111件中 11 - 20件表示
  • マシ・オカ

    マシ・オカから見た浦沢直樹

    本人によると日本の漫画を読みながら育ち、『きまぐれオレンジ☆ロード』のような古い学園ものから『MONSTER』や『DEATH NOTE』などの最近のものまで好んで読むという。特に浦沢直樹のファン。また「HEROES」劇中で、幾度か「無駄無駄無駄無駄無駄」という台詞を使用したが、これはジョジョの奇妙な冒険からのオマージュである。また作中でもヒロ自身がジョジョのファンであることが語られており、予知能力の人物をオインゴ・ボインゴ兄弟に例えたりしている。。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たセカンド・シティ

    フルタイムで働きながら、テレビ番組『スクラブス』のフランクリン役や『ルイス』(en)のデング・ウー役を得て、ロサンゼルスに残り、テレビや映画の端役を務めながら、セカンド・シティやインプロヴ・オリンピック・ウェスト(en)で即興コメディの修行も積み、コメディ番組にも出演する。セガのゲーム『Shinobi』のCMや、映画『オースティン・パワーズ』でも、その姿を確認できる。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たエイドリアン・パスダー

    コンピューターやiPhoneが好きで、エイドリアン・パスダー(『HEROES』での共演者)のハイテク機器の改善を引き受けることもある。アップルの製品が好きで、自宅には7台のMacintoshがある。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たジョージ・タケイ

    人生のほとんどをアメリカ合衆国で過ごしているが、母親は彼に日本語を学ばせるため、毎週土曜日に駐在員の家族のための日本語学校に通わせていた。日本の学校で教える歴史や国語など1週間分のカリキュラムを1日で消化するというもので、小・中学校の9年間強制的に通わせた。そのおかげか、多少の英語訛りはあるものの流暢な日本語を話し、『HEROES』日本放送開始に際して来日した際の記者会見も日本語で行っている。オカ本人は、「当時は母親を恨んでいたが、現在は感謝している」と語っている。英語と日本語をアカデミックなレベルで使用できるほか、スペイン語とフランス語も喋れる。ジョージ・タケイとは撮影の合間にスペイン語で話し周囲を驚かせた。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たスティーブ・カレル

    アメリカのコメディも好きである。特に『The Office』(アメリカ版)に関しては、オタクの域に達しているという。同作に出演しているコメディ俳優スティーブ・カレルを強く尊敬しており、彼と共演したいがために、他のオファーをすべて断って『ゲット スマート』への出演を決めたという。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たガルシア・マルケス

    1992年にバルセロナ五輪で通訳を務めて以来、スペイン文化に凝っている。ガルシア・マルケスの著書も原著で読んだ。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たキャイ〜ンキャイ〜ン

    顔立ちがハリセンボンの近藤春菜と似ており、近藤が間違われるとつっこむ一人である。また、『HEROES』のジャパンプレミアで共演したキャイ〜ンの天野ひろゆきは「和製マシ・オカ」を自称している。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見た知能指数

    生後1か月の頃両親が離婚し、母親によって育てられた。IQが180以上(正確には189)のギフテッドと判定された。6歳の頃に、ロサンゼルスに移る。このため、メディアに日系アメリカ人俳優として紹介されることも多いが、オカ自身は電子版シアトル・タイムズ紙で「僕はアメリカ人ではありません。今も日本の国籍を持っています」("I'm not American. I still have my Japanese citizenship.") と発言している。2007年4月30日に行われたアジア系アメリカ人演劇集団イースト・ウェスト・プレイヤーズ(en)の授賞式においては自らを「アメリカンドリームを生きている日本からの移民」(移民は広い意味の言葉であり、旅行者や短期出張以外であれば移民に当てはまる)と語っている。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たハイブリッドカー

    愛車は2000年のホンダ・アコードで、今後買うならハイブリッドだろうと話している。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見た中学校

    人生のほとんどをアメリカ合衆国で過ごしているが、母親は彼に日本語を学ばせるため、毎週土曜日に駐在員の家族のための日本語学校に通わせていた。日本の学校で教える歴史や国語など1週間分のカリキュラムを1日で消化するというもので、小・中学校の9年間強制的に通わせた。そのおかげか、多少の英語訛りはあるものの流暢な日本語を話し、『HEROES』日本放送開始に際して来日した際の記者会見も日本語で行っている。オカ本人は、「当時は母親を恨んでいたが、現在は感謝している」と語っている。英語と日本語をアカデミックなレベルで使用できるほか、スペイン語とフランス語も喋れる。ジョージ・タケイとは撮影の合間にスペイン語で話し周囲を驚かせた。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「マシ・オカ」のニューストピックワード