前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 松岡正海

    松岡正海から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    翌2009年5月3日の天皇賞・春では、前走の日経賞でアルナスラインの2着にもってきたマイネルキッツに引き続き騎乗し、12番人気という低評価を覆し、前走敗れたアルナスラインに競り勝った。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

  • 第135回天皇賞

    第135回天皇賞から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    前半1000mの60.3秒は前年の天皇賞(春)と同じラップで速い。ディープインパクトとメイショウサムソンが最後の坂上を駆け上がった地点からスパートを仕掛けたところまで同じ。但し前年と違う点は、ディープインパクト自身が単独でスパートを仕掛けたのに対して、メイショウサムソンの場合は自身スパートを仕掛けたと同時にほとんどの馬がスパートをせざるを得なかった点である。このため先頭集団が早めのスパートについて来られず潰れて、直線で末脚勝負する後方待機組は仕掛けを早められて前を捉えることはできなかった。出走した上位9着が3分14秒以内でゴールインしたあと、殆どの馬がコーナーを曲がりきれずに疲れ果ててしまった。過去3分14秒以内で入線した馬は2007年までディープインパクト、リンカーン、マヤノトップガン、サクラローレル、マーベラスサンデーの5頭のみ(後に行われた第139回天皇賞ではマイネルキッツ、アルナスライン、ドリームジャーニーほか2頭も3分14秒台をマークしている。)で、3分13秒台で駆け抜けたディープインパクト以外はのちに故障に苦しめられて早期引退に追い込まれている(2着のエリモエクスパイアもこのレース以後、故障で1年以上の休養を余儀なくされた)。このことから前年の天皇賞(春)以上にハードなレースであった。第135回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    さらに本番の天皇賞・春に出走。日経賞の勝ち馬ながら重賞2連勝中のアサクサキングス、前年のジャパンカップ覇者スクリーンヒーロー、ダイヤモンドステークスを完勝したモンテクリスエスに次ぐ4番人気にとどまる。レースは中団7?8番手に控え、直線に入るとよく伸びたものの、先に内から抜け出したマイネルキッツを捉えきれずに2着に敗れた。しかし、前述の3頭にはいずれも先着した。続く6月28日の宝塚記念では中団からレースを進めたが、最後の直線で伸び切れず6着に終わった。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • 重政豊

    重政豊から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    松岡からは自身がマイネルキッツに騎乗し天皇賞(春)を勝利した際に着用していた勝負服(サラブレッドクラブ・ラフィアンのもの)をサイン入りでプレゼントされてネタでも着用している。重政豊 フレッシュアイペディアより)

  • サラブレッドクラブ・ラフィアン

    サラブレッドクラブ・ラフィアンから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    2009年 - マイネルキッツが天皇賞(春)を制覇、旧八大競走制覇も初サラブレッドクラブ・ラフィアン フレッシュアイペディアより)

  • ネヴァブション

    ネヴァブションから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    2010年の初戦は連覇のかかったアメリカジョッキークラブカップに出走。道中好位でレースを進め、最後の直線でシャドウゲイトとのたたき合いを制し、レース史上2頭目の連覇を飾った。続く日経賞では中団から追い上げてくるもマイネルキッツの4着に敗れた。その後、香港に遠征し4月25日のクイーンエリザベス2世カップに出走、ヴィヴァパタカの4着に敗れた。帰国後、6月27日の宝塚記念では中団からしぶとく伸びてくるも届かず5着に敗れた。秋緒戦の毎日王冠では後方待機から最後の直線で馬場の最内から追い込んで3着に入った。天皇賞(秋)では後方から追い上げるもブエナビスタの5着に敗れた。ジャパンカップに出走登録を行っていたが除外され12月4日のステイヤーズステークスに出走、好位から脚を伸ばしコスモヘレノスの3着に入った。有馬記念では中団追走も伸び切れず8着に終わった。ネヴァブション フレッシュアイペディアより)

  • サッカーボーイ

    サッカーボーイから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    サッカーボーイ自身は現役時代にマイルから中距離で活躍したが、血統はサンクタスからファイントップに遡る長距離血統で、ヒシミラクル、ナリタトップロード、キョウトシチー、アイポッパー、ゴーゴーゼットなど長距離馬を多数輩出し、中央競馬で1600メートルの重賞を勝ったのはブルーイレヴン1頭である。牝馬の代表産駒は秋華賞馬ティコティコタックがいる。また母の父としてもツルマルボーイ(安田記念)、チョウサン(毎日王冠)、メジロマイヤー(きさらぎ賞、小倉大賞典)、マイネルキッツ(天皇賞・春)を送り出し成功している。サッカーボーイ フレッシュアイペディアより)

  • チーフベアハート

    チーフベアハートから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    基本的に中距離が守備範囲ながらダートや短距離で活躍する馬も輩出している。2009年はマイネルキッツが天皇賞(春)を制覇、ビービーガルダンがスプリンターズステークスで2着、同一年に産駒が3200mと1200mのGIで連対したのは2006年のサンデーサイレンス(ディープインパクト(天皇賞(春)1着)、オレハマッテルゼ(高松宮記念1着))以来で、史上2頭目となった。チーフベアハート フレッシュアイペディアより)

  • マイネカンナ

    マイネカンナから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    半兄に2009年の天皇賞・春を制したマイネルキッツ(父・チーフベアハート)がいる。マイネカンナ フレッシュアイペディアより)

  • 日経賞

    日経賞から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    GI優勝馬を挙げればシンボリルドルフ・ミホシンザン・メジロライアン・ライスシャワー・セイウンスカイ・メイショウドトウ・イングランディーレ・マツリダゴッホ・マイネルキッツなどがいる。(グレード制施行後を対象。GI優勝前後問わず。)日経賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「マイネルキッツ」のニューストピックワード