1185件中 51 - 60件表示
  • マカオ航空

    マカオ航空から見たマカオマカオ

    マカオ航空(マカオこうくう)は、マカオの航空会社である。マカオ航空 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部幸雄

    岡部幸雄から見たマカオマカオ

    1985年7月に西ドイツで日本国外での競馬における初勝利を挙げ、同年8月にはアメリカで日本人騎手として初めての勝利を挙げた。重賞競走では1994年にメディパルに騎乗しマカオのマカオダービーを優勝して日本人騎手としては初めて日本国外のダービー優勝を達成。さらに1998年にはタイキシャトルに騎乗しフランスのジャック・ル・マロワ賞を優勝し、悲願であった日本国外の国際G1制覇を成し遂げた。日本の騎手が日本国外へ遠征し、騎乗することの先駆者的存在といわれる。松山康久は、国際化の先駆けとなった意味で「日本競馬の顔」であると評した。岡部が引退した際、武豊は岡部が日本国外で騎乗したことに刺激を受けたとコメントしている。武は1994年、岡部について次のように語っていた。岡部幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・ヴァリニャーノ

    アレッサンドロ・ヴァリニャーノから見たマカオマカオ

    ヴァリニャーノは1578年9月、ポルトガルが居留地を確保していたマカオに到着したが、同地のイエズス会員のだれ一人として中国本土定住が果たせなかったことを知った。彼はイエズス会員が中国に定住し、宣教活動をするためにまず何より中国語を習得することが大切であると考えた。彼はゴアにあった東インド管区本部の上司に手紙を書き、この任務にふさわしい人物としてベルナルディーノ・デ・フェラリス(Bernardino de Ferraris)の派遣を願ったが、フェラリスはコーチのイエズス会修道院の院長として多忙をきわめていたため、代わりにミケーレ・ルッジェーリが派遣されることになった。アレッサンドロ・ヴァリニャーノ フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル海上帝国

    ポルトガル海上帝国から見たマカオマカオ

    19世紀になるとブラジルの金生産も低迷し、自体が独立を達成してポルトガルから離れていく。ナポレオン戦争後はイギリス帝国が世界の海に覇権を唱え、ポルトガルに残されたのは旧時代の名残りともいえるアンゴラ、モザンビークなどのアフリカ植民地とインドのゴアとディウ、マカオとティモールなどとなるが、これらの植民地も第二次世界大戦後、1960年代に独立戦争が勃発し、最終的に1974年のカーネーション革命をきっかけにしてポルトガルはこれらの植民地の独立を承認した。ポルトガル海上帝国 フレッシュアイペディアより)

  • セオドール・レーシング

    セオドール・レーシングから見たマカオマカオ

    セオドール (、)は、と、からまでF1に、その後はF3やCARTなどに参戦しているレーシングチーム。F1時代の本拠地はイギリス領香港とイギリスに、現在は中華人民共和国のマカオに本拠地を置く。セオドール・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の中国サッカー・スーパーリーグ

    2014年の中国サッカー・スーパーリーグから見たマカオマカオ

    外国人選手の数はAFCの国からのプレーヤーを含めて、CSL1チーム5人に制限されています。チームはAFCの国から少なくとも一人のプレイヤーを含め、各試合内のフィールドには4つの外国人選手を使用することができます。香港/マカオ/台湾からのプレイヤーは、外国人選手にカウントされない。2014年の中国サッカー・スーパーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 布教保護権

    布教保護権から見たマカオマカオ

    当初は、日本がポルトガルの布教地という明確な意識は無かったが、イエズス会の布教実績に基づいて、日本にポルトガルの布教保護権がおよぶことが法的に定められた。ポルトガル国王の布教保護権は、1514年に教皇レオ10世の勅書によって東アジアにまで拡大し、1534年にはゴア司教区が、1557年にコチン司教区とマラッカ司教区が、1575年にはマカオ司教区が設置された。マカオ司教区の設定を決めた1576年1月23日付教皇グレゴリウス13世の大勅書には、日本が同司教区に含まれており、これにより日本の教会にポルトガル国王の布教保護権がおよぶこと、その保護者がポルトガル国王であることが確定した。その後、1588年(天正16年)には府内司教区(現・大分市)がポルトガル布教保護権の下に設置された。布教保護権 フレッシュアイペディアより)

  • 体当りマンハント旅行記

    体当りマンハント旅行記から見たマカオマカオ

    満25歳を迎える1958年(昭和33年)に「家嶋芙美子」名義で発表した処女作『銀座のエロス』(東京ライフ社)、 「豊原路子」と改名して翌1959年(昭和34年)に発表した『マンハント』(朱雀社)以来、『体当たり男性論』(第二書房、1960年)、そして本作と、当時豊原は、年1作のペースで単行本を上梓していた。本作は、香港・マカオへの旅行をテーマにしたものである。体当りマンハント旅行記 フレッシュアイペディアより)

  • 金太の大冒険

    金太の大冒険から見たマカオマカオ

    金太の知り合い。マカオのビルにある伝言板を使って金太へことづけするのみで、本人は登場しない。金太の大冒険 フレッシュアイペディアより)

  • 筆談

    筆談から見たマカオマカオ

    中華人民共和国(香港・マカオも含む)やシンガポール、中華民国(台湾)では、漢字を理解する者が多いため、日本人が漢字で書いても通じることが多い。筆談 フレッシュアイペディアより)

1185件中 51 - 60件表示

「マカオ特別行政区」のニューストピックワード