前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1185件中 1 - 10件表示
  • クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング

    クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニングから見たマカオマカオ

    「『マ行』で始まる国名」という問題で攻撃側の里田まいが「ミュンヘン」と書き、「ミュンヘン共和国」と主張したが、ミュンヘンは都市名であるため、当然のことながら不正解となった。ちなみに守備側では岡田唯が「マカオ」と書いていた。(2007年6月20日放送分)クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング フレッシュアイペディアより)

  • 前野大興

    前野大興から見たマカオマカオ

    ペンネームは「ジャンショーグン」(漢字表記:雀将軍)。ペンネームは、自他共に認める麻雀好きだと言う事からと、ホットギミック (ゲーム)でジャンショーグンを演じた事から。父方はマカイエンサのマカオ人。離婚暦があり、現在はフランス人の妻がおり、妻の国籍のあるフランスに帰化している。前野大興 フレッシュアイペディアより)

  • 香港の交通

    香港の交通から見たマカオマカオ

    自動車交通は元宗主国のイギリスや日本と同様に右ハンドル・左側通行となっている。これはイギリスの植民地時代からのものであり、ポルトガル領であったマカオも同様に右ハンドル・左側通行である。なお、イギリスでは左ハンドル車の登録・使用は禁止されていないが、逆に香港では禁止されている。香港の交通 フレッシュアイペディアより)

  • 戴峰

    戴峰から見たマカオマカオ

    「免疫と自然抗癌力」(2006年度 マカオ特別行政区医師会)戴峰 フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガルの歴史

    ポルトガルの歴史から見たマカオマカオ

    アジアに進出したポルトガルは領土の獲得ではなく、要塞・商館の建設という手段で商業網の確保に乗り出した。フランシスコ・デ・アルメイダ、アフォンソ・デ・アルブケルケらによってインド洋世界にポルトガルの拠点が築かれ、1510年にゴア、1511年にマラッカがポルトガルの支配下に入り、1522年にはモルッカ諸島のテルナテ島に要塞が建設された。アラビア半島、ペルシア湾方面ではアデンの攻略に失敗したものの、1503年にソコトラ島に要塞を建設して紅海に睨みを利かせた。1515年にペルシア湾の都市ホルムズを征服したポルトガルは香料交易を一手に収める。ポルトガル人はアジア内の貿易にも積極的に介入し、1557年に明からマカオを租借した後、中国の生糸と金、日本の銀を扱う中継貿易で大きな利益を上げた。ポルトガルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • マカオ・フェリー・ターミナル

    マカオ・フェリー・ターミナルから見たマカオマカオ

    香港・マカオ・フェリー・ターミナル(、)は、香港の香港島北岸上環に所在する旅客港湾設備で、マカオの他、中華人民共和国の珠江デルタ各地への定期航路の拠点である。また、ヘリポート施設(ICAO 空港コード:VHST)を有し、マカオへの定期便及びチャーター便の拠点となっている。香港・マカオ・フェリー・ターミナルの位置する上環は、香港のビジネスセンター西部に隣接しており、香港MTR上環駅と接続、巨大商業施設信徳センターの一部を構成している。マカオ・フェリー・ターミナル フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル

    ポルトガルから見たマカオマカオ

    以後ブラジルは1516年にマデイラ諸島からサトウキビが持ち込まれたこともあり、黒人奴隷貿易によってアフリカから多くの人々がブラジルに連行され、奴隷制砂糖プランテーション農業を主産業とする植民地となった。ブラジルはポルトガルに富をもたらすと同時にブラジルそのものの従属と低開発が決定づけられ、ポルトガルにもたらされた富はイギリスやオランダなどヨーロッパの先進国に流出し、イスパノアメリカの金銀と共に資本の本源的蓄積過程の原初を担った。一方、1509年のディーウ沖の海戦で勝利し、インド洋の制海権を確保してマラッカ、ホルムズと更に東進したポルトガル人は、1541年?1543年には日本へもやってきた。ポルトガル人の到達をきっかけに日本では南蛮貿易が始まり、織田信長などの有力大名の保護もあって南蛮文化が栄えた。さらに、1557年には明からマカオの居留権を得た。ポルトガル フレッシュアイペディアより)

  • 香港

    香港から見たマカオマカオ

    中華人民共和国及びイギリス間の交渉及び中英共同声明の結果として、香港はイギリスから中華人民共和国に返還され、一国二制度の原理の下、1997年7月1日に最初の特別行政区になった。1999年12月にポルトガルから移譲されたマカオも特別行政区である。現在も香港は中国大陸とは異なる政治制度を有する。香港の独立した司法機関はコモン・ローの枠組みに従って機能する。共同声明において正式に記された条項に基づいた返還以前に、中華人民共和国側により起草された定款である香港特別行政区基本法において香港の政治は行われ、国際関係及び軍事防御以外の全ての事柄において高度な自治権を有することを規定している。なおこの自治権は中国中央指導部の委任・承認に基づき地方を運営する権限であり、完全な自治権、地方分権的なものではないとされる(2014年6月10日中国国務院白書)。香港 フレッシュアイペディアより)

  • モベルコミュニケーションズリミテッド

    モベルコミュニケーションズリミテッドから見たマカオマカオ

    なお、中国本土・台湾・香港・マカオでのみで利用可能(非公式ではあるが、英国O2 plcのGSM/3Gネットワークでのローミング利用も可能)。基本料金は8820円/年(税込・ただし、2年目以降)。モベルコミュニケーションズリミテッド フレッシュアイペディアより)

  • マニラ奇襲 (1798年)

    マニラ奇襲 (1798年)から見たマカオマカオ

    1798年1月のマニラ奇襲()はフランス革命戦争中、イギリス王立海軍による偽旗作戦。イギリスの目的はスペイン領フィリピンの首都マニラでマニラ・ガレオンを拿捕して、スペイン海軍の状態を偵察することにあった。スペイン王国は第一次対仏大同盟ではグレートブリテン王国の同盟国だったが、1796年に一転して敵国になったため、マニラにいるスペイン艦隊は年に一度清朝中国のマカオからイギリスへ向かう商船(いわゆる「中国船隊」)にとって無視できない脅威になった。イギリスはこの脅威に対処するために1797年にイギリス領インドからのフィリピン侵攻を計画したが、カンポ・フォルミオ条約の締結とイギリス東インド会社とマイソール王国の間の緊張から作戦は延期された。マニラ奇襲 (1798年) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1185件中 1 - 10件表示

「マカオ特別行政区」のニューストピックワード