111件中 91 - 100件表示
  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たプログラミング (コンピュータ)

    『HEROES』のレギュラーを獲得した時点でもまだILM社の正社員であり、2006年11月のTVガイドのインタビューの際も、主にプログラミングのアーカイブ・コンサルタントとして週に1、2日働いていると語った。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たスター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

    1997年に、米国ロードアイランド州にあるアイビー・リーグ加盟校、名門ブラウン大学を数学及びコンピュータ・サイエンス専攻、舞台芸術副専攻で卒業。卒業後すぐに、ジョージ・ルーカスが特殊効果開発のために設立したインダストリアル・ライト&マジック (ILM) 社のサンフランシスコにある研究開発部門に就職。『スター・ウォーズ エピソード1』『同2』『ハルク』といった、映画の特殊効果のための画像描写アプリケーション開発に携わる。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たギフテッド

    生後1か月の頃両親が離婚し、母親によって育てられた。IQが180以上(正確には189)のギフテッドと判定された。6歳の頃に、ロサンゼルスに移る。このため、メディアに日系アメリカ人俳優として紹介されることも多いが、オカ自身は電子版シアトル・タイムズ紙で「僕はアメリカ人ではありません。今も日本の国籍を持っています」("I'm not American. I still have my Japanese citizenship.") と発言している。2007年4月30日に行われたアジア系アメリカ人演劇集団イースト・ウェスト・プレイヤーズ(en)の授賞式においては自らを「アメリカンドリームを生きている日本からの移民」(移民は広い意味の言葉であり、旅行者や短期出張以外であれば移民に当てはまる)と語っている。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たアメリカ合衆国

    マシ・オカまたはマサヨリ・オカ(Masi Oka、Masayori Oka、本名: 岡 政偉〈おかまさより〉、1974年12月27日 - )は、日本・東京都渋谷区出身の俳優、デジタル視覚効果アーティスト。主に、アメリカ合衆国で活動している。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見た第59回プライムタイム・エミー賞

    実際の彼の日本の漫画への傾倒ぶり(後述)やILMでのキャリア等が大手メディアで取り上げられている。2006年第64回ゴールデングローブ賞のミニシリーズ・テレビ映画部門の助演男優賞にノミネートされた。2007年第59回プライムタイム・エミー賞(助演男優賞 ドラマ部門)にもノミネートされた。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たスペイン語

    人生のほとんどをアメリカ合衆国で過ごしているが、母親は彼に日本語を学ばせるため、毎週土曜日に駐在員の家族のための日本語学校に通わせていた。日本の学校で教える歴史や国語など1週間分のカリキュラムを1日で消化するというもので、小・中学校の9年間強制的に通わせた。そのおかげか、多少の英語訛りはあるものの流暢な日本語を話し、『HEROES』日本放送開始に際して来日した際の記者会見も日本語で行っている。オカ本人は、「当時は母親を恨んでいたが、現在は感謝している」と語っている。英語と日本語をアカデミックなレベルで使用できるほか、スペイン語とフランス語も喋れる。ジョージ・タケイとは撮影の合間にスペイン語で話し周囲を驚かせた。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たロサンゼルス

    生後1か月の頃両親が離婚し、母親によって育てられた。IQが180以上(正確には189)のギフテッドと判定された。6歳の頃に、ロサンゼルスに移る。このため、メディアに日系アメリカ人俳優として紹介されることも多いが、オカ自身は電子版シアトル・タイムズ紙で「僕はアメリカ人ではありません。今も日本の国籍を持っています」("I'm not American. I still have my Japanese citizenship.") と発言している。2007年4月30日に行われたアジア系アメリカ人演劇集団イースト・ウェスト・プレイヤーズ(en)の授賞式においては自らを「アメリカンドリームを生きている日本からの移民」(移民は広い意味の言葉であり、旅行者や短期出張以外であれば移民に当てはまる)と語っている。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たDEATH NOTE

    本人によると日本の漫画を読みながら育ち、『きまぐれオレンジ☆ロード』のような古い学園ものから『MONSTER』や『DEATH NOTE』などの最近のものまで好んで読むという。特に浦沢直樹のファン。また「HEROES」劇中で、幾度か「無駄無駄無駄無駄無駄」という台詞を使用したが、これはジョジョの奇妙な冒険からのオマージュである。また作中でもヒロ自身がジョジョのファンであることが語られており、予知能力の人物をオインゴ・ボインゴ兄弟に例えたりしている。。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見ためちゃ×2イケてるッ!

    ナインティナインの若手の頃からの大ファン。ナイナイは子供たちに希望を与えるお笑いであり、自身の活力の源(energy source)でもあると評している 。最近のお笑い芸人にも詳しく、アメリカのコメディー作品にも日本のお笑いの要素を取り込みたいと語っている。2008年1月27日にお台場で開かれた“30時間ぶっ通し試写会”では、彼がファンである(注:“スーパー・ファン”ではないとしている)縁で、お笑いコンビのハリセンボンがゲストを務めた。また、来日時のインタビューや『爽快情報バラエティー スッキリ!!』では、『めちゃ×2イケてるッ!』が大好きで特に「爆裂お父さん」が好きと語った。今はバラエティ番組を観る時間は無いが、めちゃイケは観ている番組の1つであると語っている。また、タカアンドトシが一押しだとも日本の番組出演時に語ったことがある。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たスター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

    1997年に、米国ロードアイランド州にあるアイビー・リーグ加盟校、名門ブラウン大学を数学及びコンピュータ・サイエンス専攻、舞台芸術副専攻で卒業。卒業後すぐに、ジョージ・ルーカスが特殊効果開発のために設立したインダストリアル・ライト&マジック (ILM) 社のサンフランシスコにある研究開発部門に就職。『スター・ウォーズ エピソード1』『同2』『ハルク』といった、映画の特殊効果のための画像描写アプリケーション開発に携わる。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

111件中 91 - 100件表示

「マシ・オカ」のニューストピックワード