前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 松岡正海

    松岡正海から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    翌2009年5月3日の天皇賞・春では、前走の日経賞でアルナスラインの2着にもってきたマイネルキッツに引き続き騎乗し、12番人気という低評価を覆し、前走敗れたアルナスラインに競り勝った。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • ジャガーメイル

    ジャガーメイルから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    2010年はダイヤモンドステークスから始動する予定であったが、左前肢フレグモーネのため出走を取り消した。代わりに京都記念に出走し、直線でブエナビスタに迫るも差し切ることができず、半馬身差の2着に敗れた。そして5月2日の天皇賞(春)は直線抜け出したマイネルキッツをゴール寸前で差しきり、重賞初制覇をGIで飾り、鞍上のC・ウィリアムズもJRA重賞初制覇となった。なお、天皇賞(春)を外国人騎手が制したは史上初のことであった。続く6月27日の宝塚記念ではブエナビスタに次ぐ2番人気で出走、中団追走も直線で伸びあぐねて8着に敗れた。秋はステップレースを使わずに天皇賞(秋)へ出走し15位に入線したが、直線でエイシンアポロンの走行を妨害したとして18着に降着となった。ジャガーメイル フレッシュアイペディアより)

  • マイネカンナ

    マイネカンナから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    半兄に2009年の天皇賞・春を制したマイネルキッツ(父・チーフベアハート)がいる。マイネカンナ フレッシュアイペディアより)

  • ネヴァブション

    ネヴァブションから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    2010年の初戦は連覇のかかったアメリカジョッキークラブカップに出走。道中好位でレースを進め、最後の直線でシャドウゲイトとのたたき合いを制し、レース史上2頭目の連覇を飾った。続く日経賞では中団から追い上げてくるもマイネルキッツの4着に敗れた。その後、香港に遠征し4月25日のクイーンエリザベス2世カップに出走、ヴィヴァパタカの4着に敗れた。帰国後、6月27日の宝塚記念では中団からしぶとく伸びてくるも届かず5着に敗れた。秋緒戦の毎日王冠では後方待機から最後の直線で馬場の最内から追い込んで3着に入った。天皇賞(秋)では後方から追い上げるもブエナビスタの5着に敗れた。ジャパンカップに出走登録を行っていたが除外され12月4日のステイヤーズステークスに出走、好位から脚を伸ばしコスモヘレノスの3着に入った。有馬記念では中団追走も伸び切れず8着に終わった。ネヴァブション フレッシュアイペディアより)

  • 重政豊

    重政豊から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    松岡からは自身がマイネルキッツに騎乗し天皇賞(春)を勝利した際に着用していた勝負服(サラブレッドクラブ・ラフィアンのもの)をサイン入りでプレゼントされてネタでも着用している。重政豊 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーボーイ

    サッカーボーイから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    サッカーボーイ自身は現役時代にマイルから中距離で活躍したが、血統はサンクタスからファイントップに遡る長距離血統で、ヒシミラクル、ナリタトップロード、キョウトシチー、アイポッパー、ゴーゴーゼットなど長距離馬を多数輩出し、中央競馬で1600メートルの重賞を勝ったのはブルーイレヴン1頭である。牝馬の代表産駒は秋華賞馬ティコティコタックがいる。また母の父としてもツルマルボーイ(安田記念)、チョウサン(毎日王冠)、メジロマイヤー(きさらぎ賞、小倉大賞典)、マイネルキッツ(天皇賞・春)を送り出し成功している。サッカーボーイ フレッシュアイペディアより)

  • チーフベアハート

    チーフベアハートから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    基本的に中距離を得意とする馬が中心ながら,ダートや短距離さらには障害で活躍する馬も輩出するなど、産駒は幅広く活躍している。2009年はマイネルキッツが天皇賞(春)を制覇、ビービーガルダンがスプリンターズステークスで2着、同一年に産駒が3200mと1200mのGIで連対したのは2006年のサンデーサイレンス(ディープインパクト(天皇賞(春)1着)、オレハマッテルゼ(高松宮記念1着))以来で、史上2頭目となった。チーフベアハート フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    さらに本番の天皇賞・春に出走。日経賞の勝ち馬ながら重賞2連勝中のアサクサキングス、前年のジャパンカップ覇者スクリーンヒーロー、ダイヤモンドステークスを完勝したモンテクリスエスに次ぐ4番人気にとどまる。レースは中団7?8番手に控え、直線に入るとよく伸びたものの、先に内から抜け出したマイネルキッツを捉えきれずに2着に敗れた。しかし、前述の3頭にはいずれも先着した。続く6月28日の宝塚記念では中団からレースを進めたが、最後の直線で伸び切れず6着に終わった。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • ビートブラック

    ビートブラックから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    日経新春杯4着、ダイヤモンドステークス6着、阪神大賞典10着で迎えた天皇賞(春)はスタートからゴールデンハインドと大逃げとなり、後方の他馬も断然の1番人気だったオルフェーヴルを巡ってマークし合ったことやタイムの出やすい高速馬場の影響などもあり、まんまと逃げ切り2着のトーセンジョーダンに4馬身差の圧勝で重賞初制覇がGI制覇(マイネルキッツ、ジャガーメイル以来の重賞未勝利馬による天皇賞(春)制覇も果たした。)となった。14番人気で単勝15,960円は天皇賞(春)の過去最高配当となった。鞍上の石橋脩はGI初制覇(京都競馬場の競走も初勝利)、調教師の中村均は朝日杯3歳ステークスのマイネルマックス以来のGI制覇で天皇賞(春)は初制覇。調教師だった父の中村覚之助も1972年に天皇賞(秋)をヤマニンウエーブで制しており、調教師の天皇賞父子制覇も達成し、ミスキャスト産駒もJRA重賞初制覇となった。また天皇賞の出走投票直前まで鞍上が決まらなかったが、別の馬の騎乗で京都競馬場に遠征していた石橋が騎乗しての勝利だった。続く宝塚記念では、好位でレースを進めたが、最後は脚が上がり9着に終わった。ビートブラック フレッシュアイペディアより)

  • ビッグレッドファーム

    ビッグレッドファームから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    マイネルキッツ(2009年天皇賞・春、2010年日経賞、2011年ステイヤーズステークス)ビッグレッドファーム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示