1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示
  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た学名

    学名は新ラテン語で「不定形の菌」という意味を持っている。これは、ギリシア語で「キノコ」を意味するμύκης(ミュケース)の語幹と、「形作られたもの、虚構」を意味するπλάσμα(プラスマ)を母音-ο-で接続後、ラテン語化(Mycoplasma;ミュコプラスマ)したものである。日本語のマイコプラズマは、英語発音のマイコープラズマに由来する。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たテトラサイクリン系抗生物質

    アジスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質、ミノサイクリンなどのテトラサイクリン系抗生物質がよく用いられる。ケトライド系、リンコマイシン系、ニューキノロン系薬剤(ガレノキサシンなど)も有効である。細胞壁を持たないため、β-ラクタム系(ペニシリン系、セフェム系)の薬剤は効果がない。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見たペニシリン

    アジスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質、ミノサイクリンなどのテトラサイクリン系抗生物質がよく用いられる。ケトライド系、リンコマイシン系、ニューキノロン系薬剤(ガレノキサシンなど)も有効である。細胞壁を持たないため、β-ラクタム系(ペニシリン系、セフェム系)の薬剤は効果がない。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

  • マイコプラズマ

    マイコプラズマから見た成長因子

    ゲノムサイズが小さく(55万-140万塩基対程度)、記載種として最小の種を含み、細胞サイズも最小の部類(200-300nm)に入る。大半が合成培地で増殖できず、たいていの場合は多くの成長因子を必要とする。自然条件では特定の真核生物細胞内に寄生する。ただし、実験室レベルでは栄養培地で培養可能な種もある。これらは培地で培養可能な最小の生物と位置づけられている。マイコプラズマ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示

「マイコプラズマ」のニューストピックワード