前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
842件中 1 - 10件表示
  • 梁発

    梁発から見たマカオマカオ

    広東省肇慶府高明県古労村出身。1800年から4年間私塾で学ぶ。1804年から広州で印刷技術を学ぶ。1809年、イギリスの宣教師ロバート・モリソン(馬礼遜)とウィリアム・ミルン(米怜)と知り合い、2人が翻訳した聖書の印刷を手伝うこととなった。1815年、キリスト教の布教が制限されるとミルンに従ってマラッカに行き、中国語雑誌『察世俗毎月統記伝』の印刷と出版を手伝う。翌年にマラッカで洗礼を受け、1821年にはマカオでモリソンから中国で最初のプロテスタントの宣教師に任命される。1828年、故郷の高明県で古天青とともに私塾を開き、中国語の他に西洋の科学や地理の知識、英語を教えた。1834年、清朝からの迫害を受けてマレー半島に逃れる。マラッカではイギリスの宣教師サミュエル・ダイアーの著作の翻訳・印刷を行う。アヘン戦争の5年後に帰国。彼はアヘン戦争には反対で、イギリスが清と戦争を行えば中国人は聖書やイギリス人の宣教師を信じないだろうと主張した。梁発 フレッシュアイペディアより)

  • 中華救助総会

    中華救助総会から見たマカオマカオ

    設立当初は中国大陸より台湾や香港、マカオに逃れた中国人を民間団体の身分で援助を行っていた。現在は国内外の災害救助を中心に下記の活動を行っている。中華救助総会 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイスカウトマカオ連盟

    ボーイスカウトマカオ連盟から見たマカオマカオ

    ボーイスカウトマカオ連盟(澳門童軍總會、The Scout Association of Macau、Associação dos Escoteiros de Macau)は、マカオにおけるボーイスカウトの団体である。世界スカウト機構(アジア太平洋地域)においては準加盟となっている。ボーイスカウトマカオ連盟 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング

    クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニングから見たマカオマカオ

    「『マ行』で始まる国名」という問題で攻撃側の里田まいが「ミュンヘン」と書き、「ミュンヘン共和国」と主張したが、ミュンヘンは都市名であるため、当然のことながら不正解となった。ちなみに守備側では岡田唯が「マカオ」と書いていた。(2007年6月20日放送分)クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング フレッシュアイペディアより)

  • 前野大興

    前野大興から見たマカオマカオ

    ペンネームは「ジャンショーグン」(漢字表記:雀将軍)。ペンネームは、自他共に認める麻雀好きだと言う事からと、ホットギミック (ゲーム)でジャンショーグンを演じた事から。父方はマカイエンサのマカオ人。離婚暦があり、現在はフランス人の妻がおり、妻の国籍のあるフランスに帰化している。前野大興 フレッシュアイペディアより)

  • 広東語

    広東語から見たマカオマカオ

    広東語(カントンご)は中国南部の広東省、広西チワン族自治区、香港、マカオを中心に話される言語の一種で、粤語(えつご)ともいう。広東語 フレッシュアイペディアより)

  • 香港

    香港から見たマカオマカオ

    中華圏のみならず世界でも有数の文化発信地となっており、ショッピングや食通の街として栄えていることから、世界中の観光客が訪れる。超高層ビルが立ち並ぶ近代的な街並みだけでなく、離島や郊外の丘陵地帯などの自然に触れられる場所などのさまざまな見どころが、狭い地域に近接しているのが特徴である。マカオや深セン市などの近隣地域と組み合わせて観光するケースも多く見られる。香港 フレッシュアイペディアより)

  • 戴峰

    戴峰から見たマカオマカオ

    「免疫と自然抗癌力」(2006年度 マカオ特別行政区医師会)戴峰 フレッシュアイペディアより)

  • マカオ・フェリー・ターミナル

    マカオ・フェリー・ターミナルから見たマカオマカオ

    マカオ・フェリー・ターミナル(英文通称:the Macau Ferry Terminal、英文正式名称:The Hong Kong-Macau Ferry Terminal、中国語名称:港澳碼頭(広東語:gong2 ou3 maa5 tau4))は、香港の香港島北岸上環に所在する旅客港湾設備で、マカオの他、中華人民共和国の珠江デルタ各地への定期航路の拠点である。また、ヘリポート施設(ICAO 空港コード:VHST)を有し、マカオへの定期便及びチャーター便の拠点となっている。マカオ・フェリー・ターミナルの位置する上環は、香港のビジネスセンター西部に隣接しており、香港MTR上環駅と接続、巨大商業施設信徳センターの一部を構成している。マカオ・フェリー・ターミナル フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル

    ポルトガルから見たマカオマカオ

    ヨーロッパで最も早くに絶対主義を確立したアヴィス朝は海外進出を積極的に進め、1415年にポルトガルはモロッコ北端の要衝セウタを攻略した。この事件は大航海時代の始まりのきっかけとなり、以後、エンリケ航海王子(1394年-1460年)を中心として海外進出が本格化した。ポルトガルの探検家はモロッコや西アフリカの沿岸部を攻略しながらアフリカ大陸を西回りに南下し、1482年にはコンゴ王国に到達、1488年にはバルトロメウ・ディアスがアフリカ大陸南端の喜望峰を回り込んだ。1494年にスペインとトルデシリャス条約を結び、ヨーロッパ以外の世界の分割を協定し、条約に基づいてポルトガルの探検家の東進は更に進み、1498年にヴァスコ・ダ・ガマがインドに到達した。また、1500年にインドを目指したペドロ・アルヴァレス・カブラルがブラジルを「発見」し、ポルトガルによるアメリカ大陸の植民地化が進んだ。以後ブラジルは1516年にマデイラ諸島からサトウキビが持ち込まれたこともあり、黒人奴隷貿易によってアフリカから多くの人々がブラジルに連行され、奴隷制砂糖プランテーション農業を主産業とする植民地となった。ブラジルはポルトガルに富をもたらすと同時にブラジルそのものの従属と低開発が決定づけられ、ポルトガルにもたらされた富はイギリスやオランダなどヨーロッパの先進国に流出し、イスパノアメリカの金銀と共に資本の本源的蓄積過程の原初を担った。一方、1509年ので勝利し、インド洋の制海権を確保してマラッカ、ホルムズと更に東進したポルトガル人は、1541年?1543年には日本へもやってきた。ポルトガル人の到達をきっかけに日本では南蛮貿易が始まり、織田信長などの有力大名の保護もあって南蛮文化が栄えた。さらに、1557年には明からマカオの居留権を得た。ポルトガル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
842件中 1 - 10件表示

「マカオ特別行政区」のニューストピックワード