前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たゲノム

    ゲノムサイズが小さく(55万-140万塩基対程度)、記載種として最小の種を含み、細胞サイズも最小の部類(200-300nm)に入る。TCA回路、脂質合成系、アミノ酸合成経路を欠損しており、大半が合成培地で増殖できず、たいていの場合はステロールやアミノ酸、脂質、核酸など多くの成長因子を必要とする。細胞壁は欠損している。鞭毛は持たないが、適当な足場があれば滑走を起こす。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た近代オリンピック

    オリンピックが行われる年に流行する(4年に1度流行する)傾向があるとして「オリンピック熱」とも呼ばれるが、近年はこの傾向が薄れつつある。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た耐性菌

    野生におけるマイコプラズマの約15%は薬剤耐性菌(マクロライド耐性菌)と言われている。ただし、マイコプラズマ感染症は自然治癒することもあり、かつ一部のマクロライド系抗菌薬は抗菌作用とは別に、免疫力調整による抗炎症効果も期待されるため、耐性菌であるからといって同薬剤の効果がないとも断定できない。地域でのマクロライド系抗菌薬耐性菌の蔓延が疑われる場合や、同系統抗菌薬の効果が乏しいと判断された場合には、ニューキノロン系抗菌薬も用いられる。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た感冒

    喀痰を伴わない「乾いた咳」(dry cough,乾性咳嗽)をすることが多い。発熱は38.5℃を越えることもある。頭痛、咽頭痛、刺激性の咳(乾性咳嗽)、倦怠感などのいわゆる感冒様症状を呈する。消化管へのウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの症状を来たすこともある。最近では、大人が感染して重症化するケースが急増している。また、症状が呼吸器を中心としたものから消化器症状を併発、もしくは消化器症状を中心としたものへと移り変わってきている傾向がある。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た肺炎

    関節症をはじめ、肺炎などの原因となる。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た真核生物

    マイコプラズマ(ミコプラズマ、Mycoplasma)は、真正細菌の一属。真核生物を宿主とする寄生生物で、細胞壁を持たず細胞やゲノムが非常に小さいという特徴を持つ。現在、124種と4亜種が登録されている(2015年4月28日現在)。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たポリメラーゼ連鎖反応

    検出のためのゴールドスタンダードは培養法であるが、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR法)やEIA法、核染色法(ヘキスト染色法/Hoechst Stain Method)でも検出が可能である。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た消化器

    喀痰を伴わない「乾いた咳」(dry cough,乾性咳嗽)をすることが多い。発熱は38.5℃を越えることもある。頭痛、咽頭痛、刺激性の咳(乾性咳嗽)、倦怠感などのいわゆる感冒様症状を呈する。消化管へのウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの症状を来たすこともある。最近では、大人が感染して重症化するケースが急増している。また、症状が呼吸器を中心としたものから消化器症状を併発、もしくは消化器症状を中心としたものへと移り変わってきている傾向がある。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た塩基

    ゲノムサイズが小さく(55万-140万塩基対程度)、記載種として最小の種を含み、細胞サイズも最小の部類(200-300nm)に入る。TCA回路、脂質合成系、アミノ酸合成経路を欠損しており、大半が合成培地で増殖できず、たいていの場合はステロールやアミノ酸、脂質、核酸など多くの成長因子を必要とする。細胞壁は欠損している。鞭毛は持たないが、適当な足場があれば滑走を起こす。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た脂質

    ゲノムサイズが小さく(55万-140万塩基対程度)、記載種として最小の種を含み、細胞サイズも最小の部類(200-300nm)に入る。TCA回路、脂質合成系、アミノ酸合成経路を欠損しており、大半が合成培地で増殖できず、たいていの場合はステロールやアミノ酸、脂質、核酸など多くの成長因子を必要とする。細胞壁は欠損している。鞭毛は持たないが、適当な足場があれば滑走を起こす。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示