44件中 31 - 40件表示
  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たコンタミネーション

    そのため、細胞培養に用いる培地は、ろ過滅菌してもしばしばマイコプラズマによるコンタミネーション(汚染)が見られることが多い。細菌や真菌のコンタミネーションでは汚染が目視することができ、培養細胞が死に至ることが多いためコンタミネーションの発見は容易であるのに対して、マイコプラズマのコンタミネーションでは顕微鏡下であっても小さすぎて目視することができず、また培養細胞と共存することが多いためコンタミネーションの発生を見逃しやすい。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た細胞壁

    マイコプラズマ(ミコプラズマ、Mycoplasma)は、真正細菌の一属。真核生物細胞内に寄生する。主な特徴として、細胞壁の欠損、非常に小さな細胞サイズならびにゲノムサイズを持つことがある。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た血清

    病原体の直接証明として分離培養、PCR、蛍光抗体法がある。血清診断としてはペア血清による診断が確実である。迅速診断としてIgM測定が可能である。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たギリシア語

    学名は新ラテン語で「不定形の菌」という意味を持っている。これは、ギリシア語で「キノコ」を意味するμύκης(ミュケース)の語幹と、「形作られたもの、虚構」を意味するπλάσμα(プラスマ)を母音-ο-で接続後、ラテン語化(Mycoplasma;ミュコプラスマ)したものである。日本語のマイコプラズマは、英語発音のマイコープラズマに由来する。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たろ過

    そのため、細胞培養に用いる培地は、ろ過滅菌してもしばしばマイコプラズマによるコンタミネーション(汚染)が見られることが多い。細菌や真菌のコンタミネーションでは汚染が目視することができ、培養細胞が死に至ることが多いためコンタミネーションの発見は容易であるのに対して、マイコプラズマのコンタミネーションでは顕微鏡下であっても小さすぎて目視することができず、また培養細胞と共存することが多いためコンタミネーションの発生を見逃しやすい。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た病原体

    病原体の直接証明として分離培養、PCR、蛍光抗体法がある。血清診断としてはペア血清による診断が確実である。迅速診断としてIgM測定が可能である。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たマクロライド系抗生物質

    アジスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質、ミノサイクリンなどのテトラサイクリン系抗生物質がよく用いられる。ケトライド系、リンコマイシン系、ニューキノロン系薬剤(ガレノキサシンなど)も有効である。細胞壁を持たないため、β-ラクタム系(ペニシリン系、セフェム系)の薬剤は効果がない。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たリンコマイシン

    アジスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質、ミノサイクリンなどのテトラサイクリン系抗生物質がよく用いられる。ケトライド系、リンコマイシン系、ニューキノロン系薬剤(ガレノキサシンなど)も有効である。細胞壁を持たないため、β-ラクタム系(ペニシリン系、セフェム系)の薬剤は効果がない。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た関節症

    関節症をはじめ、肺炎などの原因となる。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たペア血清

    病原体の直接証明として分離培養、PCR、蛍光抗体法がある。血清診断としてはペア血清による診断が確実である。迅速診断としてIgM測定が可能である。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

44件中 31 - 40件表示

「マイコプラズマ」のニューストピックワード