1185件中 111 - 120件表示
  • ブラック・ジャック (架空の人物)

    ブラック・ジャック (架空の人物)から見たマカオマカオ

    幼い頃、宅地造成業者らによるずさんな不発弾処理が原因で母親と共に爆発事故に遭い、大手術を受けて奇跡的に助かった。全身の傷跡はその時に付いたものである。また、その際に数箇所の皮膚を取り替えたことと爆発時の恐怖心によって、髪の毛の右半分が白髪になる。手術後は半身不随に近い状態であったが、必死のリハビリによって、負傷前と同様の身体能力を回復する(広島から大阪まで400キロメートルのハイキングもしていた。これは後に恩師・本間丈太郎がファイルにして世に出している。BJも「元の体に戻るために色々と無茶苦茶をやったもんだ」と語っている。)。しかし母親とは死に別れ、父親は愛人・蓮花と共にマカオ(『U-18は知っていた』・『笑い上戸』では香港と記載されているが、手塚が長期連載を予定していなかったため、設定の矛盾が発生している)に去ったため(後に死亡)、天涯孤独の身である。そのせいか、母親を大事にしない人間に対してはしばしば激怒し、「腹の虫が煮えくり返る」「私なら母親のためならどんな大金(100億円でも安い)でも払う」と手厳しい態度をとる一方、母親を大事にする人間や他人の母親が絡む問題に対してはかなり寛大な態度をとることも多い。またその場しのぎの口約束とは言え必要があればしっかり果たし、一度でも自分を助けてくれた人間には時間も金も惜しまず義理を果たす義理堅い一面もある。基本的に幼い子供に対しては優しく接する。ブラック・ジャック (架空の人物) フレッシュアイペディアより)

  • 馬龍

    馬龍から見たマカオマカオ

    ITTFプロツアー・グランドファイナル(2008 マカオ) 男子シングルス優勝馬龍 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とポルトガルの関係

    日本とポルトガルの関係から見たマカオマカオ

    大航海時代以後ポルトガルは積極的な海外進出とブラジル経営を中心として国力を伸長させ、16世紀初めには東南アジアへ進出し、日本近海へも活動域を広げ始めていた。そして1543年、種子島へポルトガル商人が漂着(鉄砲伝来)したことが日本へのポルトガル人の最初の上陸であったとされている。ポルトガルは当時、アジア地域へ植民地および貿易相手国を求め進出を行っており、日本との接触ののち通商を求める商人の動きが活発化した。また、貿易はキリスト教布教を伴って行われるものとの戦略があり、貿易商人と共に多くの宣教師も日本を訪れる事となった。1549年にはフランシスコ・ザビエルが日本を訪れキリスト教布教活動を行っている。その後、織田信長らの庇護のもと両国間で南蛮貿易が開始され、1557年にマカオの居留権を獲得したポルトガルは同地と九州を拠点としながら貿易を展開していった。ポルトガルからは多くの製品、文化が日本に流入していった一方、日本からは銀などがポルトガルへ流出した。同時に、九州を中心として宣教師によるキリスト教布教も行われ、キリシタン大名なども誕生し、天正遣欧少年使節の派遣なども行われた。日本とポルトガルの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たマカオマカオ

    コタバルへ上陸した日本陸軍はシンガポールを目指し半島を南下。同日、日本陸海軍機がフィリピンの米軍基地を攻撃し、12月10日にはルソン島へ上陸。さらに太平洋のアメリカ領グアム島も占領。12月23日にはウェーク島も占領。12月25日にはイギリス領香港を占領した。しかし日本軍は、ポルトガル植民地東ティモールと、香港に隣接するマカオには、中立国植民地を理由に侵攻しなかった。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 澳門

    澳門から見たマカオマカオ

    澳門 フレッシュアイペディアより)

  • マカオ特別行政区

    マカオ特別行政区から見たマカオマカオ

    マカオ特別行政区 フレッシュアイペディアより)

  • アオメン

    アオメンから見たマカオマカオ

    アオメン フレッシュアイペディアより)

  • Macau

    Macauから見たマカオマカオ

    Macau フレッシュアイペディアより)

  • Àomén

    Àoménから見たマカオマカオ

    Àomén フレッシュアイペディアより)

1185件中 111 - 120件表示

「マカオ特別行政区」のニューストピックワード