1185件中 81 - 90件表示
  • 2009年の中華人民共和国

    2009年の中華人民共和国から見たマカオマカオ

    4月1日-2日 - 第2回20か国・地域首脳会合(G20首脳会合、金融サミット)、ロンドンで開催。2010年末までの総額5兆ドルの財政刺激策により、世界の成長率を4%押し上げ、大規模な雇用を創出するとする共同声明を採択。タックス・ヘイヴン(租税回避地)の最新版リストの公表をめぐって、中国は、香港やマカオのリスト入りに強硬に反対。交渉は難航したが、結局、香港やマカオを公表リストから外すことで妥結した。また、ドル基軸通貨体制に対しては、ロシアとともに異論を唱える場面が見られた 。2009年の中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 蒋経国

    蒋経国から見たマカオマカオ

    帰国後の蒋経国は郷里渓口鎮での禊の時期を経て、江西省で中国政治にデビューする。1939年には江西省辺境の贛南に赴任し、軍閥が我が物顔に跋扈し、行政の指示は全く行われず、大量のアヘン吸引者、マカオに次ぐ規模の賭博場が存在した贛南で改革の辣腕を振るった。蒋経国の贛南統治は大きな成果を挙げ、中国政治デビューは順調であった。また贛南時代から蒋経国は自派の形成を開始した。蒋介石は1944年に蒋経国を臨時首都の重慶に呼び寄せ、三民主義青年団中央幹部学校教育長に任命する。蒋経国の活躍の場が地方から中央に上がったことになるが、この頃から蒋経国の政治経歴には挫折が続き、壁にぶつかることになる。結局皮肉なことに父、蒋介石が率いる国民党、国民政府の国共内戦敗北、台湾撤退が蒋経国にとっての大きな転機となった。蒋経国 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の高速道路

    中華人民共和国の高速道路から見たマカオマカオ

    北京-石家荘-鄭州-武漢-長沙-広州-香港・マカオ(G4,京港澳高速道路)中華人民共和国の高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 上海国際博覧会

    上海国際博覧会から見たマカオマカオ

    曽蔭権香港特別行政区行政長官、崔世安マカオ特別行政区行政長官、連戦・呉伯雄両中国国民党名誉主席、宋楚瑜親民党主席、郁慕明新党主席、林炳坤無党団結聯盟主席が開会式に出席した。上海国際博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本大八事件

    岡本大八事件から見たマカオマカオ

    慶長14年(1609年)2月、肥前日野江藩(後の島原藩)主有馬晴信の朱印船が占城(チャンパ)の途上でポルトガル領マカオに寄港したおり、配下の水夫がポルトガル船マードレ・デ・デウス号の船員と取引をめぐって騒擾事件を起こし、これをマカオ総司令アンドレ・ペソアが鎮圧して晴信側の水夫に60名ほどの死者が出た。岡本大八事件 フレッシュアイペディアより)

  • ギャンブルフィッシュ

    ギャンブルフィッシュから見たマカオマカオ

    後に杜夢がOB懇親会のギャンブルに参加する際に開催地のマカオで再会し、阿鼻谷と戦うために予選に挑んだ杜夢に協力する。OB懇親会編での口癖は「私はマカオにビリヤードをしに来ただけなのに」。チェンジ麻雀では、他の女性陣たちと共に杜夢に対するペナルティとして守護天使役での参加を強要される。チェンジ麻雀の試合中に、乗っていたバルーンをモーリーに割られ針山上に宙吊りとなり、試合終了後に力尽きて針山の上に転落するが、周の捨て身の救助によって一命を取り留めた。ギャンブルフィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 圓

    から見たマカオマカオ

    圓(えん、げん、ウォン、ドル、パタカ、トゥグルク)は、東アジアの各国において使用されている通貨の単位である。なお「圓」は元来、「まる」を意味する文字で、日本における「円」の旧字体である。現在では各国において通貨単位は「円」、「」、「元」、「」の文字が使用され、現在でも貨幣面に「圓」を用いているのは繁体字を標準字体とする台湾、香港および澳門である。 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井あゆ

    桜井あゆから見たマカオマカオ

    2014年4月、DMMアダルトアワード最優秀新人賞にキカタン女優で唯一ノミネートされたが、受賞はならなかった。8月、「龍が如く0 誓いの場所」のキャラクター出演をかけたセクシー女優人気投票で13位となり出演権を獲得した。11月、ジャパンアダルトエキスポに参加。12月、上原亜衣、北川エリカらと共にアジアアダルトエキスポ(略称:AAE)2014マカオに出演()。アサヒ芸能AV大賞2014女優部門にて、小島みなみ、夢乃あいかと共に優秀女優賞を受賞。初のオフ会も開催した。DMM.R18の2014年年間AV女優ランキングで、全3部門トップ10入りを果たした。桜井あゆ フレッシュアイペディアより)

  • 喧嘩商売

    喧嘩商売から見たマカオマカオ

    陰陽トーナメント出場者となった工藤は常時板垣組にガードされ、喧嘩を挑むどころか接触することすらままならない。そんな状況を打破するために十兵衛が採った手段は、陰陽トーナメント出場者を一対一の決闘で倒して出場権を強引に奪い取り、トーナメントを勝ち上がって工藤と対戦するというものだった。非合法格闘大会アンダーグラウンドを巻き込んで出場者・石橋強との野試合を実現させ、苦戦の末石橋を倒した十兵衛は出場権を正式に獲得、文学らと共にトーナメント開催地であるマカオへと向かった。喧嘩商売 フレッシュアイペディアより)

  • 植民地

    植民地から見たマカオマカオ

    ポルトガルは1418年からエンリケ航海王子の下でアフリカ西海岸の探検を続けていたが、1488年に喜望峰を発見すると、東洋における香料貿易の独占をめざしてインド洋に進出した。1500年にはカブラルがブラジルを発見。1511年のマラッカの領有後はマカオ、長崎にまで貿易圏を広げ、一時は日本のキリスト教布教にも成功した。しかしながら、1580年にアヴィス家が断絶するとスペイン王フェリペ2世がポルトガル王となり、事実上スペインの支配下に置かれた。17世紀に入り、1640年には独立を回復するも(ポルトガル王政復古戦争)、アジアで新しく参入したオランダやイギリスとの競合に破れると、南米ブラジルの植民に注力する。その後、ナポレオン戦争に際してはブラジル帝国として植民地から離脱、さらに、第二次世界大戦後、ポルトガルはインドのゴアにあった植民地からインドの独立後に撤退し、アフリカのアンゴラやモザンビークなどの植民地も1970年代に独立した。1999年にはマカオを中華人民共和国に返還している。植民地 フレッシュアイペディアより)

1185件中 81 - 90件表示

「マカオ特別行政区」のニューストピックワード