80件中 31 - 40件表示
  • 細菌の細胞構造

    細菌の細胞構造から見たマイコプラズママイコプラズマ

    細胞外皮は、細胞膜と細胞壁から構成される。他の生物と同様に、細菌の細胞壁は、細胞の構造の保全に寄与している。原核生物では、細胞壁の最大の役割は、外の環境と比べて細胞内にタンパク質やその他の分子が多く含まれていることによる膨圧から細胞を保護することである。細菌の細胞壁は、細胞膜のすぐ外側にペプチドグリカンが存在する点で他の生物のものとは異なる。ペプチドグリカンは、N-アセチルムラミン酸とN-アセチルグルコサミンが交互に繋がった多糖骨格から構成され、細胞壁に堅牢性を与え、細胞の形を決めている。これは比較的多孔質であり、小分子の浸透の障壁にはならないと考えられている。マイコプラズマ等の少数の細胞外寄生細菌を除き、全ての細菌の細胞壁はペプチドグリカンを含むが、全て細胞壁が同じ全体構造を持つ訳ではない。また、動物細胞は細胞壁を持たないため、ペニシリンやセファロスポリン等の抗生物質は細胞壁合成阻害により細菌の感染を抑えるが、ヒトの細胞には影響を及ぼさない。細菌は、細胞壁のグラム染色特性の違いにより、グラム陽性菌とグラム陰性菌に分けることができる。どちらの細胞壁でも、直径2nm程度の粒子はペプチドグリカン層を通り抜ける。細胞壁が完全に取り除かれたものはプロトプラストと呼ばれ、部分的に取り除かれたものはスフェロプラストと呼ばれる。ペニシリン等のβ-ラクタム系抗生物質は、細胞壁のペプチドグリカンの合成を阻害する。ヒトの涙に含まれている酵素であるリゾチームも細菌の細胞壁を消化、殺菌でき、これは眼への細菌の感染を防止する主要な生体防御機構となっている。細菌の細胞構造 フレッシュアイペディアより)

  • 滅菌

    滅菌から見たマイコプラズママイコプラズマ

    濾過滅菌:細菌よりも小さなフィルターで濾過する方法。水道水に利用されている。その他、薬品の溶液や血清など、液体の分離には有用である。ウイルスやマイコプラズマなどの微小な微生物は除けないが、一般的には滅菌として扱われる。滅菌 フレッシュアイペディアより)

  • 医薬品の薬効分類

    医薬品の薬効分類から見たマイコプラズママイコプラズマ

    614主としてグラム陽性菌、マイコプラズマに作用するもの医薬品の薬効分類 フレッシュアイペディアより)

  • 原始生命体

    原始生命体から見たマイコプラズママイコプラズマ

    を除くと、ドメイン真正細菌においてはマイコプラズマと言われる細胞壁を有しない特殊な微生物が最小のゲノムを有している(ゲノムサイズは56万塩基対)。こちらも独立生活を行なわず哺乳類の細胞内などに寄生し何らかの病症をホストに及ぼす。 ともに独立生活を行えないという点で厳密な意味での生命の定義から外れるが、単位膜系、代謝系、自己増殖能を持つという点では生命の定義には反しない。原始生命体 フレッシュアイペディアより)

  • ファイトプラズマ

    ファイトプラズマから見たマイコプラズママイコプラズマ

    ファイトプラズマ (Phytoplasma) とは、植物に寄生して病害を起こす一群の特殊な細菌である。以前はマイコプラズマ様微生物 (Mycoplasma-like organism : MLO) と呼ばれた。偏性細胞内寄生性で、植物の師部とある種の昆虫に寄生する。古くはウイルスと考えられていたが、1967年に土居養二らによりマイコプラズマに似た細菌として世界で初めて発見された。現在では1,000種以上の植物に感染する病原体として知られる。ヨコバイやウンカなど師管液を吸う昆虫によって媒介され、これら媒介昆虫の体内でも増殖する。ファイトプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • ロキシスロマイシン

    ロキシスロマイシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    細菌のリボソームに作用し、タンパク質の合成を阻害することにより他のマクロライド系抗生物質と同様、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、マイコプラズマ属、ブランハメラ・カタラーリスなどに抗菌力を持つ。また、貪食細胞への移行にすぐれており、貪食細胞の食菌・殺菌作用を促進する。ロキシスロマイシン フレッシュアイペディアより)

  • オキシテトラサイクリン

    オキシテトラサイクリンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    OxTCはによるニキビの治療に日常的に用いられている。海外ではクラミジア感染症(胸の感染症であるオウム病、目の感染症であるトラコーマ、泌尿生殖器への感染症である性器クラミジア感染症)、肺炎等を起こすマイコプラズマ感染症、インフルエンザ菌等による慢性気管支炎の増悪、リケッチア感染症やQ熱の治療にも使用される。オキシテトラサイクリン フレッシュアイペディアより)

  • DAPI

    DAPIから見たマイコプラズママイコプラズマ

    DAPIが放出する青い蛍光は、観察試料を多重染色する際に便利である。青色の蛍光は、(若干のクロストークはあるものの)GFPが放つ緑色蛍光やテキサスレッドの赤色蛍光、その他のフルオレセイン誘導体やAlexaと波長域が離れており、スペクトル分離や画像撮影後のイメージング処理によって容易に選別が可能である。DNAを含む細胞核の染色以外に、DAPIは培養細胞中のマイコプラズマやウイルスのDNAを染めてこれらを検出する用途に良く用いられる。DAPI フレッシュアイペディアより)

  • 難波成任

    難波成任から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ様微生物 (MLO) の分類に世界で初めてリボソーム遺伝子の塩基配列による系統解析を導入し、それまで世界で1,000種類以上、国内で約40種類あったMLOをそれぞれ約30種と4種に整理分類した。またMLOとマイコプラズマの系統関係と翻訳システムの相違を発見し、MLOを「ファイトプラズマ」と改称し、プラスミドの昆虫伝搬能に関わる機能を解明するなど、ファイトプラズマ学創成に大きく貢献した。難波成任 フレッシュアイペディアより)

  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ、クラミジアは、細胞壁を持たない、細胞内寄生体で、「非定型肺炎」と従来から呼ばれていた。市中肺炎の起炎菌としては、しばしばみられる。喀痰を伴わない乾性咳嗽が長引くことを主訴としたときには念頭に置く必要がある。細菌性肺炎 フレッシュアイペディアより)

80件中 31 - 40件表示