45件中 21 - 30件表示
  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た

    オリンピックが行われる年に流行する(4年に1度流行する)傾向があるとして「オリンピック」とも呼ばれるが、近年はこの傾向が薄れつつある。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た可塑性

    細胞壁を持たないため細胞の形状に可塑性があり、0.22 μmフィルターを通過する。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た細胞培養

    そのため、細胞培養に用いる培地は、ろ過滅菌してもしばしばマイコプラズマによるコンタミネーション(汚染)が見られることが多い。細菌や真菌のコンタミネーションでは汚染が目視することができ、培養細胞が死に至ることが多いためコンタミネーションの発見は容易であるのに対して、マイコプラズマのコンタミネーションでは顕微鏡下であっても小さすぎて目視することができず、また培養細胞と共存することが多いためコンタミネーションの発生を見逃しやすい。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た代謝

    マイコプラズマのコンタミネーションによる影響としては、培地の栄養の消費による培養細胞の成長阻害の他、マイコプラズマの直接の作用による代謝経路への影響や、遺伝子発現への影響が確認されている。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た真正細菌

    マイコプラズマ(ミコプラズマ、Mycoplasma)は、真正細菌の一属。真核生物を宿主とする寄生生物で、細胞壁を持たず細胞やゲノムが非常に小さいという特徴を持つ。現在、124種と4亜種が登録されている(2015年4月28日現在)。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た滅菌

    そのため、細胞培養に用いる培地は、ろ過滅菌してもしばしばマイコプラズマによるコンタミネーション(汚染)が見られることが多い。細菌や真菌のコンタミネーションでは汚染が目視することができ、培養細胞が死に至ることが多いためコンタミネーションの発見は容易であるのに対して、マイコプラズマのコンタミネーションでは顕微鏡下であっても小さすぎて目視することができず、また培養細胞と共存することが多いためコンタミネーションの発生を見逃しやすい。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た喀痰

    喀痰を伴わない「乾いた咳」(dry cough,乾性咳嗽)をすることが多い。発熱は38.5℃を越えることもある。頭痛、咽頭痛、刺激性の咳(乾性咳嗽)、倦怠感などのいわゆる感冒様症状を呈する。消化管へのウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの症状を来たすこともある。最近では、大人が感染して重症化するケースが急増している。また、症状が呼吸器を中心としたものから消化器症状を併発、もしくは消化器症状を中心としたものへと移り変わってきている傾向がある。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た倦怠感

    喀痰を伴わない「乾いた咳」(dry cough,乾性咳嗽)をすることが多い。発熱は38.5℃を越えることもある。頭痛、咽頭痛、刺激性の咳(乾性咳嗽)、倦怠感などのいわゆる感冒様症状を呈する。消化管へのウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの症状を来たすこともある。最近では、大人が感染して重症化するケースが急増している。また、症状が呼吸器を中心としたものから消化器症状を併発、もしくは消化器症状を中心としたものへと移り変わってきている傾向がある。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た亜種

    マイコプラズマ(ミコプラズマ、Mycoplasma)は、真正細菌の一属。真核生物を宿主とする寄生生物で、細胞壁を持たず細胞やゲノムが非常に小さいという特徴を持つ。現在、124種と4亜種が登録されている(2015年4月28日現在)。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たコンタミネーション

    そのため、細胞培養に用いる培地は、ろ過滅菌してもしばしばマイコプラズマによるコンタミネーション(汚染)が見られることが多い。細菌や真菌のコンタミネーションでは汚染が目視することができ、培養細胞が死に至ることが多いためコンタミネーションの発見は容易であるのに対して、マイコプラズマのコンタミネーションでは顕微鏡下であっても小さすぎて目視することができず、また培養細胞と共存することが多いためコンタミネーションの発生を見逃しやすい。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示