35件中 21 - 30件表示
  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見た査証

    その後、2004年に渡米し、ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・ヤンキースでプレーし、6勝3敗、防御率2.63の成績を残し、翌2005年の有望新人リストでは30位にランクインするなど、それなりに将来を嘱望されていた。しかし同年オフ、ドミニカ人グループが画策した偽装結婚疑惑に関与し解雇され、さらにビザ発給の永久停止処分を受けてアメリカから国外追放となった(その後「処分決定後、5年間のビサ発行停止」に緩和されたため、2011年以降はアメリカへの入国が可能となった) 。この偽装結婚疑惑には30人が関与し、ネルソンは一人当たり日本円で30万円ほどの報酬を受け取っていたとされるマキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見た盗塁

    一軍公式戦での平均球速約146km/h、最速155km/hのストレートとスライダー、フォーク、ツーシームを投げる。球速については来日時に会見で「最速で96mph(約154km/h)」と自ら語り、同時期の球団資料では158km/hだったという。入団当初はクイック投球や制球に難があり、盗塁されたり四死球を連発して崩れることが多かったが、近年はクイックも速くなり、制球も良くなり、そのようなことは減ってきている。マキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見たドミニカ共和国

    マキシモ・ネルソン(Maximo Nelson , 1982年4月21日 - )は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手(投手)。マキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見た斗山ベアーズ

    2013年2月9日、阪神タイガースが獲得調査を進めていることが分かった。同年2月12日、韓国プロ野球・斗山ベアーズが獲得することが報じられ、肘痛でキャンプへの合流が遅れているケルビン・ヒメネスの代役候補として同月14日よりキャンプ地の清武総合運動公園(宮崎県宮崎市)でテストを受けている。マキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見た先発ローテーション

    2月26日、キャンプ地の沖縄から移動する際に那覇空港での手荷物検査の際に鞄から実弾が見つかり銃刀法違反容疑で逮捕された。ドミニカにおいて銃は認可登録申請を経て所持することが認められており、ネルソン本人も「ドミニカでは野球選手が強盗に襲われる事件が多く、護身用として銃を携帯していた」と話している。銃は来日時にドミニカの自宅に置いてくるつもりであったが、銃弾だけが荷物に紛れ込んだという。警察の事情聴取の後、故意に銃弾を持ち込んだ可能性が低いこと、ネルソン本人が深く反省していることなどから翌27日に釈放。3月2日、球団から「故意ではないが、銃弾所持は重大な犯罪」として3ヶ月の出場停止の処分が下された。6月に謹慎期間が明けると一軍に合流。7月以降は先発ローテーション入りし、9月2日に来日初の完封勝利を挙げるなど4勝をマークした。またネルソンはこの時「日本に来て一番向上したのは制球」と語った。マキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見たプロ野球選手

    マキシモ・ネルソン(Maximo Nelson , 1982年4月21日 - )は、ドミニカ共和国出身のプロ野球選手(投手)。マキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見たイスラエル野球リーグ

    ドミニカ共和国に帰国後、2006年からははドミニカン・サマーリーグに参加。ヤンキースとパドレスの合同傘下チームでプレーし、4勝2敗、防御率1.18の成績を残すが、出番は多くなく農業や漁業で生計を立てていた。2007年からはイスラエル野球リーグでプレーし、5勝1敗。オフのウィンターリーグでの投球が中日ドラゴンズの目に留まり、入団テストを受けることになる。マキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見たドミニカン・サマーリーグ

    ドミニカ共和国に帰国後、2006年からははドミニカン・サマーリーグに参加。ヤンキースとパドレスの合同傘下チームでプレーし、4勝2敗、防御率1.18の成績を残すが、出番は多くなく農業や漁業で生計を立てていた。2007年からはイスラエル野球リーグでプレーし、5勝1敗。オフのウィンターリーグでの投球が中日ドラゴンズの目に留まり、入団テストを受けることになる。マキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見たガルフ・コーストリーグ

    その後、2004年に渡米し、ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・ヤンキースでプレーし、6勝3敗、防御率2.63の成績を残し、翌2005年の有望新人リストでは30位にランクインするなど、それなりに将来を嘱望されていた。しかし同年オフ、ドミニカ人グループが画策した偽装結婚疑惑に関与し解雇され、さらにビザ発給の永久停止処分を受けてアメリカから国外追放となった(その後「処分決定後、5年間のビサ発行停止」に緩和されたため、2011年以降はアメリカへの入国が可能となった) 。この偽装結婚疑惑には30人が関与し、ネルソンは一人当たり日本円で30万円ほどの報酬を受け取っていたとされるマキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • マキシモ・ネルソン

    マキシモ・ネルソンから見たスライダー (球種)

    一軍公式戦での平均球速約146km/h、最速155km/hのストレートとスライダー、フォーク、ツーシームを投げる。球速については来日時に会見で「最速で96mph(約154km/h)」と自ら語り、同時期の球団資料では158km/hだったという。入団当初はクイック投球や制球に難があり、盗塁されたり四死球を連発して崩れることが多かったが、近年はクイックも速くなり、制球も良くなり、そのようなことは減ってきている。マキシモ・ネルソン フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示