マイネルキッツ ニュース&Wiki etc.

マイネルキッツは日本中央競馬会 (JRA) に登録されている競走馬。勝ち鞍に2009年天皇賞(春)・2010年日経賞・2011年ステイヤーズステークス。馬名の由来は冠名+ドイツ語で「子鹿、子カモシカ」。 (出典:Wikipedia)

「マイネルキッツ」最新ニュース

「マイネルキッツ」Q&A

  • Q&A

    競馬で、血統の特徴を書きます。 意見ください。 ①キングヘイロー産駒。 注目デー…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月2日 10:00

  • Q&A

    天皇賞(春)の過去の勝ち馬を見ていると父より母父のほうが有名な馬が多いような気がしま…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年5月1日 09:01

  • Q&A

    天皇賞(春) 京都 3000m 現在一番人気のゴールドアクターですが今まで一度も京…

    [続きを読む]

    回答数:11質問日時 - 2016年4月30日 17:12

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「マイネルキッツ」のつながり調べ

  • ビートブラック

    ビートブラックから見たマイネルキッツ

    日経新春杯4着、ダイヤモンドステークス6着、阪神大賞典10着で迎えた天皇賞(春)はスタートからゴールデンハインドと大逃げとなり、後方の他馬も断然の1番人気だったオルフェーヴルを巡ってマークし合ったこともあり、まんまと逃げ切り2着のトーセンジョーダンに4馬身差の圧勝で重賞初制覇がGI制覇(マイネルキッツ、ジャガーメイル以来の重賞未勝利馬による天皇賞(春)制覇も果たした。)となった。14番人気で単勝15,960円は天皇賞(春)の過去最高配当となった。鞍上の石橋脩はGI初制覇(京都競馬場の競走も初勝利)、調教師の中村均は朝日杯3歳ステークスのマイネルマックス以来のGI制覇で天皇賞(春)は初制覇。調教師だった父の中村覚之助も1972年に天皇賞(秋)をヤマニンウエーブで制しており、調教師の天皇賞父子制覇も達成し、ミスキャスト産駒もJRA重賞初制覇となった。また天皇賞の出走投票直前まで鞍上が決まらなかったが、別の馬の騎乗で京都競馬場に遠征していた石橋が騎乗しての勝利だった。続く宝塚記念では、好位でレースを進めたが、最後は脚が上がり9着に終わった。(ビートブラック フレッシュアイペディアより)

  • 重政豊

    重政豊から見たマイネルキッツ

    松岡からは自身がマイネルキッツに騎乗し天皇賞(春)を勝利した際に着用していた勝負服(サラブレッドクラブ・ラフィアンのもの)をサイン入りでプレゼントされてネタでも着用している。(重政豊 フレッシュアイペディアより)

「マイネルキッツ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「マイネルキッツ」のニューストピックワード