1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示
  • スーパー抗原

    スーパー抗原から見たマイコプラズママイコプラズマ

    スーパー抗原(英:Superantigens)(略称:SAg)はT細胞を非特異的に多数活性化させ、多量のサイトカインを放出させる抗原である。スーパー抗原は病原性の微生物(細菌の他、ウイルスやマイコプラズマも含む)によって産生され、微生物側にとって免疫系に対する防御として働く。スーパー抗原 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタシリーズ

    チーム・バチスタシリーズから見たマイコプラズママイコプラズマ

    全国ツアーを控えた人気歌手。レコーディング中に倒れ、救命救急センターに入院した。1歳の時に養護施設からみどりに引き取られる。マイコプラズマ肺炎かと思われたが、入院中に発疹さらには吐血までしてしまう。チーム・バチスタシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • レボフロキサシン

    レボフロキサシンから見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ属 (注射剤のみ)レボフロキサシン フレッシュアイペディアより)

  • 慢性疲労症候群

    慢性疲労症候群から見たマイコプラズママイコプラズマ

    湾岸戦争症候群(GWS): 症状はCFS患者の症状と酷似している。劣化ウラン弾・化学兵器・マイコプラズマ・外傷性脳損傷(TBI)・メフロキン(マラリア予防剤)・神経症などが原因ではないかといわれている。患者の約半数に、マイコプラズマの抗体が見つかっている。イラク戦争でも精神神経障害の多発が問題になった。マラリア予防剤としてドキシサイクリンが使用された。慢性疲労症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ナノテクノロジー

    ナノテクノロジーから見たマイコプラズママイコプラズマ

    1ナノメートル (nm) は1メートルの1000000000分の1、10−9メートルである。例えば、炭素原子同士の結合距離または分子内の原子間の間隔はおおよそ0.12nmから0.15nmである。またDNAの二重らせんの直径は約2nmである。一方、最小の細胞であるマイコプラズマの全長は約200nmである。ナノテクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見たマイコプラズママイコプラズマ

    レンサ球菌(A群β溶連菌、肺炎球菌など)、黄色ブドウ球菌(MSSA、MRSA)、表皮ブドウ球菌、腸球菌、リステリア、髄膜炎菌、淋菌、病原性大腸菌(O157:H7など)、クレブシエラ(肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染症感染症 フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ肺炎

    マイコプラズマ肺炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ肺炎(マイコプラズマはいえん)とは、マイコプラズマ(ラテン語:Mycoplasma属の真性細菌 Mycoplasma pneumoniae )を主な原因とした呼吸器系の感染症である。肺炎球菌による肺炎とは異なる種類の肺炎であるということから、非定型肺炎または異型肺炎とも呼ばれているが、異型肺炎の呼び名は使われなくなりつつある。また、ヒトのほかブタ、ウシでも発生する。マイコプラズマ肺炎 フレッシュアイペディアより)

  • 非定型肺炎

    非定型肺炎から見たマイコプラズママイコプラズマ

    肺炎の原因となる細菌は、肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラ、肺炎桿菌、ブドウ球菌など多岐に渡るが、これらにはβラクタム系薬剤が作用する。しかし原因菌のなかでも、マイコプラズマ、クラミジア、レジオネラ、百日咳、Q熱コクシエラなどは、独特な生態からβラクタム系薬剤の効果が見られない。これらβラクタム系の効果がみられない肺炎を総称して「非定型肺炎」と呼ぶ。肺結核、非結核性抗酸菌症は一般的な非定型肺炎の治療では治癒しないため、非定型肺炎には含まれない。非定型肺炎 フレッシュアイペディアより)

  • 脳梗塞

    脳梗塞から見たマイコプラズママイコプラズマ

    原発性脳血管炎(PACNS)は中枢神経(CNS)に限局した血管炎であり、主に脳や脊髄の軟膜および脳実質内の長径200?300μmの細動脈から中動脈レベルの血管が障害される。原因ははっきりとはしておらず、マイコプラズマ、水痘帯状疱疹ウイルスなどの感染を契機に血管炎を引き起こす例や血管にアミロイド沈着などが認められ複数の原因の関与が示唆されている。症状の進行は一般的に亜急性の経過を辿ることが多いが、痙攣などで急性に発症する例や頭痛が持続する慢性の経過を辿ることもある。臨床症状としては認知機能低下83%、頭痛56%、痙攣や発熱30%、脳梗塞14%、脳出血12%の順に多く脊髄血管も障害された場合はそれに応じた症状が出現する。40?60歳発症が多く、男女差はない。診断のゴールドスタンダードはカテーテルによる脳血管造影、脳生検(軟膜や脳皮質の小血管炎)などである。全身性炎症反応は乏しいが髄液検査では何らかの異常が認められる。MRIでは血管炎に船尾なって単発、または多発の白質、灰白質の脳梗塞巣や出血巣が確認され、腫瘍状にみえることもある。また小血管炎の結果、白質病変が認められる。血管造影では小動脈の拡張、狭窄を示しビーズ状と称される。その他周辺の血管やそこからはずれた血管も不揃いで閉塞や途絶が認められる。治療は結節性多発動脈炎の治療に準じて、ステロイドとシクロホスファミドの併用療法などが行われることがある。脳梗塞 フレッシュアイペディアより)

  • 豚肉

    豚肉から見たマイコプラズママイコプラズマ

    マイコプラズマ肺炎、トキソプラズマ感染症、萎縮性鼻炎、豚赤痢 、オーエスキー病(豚ヘルペス)豚肉 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示