1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示
  • 第135回天皇賞

    第135回天皇賞から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    前半1000mの60.3秒は前年の天皇賞(春)と同じラップで速い。ディープインパクトとメイショウサムソンが最後の坂上を駆け上がった地点からスパートを仕掛けたところまで同じ。但し前年と違う点は、ディープインパクト自身が単独でスパートを仕掛けたのに対して、メイショウサムソンの場合は自身スパートを仕掛けたと同時にほとんどの馬がスパートをせざるを得なかった点である。このため先頭集団が早めのスパートについて来られず潰れて、直線で末脚勝負する後方待機組は仕掛けを早められて前を捉えることはできなかった。出走した上位9着が3分14秒以内でゴールインしたあと、殆どの馬がコーナーを曲がりきれずに疲れ果ててしまった。過去3分14秒以内で入線した馬は2007年までディープインパクト、リンカーン、マヤノトップガン、サクラローレル、マーベラスサンデーの5頭のみ(後に行われた第139回天皇賞ではマイネルキッツ、アルナスライン、ドリームジャーニーほか2頭も3分14秒台をマークしている。)で、3分13秒台で駆け抜けたディープインパクト以外はのちに故障に苦しめられて早期引退に追い込まれている(2着のエリモエクスパイアもこのレース以後、故障で1年以上の休養を余儀なくされた)。このことから前年の天皇賞(春)以上にハードなレースであった。第135回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • ダンジグ系

    ダンジグ系から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    | |*チーフベアハート Chief Bearhart 1993 →マイネルレコルト 2002、マイネルキッツ 2003ダンジグ系 フレッシュアイペディアより)

  • サラブレッドクラブ・ラフィアン

    サラブレッドクラブ・ラフィアンから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    2009年 - マイネルキッツが天皇賞(春)を制覇、旧八大競走制覇も初サラブレッドクラブ・ラフィアン フレッシュアイペディアより)

  • 武士沢友治

    武士沢友治から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    2008年8月31日、新潟記念を16番人気アルコセニョーラで制し重賞2勝目。2着に2番人気のマイネルキッツ、3着に14番人気のトウショウシロッコが入線し、三連単は100万円を超える大波乱となった。元々この日は札幌で騎乗する予定だったが、お手馬のダイワマックワンがキーンランドカップで除外対象となり、アルコセニョーラ陣営から依頼が舞い込んでの騎乗だった。「一瞬の脚を生かす競馬が合うと思ったので直線残り400まで我慢したら、思った通りの脚を使ってくれました」と語っている。武士沢友治 フレッシュアイペディアより)

  • 国枝栄

    国枝栄から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    マイネルキッツ(2009年天皇賞(春)、2010年日経賞、2011年ステイヤーズステークス)国枝栄 フレッシュアイペディアより)

  • スクリーンヒーロー

    スクリーンヒーローから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    2009年初戦の阪神大賞典は3番人気で4着。5月の天皇賞(春)はアサクサキングスに次ぐ2番人気で出走するも、勝ち馬マイネルキッツから2秒7離された14着と大敗した。鞍上の横山典弘は敗因について「前回、今回と関西への輸送が続いたし、前走は馬場も悪かったから。疲れがあったのかもしれない」と話した。その後、短期休養をはさんだ6月の宝塚記念は5着に終わる。スクリーンヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本競馬

    2013年の日本競馬から見たマイネルキッツマイネルキッツ

    4日 - マイネルキッツ(JRA)が競走馬登録を抹消し引退。今後は根岸競馬記念公苑で乗馬に。2013年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • エアシェイディ

    エアシェイディから見たマイネルキッツマイネルキッツ

    2010年、9歳になっても現役続行。初戦の日経賞では後方追走から直線で外から追い込んでマイネルキッツの2着に入った。しかし本番の天皇賞(春)では2周目4コーナーで不利を受けたこともあり終始後方のまま17着と大敗した。5月7日に右第1指骨剥離骨折が判明したと発表、休養に入った。エアシェイディ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示

「マイネルキッツ」のニューストピックワード