63件中 41 - 50件表示
  • 肺炎レンサ球菌

    肺炎レンサ球菌から見たマイコプラズママイコプラズマ

    肺炎:一般細菌としては(マイコプラズマやクラミジア、ウイルスを除けば)、市中肺炎の最大の起炎菌である。乳幼児ではインフルエンザ桿菌に次ぐ。また、乳幼児では全身性感染症の部分症状として肺炎が発症する場合がある。鉄錆色の喀痰を示すことで有名である。肺炎レンサ球菌 フレッシュアイペディアより)

  • エリスロマイシン

    エリスロマイシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    エリスロマイシン (erythromycin) はマクロライド系抗生物質の1つである。抗菌スペクトルはペニシリンと類似するが若干幅広く、ペニシリンにアレルギーを持つ人に対してしばしば使用される。呼吸器系への感染症に関しては、マイコプラズマなどの非定型微生物に対しても高い効果を持つが、市中肺炎の原因菌の一つであるインフルエンザ菌には抗菌活性を示さない。クラミジア、梅毒、淋病の流行に対処する場合にも用いられる。14員環ラクトン環に2つの糖(L-クラジノースとD-デソアミン)が付いた構造を持つ。10か所の不斉中心があるなど構造が複雑なため合成するのは難しいとされる化合物である。エリスロマイシン フレッシュアイペディアより)

  • 慢性疲労症候群

    慢性疲労症候群から見たマイコプラズママイコプラズマ

    湾岸戦争症候群(GWS): 症状はCFS患者の症状と酷似している。劣化ウラン弾・化学兵器・マイコプラズマ・神経症などが原因ではないかといわれている。患者の約半数に、マイコプラズマの抗体が見つかっている。慢性疲労症候群 フレッシュアイペディアより)

  • シプロフロキサシン

    シプロフロキサシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    細胞の培養では、シプロフロキサシンはマイコプラズマへの感染に対処するために用いられる。シプロフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • クリンダマイシン

    クリンダマイシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    グラム陽性菌、嫌気性菌、マイコプラズマに効能を持つが、グラム陰性菌には効かない。クリンダマイシン フレッシュアイペディアより)

  • 中毒疹

    中毒疹から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ、単純ヘルペスなどのウイルス感染症、溶連菌感染症、薬剤の影響など、多種多様な要因が考えられるが、原因は特定できないことが多いのが通常である。中毒疹 フレッシュアイペディアより)

  • 急性散在性脳脊髄炎

    急性散在性脳脊髄炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎、インフルエンザなどのウイルス感染や、百日咳、猩紅熱、マイコプラズマなどの感染後に発症する。感染から発症までの期間は2〜15日程度である。ウイルスや細菌による神経感染ではなく、アレルギー性ではないかと考えられている。急性散在性脳脊髄炎 フレッシュアイペディアより)

  • 細菌性肺炎

    細菌性肺炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ、クラミジアは、細胞壁を持たない、細胞内寄生体で、「非定型肺炎」と従来から呼ばれていた。市中肺炎の起炎菌としては、しばしばみられる。喀痰を伴わない乾性咳嗽が長引くことを主訴としたときには念頭に置く必要がある。細菌性肺炎 フレッシュアイペディアより)

  • ST合剤

    ST合剤から見たマイコプラズママイコプラズマ

    経口薬のバクタ®錠・顆粒(塩野義製薬)やバクトラミン®錠・顆粒、注射としてはバクトラミン®注(中外製薬)が有名である。トリメトプリムとしてどれくらい必要であるという書き方をされている場合が必要なので処方には注意が必要である。カリニ肺炎の治療では目安として60kgの成人ならばバクトラミンは一回3Aの一日4回投与が必要である。HIV感染者の肺炎ではカリニ肺炎を疑わなければならないが典型的には1週間くらいかけて進行する亜急性の高熱と労作時に増悪する呼吸苦が特徴である。しかし乾性咳嗽を伴う気道感染の頻度としては、非定型肺炎(マイコプラズマやクラミドフィラ)の方が多いので初期治療としてはST合剤とマクロライド併用が多い。ST合剤 フレッシュアイペディアより)

  • カナマイシン

    カナマイシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    分子生物学において、カナマイシン耐性遺伝子は選択マーカーとして利用されている。また、細胞培養ではマイコプラズマの除去に用いられる。カナマイシン フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「マイコプラズマ」のニューストピックワード