63件中 31 - 40件表示
  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たマイコプラズママイコプラズマ

    病原微生物ないし病原体(マイコプラズマやクラミジアといった細菌、スピロヘータ、リケッチア、ウイルス、真菌、原虫、寄生虫)がヒトや動物のからだや体液に侵入し、定着・増殖して感染をおこすと組織を破壊したり、病原体が毒素を出したりしてからだに害をあたえると、一定の潜伏期間を経たのちに病気となる。これを感染症という。類義語として伝染病があるが、これは伝染性をもつ感染症をさしている。また、伝染性をもつ感染症の流行を疫病(はやり病)と呼んでいる。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • テルモプラズマ属

    テルモプラズマ属から見たマイコプラズママイコプラズマ

    分類は何度か変更されている。当初細胞壁を欠くことからマイコプラズマの仲間ともされ、好熱好酸マイコプラズマと呼ばれた。その後、1980年にウーズらによって古細菌の仲間ということが明らかにされた。1984年には好熱性による類推からエオサイト界(レイクらによって真核生物に近い古細菌類として定義。後のクレンアーキオータ)に所属したが、むしろエオサイトよりもメタン菌に近いことからすぐに古細菌界(後のユリアーキオータ)に戻された。テルモプラズマ属 フレッシュアイペディアより)

  • 核様体

    核様体から見たマイコプラズママイコプラズマ

    原核生物の DNA のことを遺伝担体(genophore)と呼ぶが、原核生物の染色体と呼ばれることも多い。遺伝担体は染色質であるクロマチンを欠いているので、染色体という語を遺伝担体について使うのは誤解を招く。遺伝担体は、超螺旋形成として知られるメカニズムでコンパクト化されているのに対し、染色体ではクロマチンによりコンパクト化されている。遺伝担体は、ほとんどの原核生物で環状になっており、直線状のものはまれである。遺伝担体は環状であるために、テロメアなしで複製を開始することができる。遺伝担体は、真核生物の染色体よりも一般的にとても小さく、細菌の一種マイコプラズマ(特に )のように 580,073 塩基対しかないこともある。植物や動物のような多くの真核生物も、ミトコンドリアや葉緑素のような細胞小器官内に遺伝担体を持つ。これらの細胞小器官は、実際の原核生物に大変よく似ている。核様体 フレッシュアイペディアより)

  • スーパー抗原

    スーパー抗原から見たマイコプラズママイコプラズマ

    スーパー抗原(英:Superantigens)(略称:SAg)はT細胞を非特異的に多数活性化させ、多量のサイトカインを放出させる抗原である。スーパー抗原は病原性の微生物(細菌の他、ウイルスやマイコプラズマも含む)によって産生され、微生物側にとって免疫系に対する防御として働く。スーパー抗原 フレッシュアイペディアより)

  • フィルミクテス門

    フィルミクテス門から見たマイコプラズママイコプラズマ

    なお、系統的に近いマイコプラズマ類(無壁の細菌)も一時フィルミクテス門に含まれていたが、現在はテネリクテス門として独立させる場合が多い。フィルミクテス門 フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ肺炎

    マイコプラズマ肺炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ肺炎(マイコプラズマはいえん)はマイコプラズマ(ラテン語:Mycoplasma属の真性細菌 Mycoplasma pneumoniae )を主な原因とした呼吸器系の感染症である。肺炎球菌による肺炎とは異なる種類の肺炎であるということから、非定型肺炎または異型肺炎とも呼ばれているが、異型肺炎の呼び名は使われなくなりつつある。マイコプラズマ肺炎 フレッシュアイペディアより)

  • スピロヘータ

    スピロヘータから見たマイコプラズママイコプラズマ

    この他、属ごとに他の細菌にはあまり見られない特徴を有するものも見られる。例えばトレポネーマ属やレプトネーマ属には細胞体の中に細胞内微小管と呼ばれる、真核細胞の微小管とよく似た構造が見られる。ボレリアの細胞膜には動物細胞の膜脂質成分であるコレステロールが含まれており、この点でマイコプラズマと類似した特徴を持つ。またボレリアの中には、他のほとんどの真正細菌が環状DNAを遺伝子として持つのに対して、線状DNAを遺伝子として持っているものがある。スピロヘータ フレッシュアイペディアより)

  • ペニシリン

    ペニシリンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    ペニシリンは、真正細菌の細胞壁の合成を標的として特異的に阻害する薬剤である。ペプチドグリンカンを主要成分とする細胞壁はマイコプラズマを除く真正細菌の生存に必須な構造であるが、ヒトを含めた真核生物には存在しない。そのため、ペニシリンは真正細菌に対する選択毒性が高く、ヒトに対する毒性は低い。この点においてペニシリンは、すでに発見・実用化されていた色素剤やサルファ剤に比べて抗細菌剤としてはるかに優れており、このため実用化後には大きく普及し、他の多数の抗生物質開発のきっかけになった。ペニシリン フレッシュアイペディアより)

  • 小児科学

    小児科学から見たマイコプラズママイコプラズマ

    起因微生物(または生物)にはウイルス、細菌が二大要因であるが、マイコプラズマ、リケッチア、クラミジア、真菌、寄生虫も挙げられる。小児科学 フレッシュアイペディアより)

  • C反応性蛋白

    C反応性蛋白から見たマイコプラズママイコプラズマ

    C反応性蛋白の産生量は炎症反応の強さに相関するため、血清中のC反応性蛋白を定量して炎症反応の指標とすることができる。すなわち炎症が強いほど血清CRP値は高くなる。日本においては血液検査においてごく一般的に計測される。細菌感染では上昇しやすく、ウイルス感染ではアデノウイルスなど一部のウイルス以外ではインフルエンザウイルスのように強い発熱を発症するものでも上昇は軽微である。つまり、通常の感冒では上昇しないことが多い。また、マイコプラズマ感染では、成人では上昇しやすいが、小児ではしにくいといった特徴も認める。C反応性蛋白 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「マイコプラズマ」のニューストピックワード