51件中 41 - 50件表示
  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見た目黒記念

    2011年4月2日の日経賞で始動、後方から追い上げるも4着。天皇賞(春)では先団追走も直線で伸びあぐねて6着に終わった。目黒記念では後方から追い上げるも伸び切れず8着。夏の休養を挟み、10月9日の京都大賞典では見せ場無く7着。12月3日のステイヤーズステークスでは中団待機から2周目3コーナーで先頭に立つと直線でも渋太く脚を使い、イグアスの追撃を1馬身1/4差凌ぎ切って勝利した。このあと12月25日の有馬記念に出走を予定していたが、12月21日朝の調教後、鼻出血が確認され出走を回避することになった。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見た横浜競馬場

    2012年2月18日のダイヤモンドステークスで始動したが見せ場無く10着。3月24日の日経賞では中団やや後方からレースを進めるも直線で伸びあぐねて9着に終わった。その後天皇賞(春)に出走予定だったが筋肉痛のため回避し、9月のオールカマーで復帰したが8着。2012年はこのあと2戦するがいずれも着外に終わった。10歳となった2013年も現役を続行したが惨敗続きとなり、11月30日のステイヤーズステークス11着を最後に現役を引退した。引退後は神奈川県横浜市の根岸競馬記念公苑内のポニーセンターで乗馬になった。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見たアメリカジョッキークラブカップ

    2010年1月24日のアメリカジョッキークラブカップから始動。後方から最後の直線で追い上げてくるも届かず4着に終わった。2ヶ月の間を挟んで3月27日の日経賞に出走。エアシェイディに3/4馬身差をつけて1着となり、前年春の天皇賞以来の重賞2勝目となった。迎えた天皇賞(春)では普段とは違う2番手追走から最後の直線で一旦先頭に立つも外から伸びてきたジャガーメイルに3/4馬身かわされ2着に敗れ、連覇はならなかったものの3着には5馬身をつけており負けてなお強しという結果だった。休養を挟み、8月22日の札幌記念では後方から追い上げるも伸び切れず7着に終わった。このあとメルボルンカップへの遠征プランが予定されていたが、歩様に異常が見られたため断念した。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見た冠名

    マイネルキッツは日本中央競馬会 (JRA) の競走馬。勝ち鞍に2009年天皇賞(春)・2010年日経賞・2011年ステイヤーズステークス。馬名の由来は冠名+ドイツ語で「子鹿、子カモシカ」。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見た新潟競馬場

    その後1年間勝ち星から遠ざかったが、2007年9月22日に前年に勝利をあげた恵庭岳特別(札幌競馬場)で3勝目を記録。2007年の神奈川新聞杯、2008年の早春ステークスと勝利し、オープン馬の仲間入りを果たす。2008年夏競馬の七夕賞(福島競馬場)で3着、新潟記念(新潟競馬場)で2着となり、その年の秋の福島記念(福島競馬場)でも2着に入る。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見たアルナスライン

    2009年3月28日の日経賞(中山競馬場)では、アルナスラインの2着に入った。2009年5月3日、松岡正海騎手の進言により出走した第139回天皇賞では18頭中単勝12番人気という低評価であったが、レースは1番人気アサクサキングス、2番人気スクリーンヒーローのGI馬が失速して馬群に沈むなか、最後の直線入口で先頭に立つと、追いすがるアルナスラインをクビ差抑えて初の重賞勝利をGI競走初出走初勝利という結果で飾った。なお、重賞未勝利馬が同レースを制すのは1980年のニチドウタロー以来29年ぶり。この日のために国枝調教師は、マイネルキッツの遠征による負担を軽減させるため、4月中旬から京都競馬場に近い栗東トレーニングセンターに滞在させていた。その後、宝塚記念に出走したが、ドリームジャーニーの7着に敗れた。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見たマイネカンナ

    半妹に2008年の福島牝馬ステークスを制したマイネカンナがいる。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見たメルボルンカップ

    2010年1月24日のアメリカジョッキークラブカップから始動。後方から最後の直線で追い上げてくるも届かず4着に終わった。2ヶ月の間を挟んで3月27日の日経賞に出走。エアシェイディに3/4馬身差をつけて1着となり、前年春の天皇賞以来の重賞2勝目となった。迎えた天皇賞(春)では普段とは違う2番手追走から最後の直線で一旦先頭に立つも外から伸びてきたジャガーメイルに3/4馬身かわされ2着に敗れ、連覇はならなかったものの3着には5馬身をつけており負けてなお強しという結果だった。休養を挟み、8月22日の札幌記念では後方から追い上げるも伸び切れず7着に終わった。このあとメルボルンカップへの遠征プランが予定されていたが、歩様に異常が見られたため断念した。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見たニチドウタロー

    2009年3月28日の日経賞(中山競馬場)では、アルナスラインの2着に入った。2009年5月3日、松岡正海騎手の進言により出走した第139回天皇賞では18頭中単勝12番人気という低評価であったが、レースは1番人気アサクサキングス、2番人気スクリーンヒーローのGI馬が失速して馬群に沈むなか、最後の直線入口で先頭に立つと、追いすがるアルナスラインをクビ差抑えて初の重賞勝利をGI競走初出走初勝利という結果で飾った。なお、重賞未勝利馬が同レースを制すのは1980年のニチドウタロー以来29年ぶり。この日のために国枝調教師は、マイネルキッツの遠征による負担を軽減させるため、4月中旬から京都競馬場に近い栗東トレーニングセンターに滞在させていた。その後、宝塚記念に出走したが、ドリームジャーニーの7着に敗れた。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見た神奈川県

    2012年2月18日のダイヤモンドステークスで始動したが見せ場無く10着。3月24日の日経賞では中団やや後方からレースを進めるも直線で伸びあぐねて9着に終わった。その後天皇賞(春)に出走予定だったが筋肉痛のため回避し、9月のオールカマーで復帰したが8着。2012年はこのあと2戦するがいずれも着外に終わった。10歳となった2013年も現役を続行したが惨敗続きとなり、11月30日のステイヤーズステークス11着を最後に現役を引退した。引退後は神奈川県横浜市の根岸競馬記念公苑内のポニーセンターで乗馬になった。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示