45件中 31 - 40件表示
  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た細胞壁

    マイコプラズマ(ミコプラズマ、Mycoplasma)は、真正細菌の一属。真核生物を宿主とする寄生生物で、細胞壁を持たず細胞やゲノムが非常に小さいという特徴を持つ。現在、124種と4亜種が登録されている(2015年4月28日現在)。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た血清

    病原体の直接証明として分離培養、PCR、蛍光抗体法がある。血清診断としてはペア血清による診断が確実である。迅速診断としてIgM測定が可能である。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たTCA回路

    ゲノムサイズが小さく(55万-140万塩基対程度)、記載種として最小の種を含み、細胞サイズも最小の部類(200-300nm)に入る。TCA回路、脂質合成系、アミノ酸合成経路を欠損しており、大半が合成培地で増殖できず、たいていの場合はステロールやアミノ酸、脂質、核酸など多くの成長因子を必要とする。細胞壁は欠損している。鞭毛は持たないが、適当な足場があれば滑走を起こす。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たろ過

    そのため、細胞培養に用いる培地は、ろ過滅菌してもしばしばマイコプラズマによるコンタミネーション(汚染)が見られることが多い。細菌や真菌のコンタミネーションでは汚染が目視することができ、培養細胞が死に至ることが多いためコンタミネーションの発見は容易であるのに対して、マイコプラズマのコンタミネーションでは顕微鏡下であっても小さすぎて目視することができず、また培養細胞と共存することが多いためコンタミネーションの発生を見逃しやすい。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た病原体

    病原体の直接証明として分離培養、PCR、蛍光抗体法がある。血清診断としてはペア血清による診断が確実である。迅速診断としてIgM測定が可能である。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たアミノ酸

    ゲノムサイズが小さく(55万-140万塩基対程度)、記載種として最小の種を含み、細胞サイズも最小の部類(200-300nm)に入る。TCA回路、脂質合成系、アミノ酸合成経路を欠損しており、大半が合成培地で増殖できず、たいていの場合はステロールやアミノ酸、脂質、核酸など多くの成長因子を必要とする。細胞壁は欠損している。鞭毛は持たないが、適当な足場があれば滑走を起こす。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たマクロライド系抗生物質

    マクロライド系抗生物質、テトラサイクリン系抗生物質がよく用いられる。ケトライド系、リンコマイシン系、ニューキノロン系薬剤も有効である。いずれも7日?10日間の投与が推奨されている。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たリンコマイシン

    マクロライド系抗生物質、テトラサイクリン系抗生物質がよく用いられる。ケトライド系、リンコマイシン系、ニューキノロン系薬剤も有効である。いずれも7日?10日間の投与が推奨されている。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た関節症

    関節症をはじめ、肺炎などの原因となる。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たペア血清

    病原体の直接証明として分離培養、PCR、蛍光抗体法がある。血清診断としてはペア血清による診断が確実である。迅速診断としてIgM測定が可能である。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示