111件中 41 - 50件表示
  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たボイスパーカッション

    学生時代にアカペラサークルに在籍していた経験を生かし、『ダウンタウンDX』(2008年5月8日放送)や『カートゥンKAT-TUN』(同年4月30日)に出演した際、ボイスパーカッションを披露している。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たパイロット版

    数年後、働きながら演劇のキャリアを積むために同社のロサンゼルス支店への異動を希望し、1年以内に俳優としてパイロット版での役あるいは番組を通して何回か登場する役(単発ではない役)獲得を条件に許可される。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たプリンストン大学

    また、ロサンゼルス地域でエンターテイメント業界に身を置くブラウン大学卒業生のネットワーキングのために、ブラウン大学エンターテイメント・グループ(BUEG)を創立した。BUEGは、ハーバード大学のHarvardwood、コーネル大学のCornell in Hollywood、ダートマス大学のDAEMA、ペンシルベニア大学のPenn Club of LA、プリンストン大学の Princeton in Hollywood、スタンフォード大学のStanford in Entertainment、イエール大学のYale in Hollywoodという同様のグループとともに、アイビー・エンターテイメントに加盟している。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見た喜劇

    フルタイムで働きながら、テレビ番組『スクラブス』のフランクリン役や『ルイス』(en)のデング・ウー役を得て、ロサンゼルスに残り、テレビや映画の端役を務めながら、セカンド・シティやインプロヴ・オリンピック・ウェスト(en)で即興コメディの修行も積み、コメディ番組にも出演する。セガのゲーム『Shinobi』のCMや、映画『オースティン・パワーズ』でも、その姿を確認できる。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たMacintosh

    コンピューターやiPhoneが好きで、エイドリアン・パスダー(『HEROES』での共演者)のハイテク機器の改善を引き受けることもある。アップルの製品が好きで、自宅には7台のMacintoshがある。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たハルク (映画)

    1997年に、米国ロードアイランド州にあるアイビー・リーグ加盟校、名門ブラウン大学を数学及びコンピュータ・サイエンス専攻、舞台芸術副専攻で卒業。卒業後すぐに、ジョージ・ルーカスが特殊効果開発のために設立したインダストリアル・ライト&マジック (ILM) 社のサンフランシスコにある研究開発部門に就職。『スター・ウォーズ エピソード1』『同2』『ハルク』といった、映画の特殊効果のための画像描写アプリケーション開発に携わる。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たポリーmy love

    ポリーmy love Along Came Polly (2004)マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見た翻訳ソフト

    『HEROES』の台本はすべて英語で書かれており、ヒロの日本語の台詞はオカ自身が台本を和訳したものである(そのため、日本人は日本語も話すが、インド人は英語でのみ話すという作中の描写ずれがある)。2006年11月20日の"The View"のインタビューでも、脚本家が万歳のつもりで台本にBonsaiと書いてあったものについて「ボンサイは小さな木だし、バンザイは戦争を連想させるから、もう少しモダンな『ヤッター!』ではどう?」と提案して、ヒロ・ナカムラの"Yatta!"が生まれた。なお、NBCの公式サイトでHiro's Blogを書いていたが、ヒロの勤務先のヤマガト工業の翻訳ソフトで英語に自動翻訳しているという設定付きである。ブログでは、日本の漫画やゲーム、例えば「ジョジョ」や「ドラクエ」「FF」「クロノ・トリガー」などに触れている。アメリカの「スタートレック」や「スパイダーマン」などにも、日本人としては詳しい。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たギルモア・ガールズ

    ギルモア・ガールズ Gilmore Girls (2001)マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

  • マシ・オカ

    マシ・オカから見たきまぐれオレンジ☆ロード

    本人によると日本の漫画を読みながら育ち、『きまぐれオレンジ☆ロード』のような古い学園ものから『MONSTER』や『DEATH NOTE』などの最近のものまで好んで読むという。特に浦沢直樹のファン。また「HEROES」劇中で、幾度か「無駄無駄無駄無駄無駄」という台詞を使用したが、これはジョジョの奇妙な冒険からのオマージュである。また作中でもヒロ自身がジョジョのファンであることが語られており、予知能力の人物をオインゴ・ボインゴ兄弟に例えたりしている。。マシ・オカ フレッシュアイペディアより)

111件中 41 - 50件表示

「マシ・オカ」のニューストピックワード