マイネルキッツ ニュース&Wiki etc.

マイネルキッツは日本中央競馬会 (JRA) の競走馬。勝ち鞍に2009年天皇賞(春)・2010年日経賞・2011年ステイヤーズステークス。馬名の由来は冠名+ドイツ語で「子鹿、子カモシカ」。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「マイネルキッツ」のつながり調べ

  • 武士沢友治

    武士沢友治から見たマイネルキッツ

    2008年8月31日、新潟記念を16番人気アルコセニョーラで制し重賞2勝目。2着に2番人気のマイネルキッツ、3着に14番人気のトウショウシロッコが入線し、三連単は100万円を超える大波乱となった。元々この日は札幌で騎乗する予定だったが、お手馬のダイワマックワンがキーンランドカップで除外対象となり、アルコセニョーラ陣営から依頼が舞い込んでの騎乗だった。「一瞬の脚を生かす競馬が合うと思ったので直線残り400まで我慢したら、思った通りの脚を使ってくれました」と語っている。(武士沢友治 フレッシュアイペディアより)

  • ジャガーメイル

    ジャガーメイルから見たマイネルキッツ

    2010年はダイヤモンドステークスから始動する予定であったが、左前肢フレグモーネのため出走を取り消した。代わりに京都記念に出走し、直線でブエナビスタに迫るも差し切ることができず、半馬身差の2着に敗れた。そして5月2日の天皇賞(春)は直線抜け出したマイネルキッツをゴール寸前で差しきり、重賞初制覇をGIで飾り、鞍上のC・ウィリアムズもJRA重賞初制覇となった。なお、天皇賞(春)を外国人騎手が制したは史上初のことであった。続く6月27日の宝塚記念ではブエナビスタに次ぐ2番人気で出走、中団追走も直線で伸びあぐねて8着に敗れた。秋はステップレースを使わずに天皇賞(秋)へ出走し15位に入線したが、直線でエイシンアポロンの走行を妨害したとして18着に降着となった。(ジャガーメイル フレッシュアイペディアより)

「マイネルキッツ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「マイネルキッツ」のニューストピックワード