80件中 41 - 50件表示
  • スピロヘータ

    スピロヘータから見たマイコプラズママイコプラズマ

    この他、属ごとに他の細菌にはあまり見られない特徴を有するものも見られる。例えばトレポネーマ属やレプトネーマ属には細胞体の中に細胞内微小管と呼ばれる、真核細胞の微小管とよく似た構造が見られる。ボレリアの細胞膜には動物細胞の膜脂質成分であるコレステロールが含まれており、この点でマイコプラズマと類似した特徴を持つ。またボレリアの中には、他のほとんどの真正細菌のゲノムが環状DNAであるのに対して、線状DNAをゲノムとして持っているものがある。スピロヘータ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ・ホミニス

    マイコプラズマ・ホミニスから見たマイコプラズマ属マイコプラズマ

    マイコプラズマ・ホミニス(Mycoplasma hominis)は、マイコプラズマ属の細菌の一種である。この細菌にはヒトの細胞内に入りこむ能力がある。と共に最小の自由生活生物として知られる。マイコプラズマ・ホミニス フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ・ジェニタリウム

    マイコプラズマ・ジェニタリウムから見たマイコプラズマ属マイコプラズマ

    マイコプラズマ・ジェニタリウム(Mycoplasma genitalium)は小さな病原性の細菌で、ヒトの泌尿器や生殖管の線毛上皮細胞に生息する。1981年に初めてその存在が報告され、1983年にマイコプラズマ属の新種だと同定された。マイコプラズマ・ジェニタリウム フレッシュアイペディアより)

  • 大澤省三

    大澤省三から見たマイコプラズママイコプラズマ

    1984年、バクテリアの1種のマイコプラズマが、変則的な遺伝暗号を使っていることを発見。この現象を説明する学説としてコドン捕獲説を提唱したことで知られる。大澤省三 フレッシュアイペディアより)

  • イワシャコ

    イワシャコから見たマイコプラズママイコプラズマ

    飼育下ではマイコプラズマの感染や丹毒などにより死亡することがある。イワシャコ フレッシュアイペディアより)

  • 雑菌

    雑菌から見たマイコプラズママイコプラズマ

    細菌では、しばしば枯草菌や放線菌などの空中落下菌がコンタミの原因になる。特に枯草菌に代表されるバシラス属の細菌は、耐久性の高い芽胞を作り出すため、無菌操作が不適切であると出現しやすい。緑膿菌などの水中雑菌、ヒトの表皮に付着しているブドウ球菌などの常在細菌もまた、滅菌や無菌操作が不適切なときには器具や手指を介した汚染の原因になりやすい。また動物細胞を培養する実験では、マイコプラズマの混入が問題になることも多い。マイコプラズマは極めて小さい不定形の細菌であるためろ過滅菌によって除くことが出来ず、また有効な抗生物質が限られることから、対処して除染することは難しい。雑菌 フレッシュアイペディアより)

  • アンシ・コイブランタ

    アンシ・コイブランタから見たマイコプラズママイコプラズマ

    シーズン終了後、マイコプラズマ肺炎を患い、クロスカントリースキーのトレーニングが困難になったことから純ジャンプに転向、ナショナルチーム入りして、2011年ノルディックスキー世界選手権では個人ノーマルヒルで10位、スキージャンプ・ワールドカップ総合40位となった。アンシ・コイブランタ フレッシュアイペディアより)

  • ガチフロキサシン

    ガチフロキサシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    肺炎球菌、インフルエンザ菌、肺炎クラミジア、マイコプラズマ、レジオネラなどに強い抗菌活性を有するレスピラトリーキノロンの一種で、同系統で先に上市していたトスフロキサシンやスパルフロキサシンの薬剤吸収低下や光線過敏症の欠点がなく、さらに従来のニューキノロン剤による薬剤耐性が出来ている多剤耐性肺炎球菌による市中肺炎に優れた効果を示す点から発売当初は「有望な抗菌剤」として注目され、杏林製薬は初年度売上85億円、以後年間売上100億円以上にする戦略をたてた。ガチフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • ファンシーラット

    ファンシーラットから見たマイコプラズママイコプラズマ

    ラットコロナウイルス感染症 (RCI) 、センダイウイルス、マイコプラズマによる呼吸器疾患など、いくつかの病気は単純にその高い感染力とラットの実験室、ペットショップ、ブリーダーでの飼育方法により広がっている。だが、マイコプラズマによる呼吸器疾患は研究室飼育のラットではペットのラットに比べてはるかに少ないことも特筆すべきことだ。ファンシーラット フレッシュアイペディアより)

  • エミー・クラインバーガー=ノーベル

    エミー・クラインバーガー=ノーベルから見たマイコプラズママイコプラズマ

    彼女は、マイコプラズマの研究を切り拓いた。1935年、彼女は細胞壁を欠いた異常な細菌株を発見、培養し、当時勤めていたレスター研究所に因んで、この株を「L型菌」と命名した。エミー・クラインバーガー=ノーベル フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示