスロシン®」(マイランEPD合同会社製造販売)。抗菌スペクトルはペニシリンと類似するが若干幅広く、ペニシリンにアレルギーを持つ人に対してしばしば使用される。呼吸器系への感染症に関しては、マイコプラズマ・クラミドフィラなどの非定型微生物に対しても高い効果を持つが、市中肺炎の原因菌の一つであるインフルエンザ菌には抗菌活性を示さない。クラミジア、梅毒、淋病の流行に対処する場合にも用いられる。14員環ラクトン環に2つの糖(L-クラジノースとD-デソアミン)が付いた構造を持つ。10か所の不斉中心があるなど構造が複雑なため合成するのは難しいとされる化合物である。エリスロマイシン フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ヴェンター

    クレイグ・ヴェンターから見たマイコプラズママイコプラズマ

    2007年に同研究所のグループは、ヴェンター自身の完全ゲノム配列を公開した。これはほぼ同時期に公表されたジェームズ・ワトソンのゲノムとともに、初めてのヒト個体完全ゲノム情報で、二倍体ゲノムのすべての相同遺伝子を含んでいる。さらに2008年には、細菌(マイコプラズマの一種 Mycoplasma genitalium)の全ゲノムの合成に初めて成功したと発表した。クレイグ・ヴェンター フレッシュアイペディアより)

  • LAMP法

    LAMP法から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマP検出試薬キットLAMP法 フレッシュアイペディアより)

  • クリンダマイシン

    クリンダマイシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    細菌において、グラム陽性菌、嫌気性菌、マイコプラズマに効能を持つが、グラム陰性菌には効かない。クリンダマイシン フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示